スポンサーリンク
スポンサーリンク

キングコング梶原『はねるのトびら』で辛かった時期を語る

佐久間宣行とキングコング 梶原の被害妄想を語る 佐久間宣行のオールナイトニッポン0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

キングコングのお二人がニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』に出演。梶原さんが『はねるのトびら』時代に辛かった経験を話していました。

(佐久間宣行)じゃあ、もう本当、メール聞くよ? (メールを読む)「ミノタウロスのアナルを覗き込んだら、その中にガソリンスタンドがありました。梶原さん、僕は嫌われてますか?」。フハハハハハハハッ!

(梶原雄太)なに言ってんだ? それ、どういうこと? 俺、理解ができないよ。ムズない?

(西野亮廣)腹痛い……(笑)。

(梶原雄太)どっかの入試問題? なんなん?

(佐久間宣行)お笑い共通一次みたいな(笑)。

(西野亮廣)お笑い共通一次……(笑)。

(梶原雄太)ムズすぎるって、これ!

(佐久間宣行)しかも、こういうネタの芸風の人じゃないもんね(笑)。

(梶原雄太)ちゃいますから。これ、できないっすよ。

(佐久間宣行)ロバート秋山とかの芸風のやつだもんね。あ、もしかしたらこれ、あれかもしれないよ? お前を嫌いなオークラさんが書いてきたかもよ?(笑)。

(梶原雄太)出た! オークラさん、ホンマにいい加減にしてくださいよ! ひとつも目、合わへんからな。現場に来ても。ホンマに。大井さんは若干優しかったかな?

オークラさんに嫌われていると思っていた

(佐久間宣行)フハハハハハハハッ! そこにもあるのね。だってオークラさん、人力舎、バナナマン、おぎやはぎっていう人だからね。

(梶原雄太)そう。だからドランク、北陽だったんですよ。でもインパルスとロバートはすごく才能があるから、そこともちょこちょこしゃべるんですわ。

(佐久間宣行)じゃあ、なんで嫌われてたの?

(梶原雄太)面白くなかったから。

(西野亮廣)せやな。

(佐久間宣行)フハハハハハハハッ! ちょっと待ってくれよ。よく売れてたな、センターで(笑)。

(梶原雄太)だって佐久間さん、考えてくださいよ。コント、やったことがないんですもん。俺ら。『はねるのトびら』深夜時代の前半なんてホンマそうでしたから。辛かったですわ。

(佐久間宣行)そうか。カジのメインキャラクターのコントってあったの?

(西野亮廣)最初、結構あったすよね。『はねる』がスタートした時は梶原さんをメインキャラクターっていうか、そのキャラクターを全面に出す感じのね。

(梶原雄太)本当の頭の方は作ってくれてはったんですよ。でも僕がいかんせん器用にできないんで。漫才しかしたことがなかったんで。それで横にお化けがいるわけじゃないですか。いろいろな。

(佐久間宣行)コントお化けたちが。

周りはコントお化けだらけ

(梶原雄太)コントお化けたちがいるっていう中で期待に応えられなくて。で、周りはロバート秋山だったり塚地さんだったり板倉さんだったり。みんなパート2、パート3ってなっていくんですよ。

(佐久間宣行)コントが好評だから。

(梶原雄太)でも僕、パート2が1個もないんですよ。

(西野亮廣)たしかに。続編がなかった。

(梶原雄太)オークラさんがパート2を書かないんですよ。

(佐久間宣行)フハハハハハハハッ!

(西野亮廣)これはオークラさんが悪いな。

(梶原雄太)オークラさんが悪い。

(西野亮廣)これはオークラさん、本当にひどい男だね(笑)。

(梶原雄太)フハハハハハハハッ!

(佐久間宣行)これはやるしかないな。ゴッドタンでオークラさんと梶原の仲直りフレンドパーク(笑)。

(西野亮廣)「なんで俺のパート2を書かないんだ!」って(笑)。

(梶原雄太)いや、あの人は俺のパート1も書いてないと思いますよ(笑)。それで言うたら。それは許せないな。

(西野亮廣)俺も許せない。

(梶原雄太)だって俺、オークラさんと台本を持って打ち合わせした記憶、ホンマないですもん。

(佐久間宣行)あ、そうなんだ。じゃあ誰とやっていたの?

(梶原雄太)僕、途中でやめた作家さんの方とかですかね。最初から最後まで全員一緒だったっていうわけじゃなかったんで。途中でやめた人だったり。基本的には近藤さんとやっていましたね。僕は。だから僕、作家さんとはあんまり密にやったこと、『はねる』の時にはあんまり記憶ないです。

(佐久間宣行)西野はだって普通にやっていたでしょう?

(西野亮廣)いや、僕も深夜のコント時代っていうのはそんなに出ていなかったんですよね。

(梶原雄太)まあツッコミの人っていうのはそんなに……もうガヤ役というかね。

(佐久間宣行)ああ、そうか。

(西野亮廣)ツッコミってボケの人のリアクターで。だからあんまり大声で突っ込むとかってなかったかもね。

(梶原雄太)そうだったんですよ。ボケ中心だったんで。

(佐久間宣行)そうか。グローバルTPSとか。要は、あれはほぼ秋山だもんね。

ロバート秋山のグローバルTPS

(梶原雄太)そう。面白かったっすね。悔しかったっすね。

(佐久間宣行)フフフ、悔しかった?

(梶原雄太)悔しかったな。あん時。もう面白いじゃないですか。

(佐久間宣行)しかも、あれでしょう? たまりで絶対に見せられるんでしょう? 全部のコントを。

(梶原雄太)はがゆいんですよ。ずーっとハッピーターンを食べてな。そこにあるんすよ。ハッピーターンが。

(佐久間宣行)で、秋山がバカみたいにウケてるのを見せられて。

(西野亮廣)辛いな。

(梶原雄太)めちゃくちゃ辛かったですね。で、僕はやれどやれどコントは滑り。どんどんみるみるコントも減っていくんですよ。それは辛かったですね。

(西野亮廣)もう全部オークラさんが悪いね。

(梶原雄太)全部オークラさんが悪い!

(一同)フハハハハハハハッ!

(梶原雄太)全ての責任はオークラにある。

(西野亮廣)カジ、悪くないもんな。

(梶原雄太)俺、悪くない。

(西野亮廣)フフフ(笑)。

(佐久間宣行)これは……「夢」について語るのは無理だな(笑)。

(一同)フハハハハハハハッ!

(西野亮廣)なんでテーマを「夢」にしたんすか?(笑)。

(佐久間宣行)違う、違う。だってさ、もう西野も梶原も大活躍しているピンの2人が戻ってきて、キングコングっていうので最強だから夢について語ろうって……。

キングコング梶原の「夢」

(梶原雄太)じゃあこれ、言わせてくださいよ。僕の夢、言わせてください。僕は、やっと……まだですけど。やっと西野の背中が見えてきたんですよ。で、そこが合わさった時に僕は夢として、キングコングで番組をやりたいです。これが夢です。それが佐久間さんやったらまた最高ですけどね。

(佐久間宣行)ああー。

(梶原雄太)佐久間さんにやってもらって、キングコングで……みたいになったら最高ですわ。これ、僕の夢でありますよ。ホンマに。

(佐久間宣行)OK、OK……。

(西野亮廣)フフフ、ちょっとあんまり感触よくないな?(笑)。

(梶原雄太)ちょっと引いてるやん……?

(佐久間宣行)違う違う。「いま、キングコングでやるなら何がいいのかな?」って思って。

(西野亮廣)ああ、たしかに。

(梶原雄太)もう少々お待ちください。僕がもうちょっとがんばるんで。もっともっと僕ががんばって、ガチッとなった時に佐久間さんプロデューサー、総合演出。作家はオークラさんでやりましょうよ。

(佐久間宣行)いいよ。

(西野亮廣)なるほど。

(佐久間宣行)じゃあ、あのディレクターの赤髪のヤンキー(※『キンコンヒルズ』時代に江古田でキングコング絡んできてADになったヤンキー。現在、佐久間さんの番組でディレクターを務めるまで成長した)を入れて。

(梶原雄太)ああ、最高! マンガみたいな話や! それがエエわ。かっこいい! これ、夢にします。

(佐久間宣行)やろう、やろう。昔、梶原のこと嫌いだったやつら、全員叩きのめす番組。1個ずつ。「お前、俺のこと嫌いだったろう?」って言いに行く番組(笑)。

(西野亮廣)やろう!

(梶原雄太)もうゴッドタンやん!(笑)。

(佐久間宣行)フハハハハハハハッ!

(西野亮廣)行こう。これ、手伝うわ。俺。

(梶原雄太)いや、「手伝うわ」ってなんやねん?

(西野亮廣)いや、詳しいもん。いま俺、オークラさんのこと大っ嫌いになった!

(一同)フハハハハハハハッ!

(西野亮廣)「梶原に悪いことしやがって!」って。「2」を書かないオークラさんを。俺も大嫌いになってるよ。オークラさんこと。

(梶原雄太)いや、「2」を書かせなアカンねん。本来。芸人が書かせな。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
佐久間宣行のオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました