スポンサーリンク

弘中綾香「夢は革命家」の意味を語る

弘中綾香「夢は革命家」の意味を語る ニッポン放送
スポンサーリンク
スポンサーリンク

弘中綾香さんがニッポン放送『弘中綾香のオールナイトニッポン0』の中で自身が言う「夢は革命家」という言葉の意味について話していました。

(弘中綾香)(メッセージを読む)「夜勤中、こっそり聞いています。最近夜勤であまりテレビを見ていないので、弘中さんのことはあまり知りません。番宣で『夢は革命家。レボリューション』などと言われていたので、やばそうで面白いなと気になって聞いています(笑)。弘中さんはどんなタイプのアナウンサーさんなのですか? これまでの経歴やこれからの野望などを教えてください」ということなんですが。

そうですね。これまでの経歴。たしかにね、みなさんあまり知らないと思うのでしゃべっていこうと思うんですけれども。まあ、私みたいな人間がなぜテレビ朝日でアナウンサーをやっているかと言いますと、これははっきりいって運です。運というか……なんて言うんですか? たまたまなんですかね。私、大学生の時に就職活動した際に「マスコミ業界に行きたい」っていう漠然とした思いがありまして。

それはなぜかっていうと、いろんな職業があるじゃないですか。生きている中でというか、社会の中で。それで何を生業として自分はこの社会に参加していきたいのか……すごい真面目なことを語っていますけども(笑)。社会に参加していきたいか?っていうことを考えた時に、人の心になにか影響を与えるような仕事をしたいなという風に思いまして。で、大学生の時にですよ、自分の中で思いついたのが「教育かメディアだな」と思ったので。その二つのどちらかに行きたいという風に思っていたんですよ。

ちゃんとね、私だって考えてるんですよ。で、その人の心に何か影響を与えるものっていうと、自分の経験からして……家庭教師をやっていたこととか、あのテレビが好きだったということがありまして。教育関係だったり、メディア……テレビとか媒体系に入りたいなという風に思っていて。で、テレビ局を受けるってなった時に二つ、入り方があるぞということで。総合職とアナウンサー職。

で、アナウンサー職の方が試験日程が早かったので、大学生の中で出回っている噂として「アナウンサー職を受けて人事の方とかえらい方に顔を覚えてもらうと、総合職もすごく気が楽に受けられるよ」っていうものがありまして。何の気なしに受けたっていうのがもうこの人生の始まりだったわけですね。本当に受かるとも思ってなかったですし。私、家族にメディア関係の人間がいたわけではなかったので、全く何の前情報もなく、ただただ「なんかちょっとテレビ局が面白そうだな」と思って受けてみたら、なぜか受かったということで。

みなさん、加地(倫三)さんが佐久間(宣行)さんのラジオに出た時に「(入社試験の)弘中のフリートークがすごく面白かった」みたいな話をされていたと思うんですけれども、全くそんなことはないです(笑)。本当になんの取り柄もない普通の学生でして。でもまあ、その何も知らなかったことが逆に作用して「なんか素人っぽいけどこいつは前知識がなくて変にすれてなくていいぞ」みたいな風に取られたんだと思うんですけども。というような背景がありますので、みなさんね、私がこういう風に「どんなキャラなんですか?」って言われるように、一般的なアナウンサーとは入り方がまた違う。

普通のアナウンサーになってる方は「アナウンサーになりたくて、なりたくて……」っていう方が多いんですけれども、私はそういう「テレビの業界に入りたい。テレビで何かを作りたい」という風に思って入ったので、「いつこの出役をやめてもいい」っていうスタンスなんですね。本当に。よく、だからいま、こういう風にいろんな活動をさせていただいていて。「フリーになりたいんですか?」とか「フリーの計画はあるんですか?」とか言われるんですけれども。まず、元々をたどると、出役にこだわりがない。「なんでこんなことをやってるんだ?」っていうツッコミはね、承知ですけれども。

元々そういったことに興味がないので、いつやめてもいいと思ってるんですね。だからこういうラジオにも出てるんですよ。はっきり言って、出ない方が楽ですよ。こんなの。時間的に損なこともありますけれども、こうやってね、バンバンバンバン生放送でね、この他局のね、佐久間さんにいろんなことを言ったりとか、こういう風に自分の考えを言っていうことはもう、狙われ放題なわけですよ。はっきり言ってたぶんね、明日ネットニュース見ると「弘中、佐久間プロデューサーに吠える」とか見出しが出るわけですよ。

スポンサーリンク

出役にはこだわりがない。365日、背水の陣

それを見てね、私が嫌な思いをするのは確実なわけです。けれども、まあ出役にこだわっていないというのもありますし、だからいつ、ここからいなくなってもいいっていう……なんていうか、「365日、背水の陣」みたいなところがありますので。まあ、こういう場に覚悟を持って立てているというか。「いつ終わってもいいんだぞ」っていう気持ちで、いつもみなさんの、いまはラジオというマイクの前ですけども。カメラの前で話しているという気持ちがあります。はい。

それで私、「夢は革命家」っていう風に謳っていて。その言葉ばかりがかなり一人歩きしているような感じがあるんですね。いろんな雑誌だったり、媒体のみなさんに取材をされるたびに「弘中さん、夢は革命家とおっしゃっていますけれども(苦笑)」みたいな感じで質問されるんですが。まあ……まあまあまあまあ、言葉だけ捉えればかなりの中二病ですよね。私だってそれぐらいは自覚しています。けれども、その「革命家」っていう風に私が言っているのは、「チェ・ゲバラになりたい」というわけでもなくって。まあ「何かを変えたい」と思ってるんですけれども、「政治に関わりたい」とか思ってるわけでもなくてですね。

この、がんじがらめの、なぜかわからないけれどもステレオタイプとかいろんなイメージがついている「アナウンサー」という職業において、この私、弘中がいろんなことに挑戦することによって、みなさんが思っている生きづらさだったりとか、「○○なのに……」とか「○○のくせに……」って言われていることをひとつでもというか、なんか「明日から、そういうのはちょっと気にせずやってみようかな?」って思えるような勇気……うーん、「勇気」とかそんなかっこいい言葉使う使うことはどうかなとも思うんですが。そういうようなモチベーションになってほしいという思いでですね、こうやってマイクの前でしゃべっているわけです。そうなんですよね。はい。

弘中綾香「○○のくせに」「○○なのに」という言葉を語る
弘中綾香さんがニッポン放送『弘中綾香のオールナイトニッポン0』の中で自身がよく言われがちな「○○のくせに」「○○なのに」という言葉について話していました。

アナウンサーという仕事は、言うなれば「台本通りやってればいい」というところもあったりとかして、こんな風に自分の言葉でしゃべることが求められていない……大部分としては求められていないという風に私は感じているんですが。それでも「しゃべりたい」っていう風に思っているということを発信することで、何かしら私やこのアナウンサーっていうものに対して、みなさんのイメージが変わればいいなという風に思っています。

というか、これもこういう風に考えたのも、アナウンサー人生が始まってからなんですよ。で、アナウンサーっていうものをやりだして「いや、大変だな」っていう風に……私もいろんなところで叩かれたいとか、表に出すっということに対して何も気負いもなくやってしまったところがあったので。「大変だ、大変だ」という風にも落ち込む時期もあったんですけど、そんな時にはどうにかして絞り出した自分の「なぜ、私はカメラの前に立つのか?」という意味を考えた時に、まあこういうことが出てきたというわけなんですね。うん。だからしゃべってるんですよ。

ちゃんと伝わってるかな? 大丈夫かな? はい。ということで、まあそんな感じで今日のオールナイトニッポン0に出演しています(笑)。さあ、ここで1曲、まいりましょう。iriで『Wonderland』。

スポンサーリンク

iri『Wonderland』

ということでiriで『Wonderland』でした。さあ、ということでね、「革命家」の意味をお伝えしたつもりだったんですけれども、言葉足らずの部分があったかなと思うので、ちょっとフォローさせていただきます。で、まあ私がなにも、夢とか希望もなくこういったアナウンサーというパブリシティの高い仕事につかせていただいて。そこで何ができるか?っていう風に思った時に、アナウンサーとか会社員とかいろんなしがらみがあるカテゴリーに入っている人間が、こういう風に……まあラジオに出たり、エッセイを書いたりとか、テレビでいろんなことを発信したり、しゃべったりとか。いろんなことをしていて、いろんな状況で、なんて言うんですか? バッシングを受けたりとか、つけなくても傷をつけたりとかして。

でも、こうやってがんばって前に進んでいくっていう姿を見せることで、みなさんの日々の生活の、なんて言うんですか? 勇気になればいいなと思ってひとつずつ、一歩ずつ革命を起こしているという意味で……あれ? ちゃんと伝わっているかな?(笑)。一歩ずつ枠を破るというか、ぶち壊していくという意味で「革命家になりたい」ということを言っているわけでございます。少しでもその意味がわかれば……あの中二病とは思わないでいただければ幸いです。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました