スポンサーリンク

オードリー若林と佐久間宣行『ミレニアムズ』を語る

オードリー若林と佐久間宣行 『ミレニアムズ』を語る 佐久間宣行のオールナイトニッポン0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

オードリーの若林さんがニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』に出演。佐久間宣行さんと『ミレニアムズ』について話していました。

(佐久間宣行)メール。川崎市の方。「佐久間さん、若林さん、こんばんは。私は『ミレニアムズ』が本当に大好きでした。『ミレニアムズ』が終わった時、『MCとして責任を感じた』とラジオでおっしゃっていましたが、どれぐらい落ち込みましたか?」。ああー。

(若林正恭)いや、佐久間さん、『ミレニアムズ』はまだ時効じゃないっすよ、たぶん?(笑)。

(佐久間宣行)フハハハハハハッ!

(若林正恭)いや、普通にチョイスして読んでいるけど、横に置くやつですよ。テレビマンなんだからわかるでしょう? しゃべれる時期って。

(佐久間宣行)わかる。悩んでいたよね、あの頃(笑)。

(若林正恭)言っちゃダメなの(笑)。

(佐久間宣行)あの頃、番組の運営というか……俺、山ちゃんと若林くんのそれぞれに別件で会っている時に「どう思います、『ミレニアムズ』?」ってそれぞれから相談されたことある(笑)。

(若林正恭)山ちゃんも巻き込んじゃダメなのよ(笑)。あ、山ちゃんもやっぱり言っていましたか?

(佐久間宣行)なんだったら初回収録の日だよ(笑)。

(若林正恭)逆に佐久間さんは見ていてどう思いました? 『ミレニアムズ』。

スポンサーリンク

『ミレニアムズ』は独特だった

(佐久間宣行)ほら、『ミレニアムズ』って独特じゃん。フジテレビの集合バラエティって普通は売れる前からやっているじゃん? それが全然違ったんだろうね。売れる前からやっているんだよ。はねるのトびらにしても、みんな無名の時からやっているから多少の無茶もOKっていう番組じゃん。あれって全部。だからめちゃイケみたいに加藤さんの出産を見せたり……売れる前からやっているから。で、『ミレニアムズ』は同じ方法論で番組を作ろうとしているのに、売れてから集まったから。これ、言い方が難しいんだけども、演者が別に恩義に感じていないっていうか。フハハハハハハッ!

(若林正恭)いや、ソフトな言い回し、もっとなかったかな? できねえやつだな! フハハハハハハッ! そんなにはっきり言っちゃダメなんですよ(笑)。

(佐久間宣行)違う。それがあるから……しかもそれぞれに。はねるのトびらとかって週に2日とか3日とか割いていたじゃん? だから、その方法論でたぶん作れるはずなんだけども、そういうわけじゃなかったっていうか。

(若林正恭)そうですね。35とかですからね。35だから、いくつか番組もやって。みんなテレビに出だして5年ぐらいとかだから得意と不得意がわかっちゃっているんですよね。

(佐久間宣行)メンバーって誰だっけ? 南海キャンディーズとオードリーと流れ星とナイツとウーマンラッシュアワー……だから全員売れていたんだね。もうね。

(若林正恭)テレビはもうちょっと出て何年かした後ですよね。で、あと、さっきの話と同じなんですけども、ちょっと斜めに見るっていうか。だからクラスの輪で笑いを作っていくメンバーじゃなくて、それぞれに個で持っているから。

(佐久間宣行)うんうん。

(若林正恭)でもフジテレビのバラエティの演出の雰囲気って……どう言えばいいのかな? 文化祭か体育祭じゃないですか。でも、それに参加しなかったメンバーだったから、初回でSEKAI NO OWARIさんとか来て、舞台から泡がブワーッて出て。「始まりますよ!」って。で、キラキラしてて。もう誰もセットが似合わないんですよ(笑)。

(佐久間宣行)フハハハハハハッ! ああ、それは俺も初回のオンエアーを見て思った。セットの華とこいつら、釣り合ってねえなって(笑)。

(若林正恭)フハハハハハハッ! なんかちょっと暗い題材を真ん中に1個ポンッて投げて「俺はこう思う」みたいなメンツじゃないですか。

(佐久間宣行)そうだね。日テレの安島さんとやっていた『たりないふたり』とか。あとは闇4だっけ? ああいうやつだよね。

(若林正恭)そうなんですよね。ああいう感じなんですよね。みんな……塙くんもそうだし、村本くんもそうだし。だから「クラスの人気者がいないからな」っていうのをみんなで集まって相談をしていた時、流れ星だけが「俺たちは人気者だった」って言い出して(笑)。

(佐久間宣行)フハハハハハハッ! そうかー。まあ、人気者だろうな。人気者じゃなきゃ、あのギャグはできないだろうな(笑)。

(若林正恭)そうそう(笑)。だからなぜか華々しいメンバーじゃないんですよね。うん。

スポンサーリンク

華々しいメンバーではない

(佐久間宣行)そうか。そうだね。でもオードリーも南海キャンディーズも個々で言うとすごい華はあるんだけども。でも底の部分に持っているのはやっぱり少し陰の部分だもんね。

(若林正恭)陰の部分がみんな、なんかありましたよね。あのメンツって。

(佐久間宣行)で、陰の部分がある人ってラジオ、面白いよね。

(若林正恭)そうっすね。この間、はっきりと爆笑問題の太田さんに言われましたからね。「テレビ、あんまり面白くないよな」って(笑)。

(佐久間宣行)フハハハハハハッ!

(若林正恭)「オードリーってラジオは面白いな」って。それはすごい嬉しいんですけども。「大人数、あんまり面白くないよな。で、若林はわかるけど、春日もそうだよな」みたいな話をしたんですよね。春日も結構大人数の時に俺が「あ、いま春日が出たら大丈夫だな」って肩とか脇とかポンポンッてやると、ゆっくり首を振りますもんね。

(佐久間宣行)ゆっくり首を振るの?

(若林正恭)「これは行けない」っていうことだと……(笑)。

(佐久間宣行)フハハハハハハッ! 「行けない」とかあるんだ(笑)。

(若林正恭)だから、すっごいわかりますよ。やっぱり設楽さんとかおぎやはぎさんとか……あの世代の前に出たら俺らは「面白いと思われたい」っていう風にめちゃめちゃ思うから。それが結構半クラみたいになっちゃうところ、あるかもしれないですよね。

(佐久間宣行)なるほどね。だから、そうか。山ちゃんとか、そのへんの先輩と全く絡まないような時期があった記憶があるもん。

(若林正恭)山ちゃん、そうですよね。

(佐久間宣行)絡まないで自分の格をちゃんと自分で上げたっていう時期があるような気がする。

(若林正恭)そうですよね。結構それなんじゃないっすか、みんな。たぶんそういう風に見えるのって。

(佐久間宣行)その人たちの前だと良さが出せなくなる。

(若林正恭)だから、千鳥さんぐらいですよね。クラスっていうか学校の2人が人気者だし、みんなを引っ張っていくみたいなタイプは。

(佐久間宣行)うん。どっちからも行けるもんね。同じぐらいの……どっちもできるもんね。それは思うよ。あとはだからノブくんってすごいいい人だなって思うのは、昔も話をしたかもしれないけども。加地さんと俺で千鳥と飲んでいてすげえ盛り上がった時にノブくんが「これはアカン。こんないい話……若ちゃん呼ばなきゃ!」って若林を夜中に呼び出したんだよね?(笑)。

スポンサーリンク

千鳥・佐久間・加地の飲み会に呼び出される

(若林正恭)あれも3時ぐらい……ただね、これはね、どう言おうか難しいんですけども。で、すごいめちゃめちゃ狭い個室にギュウギュウで。ギュウギュウの個室にその4人でいて。千鳥さんと佐久間さんと加地さんとで。で、ノブさんは優しいんですよね。「同世代で誰かを呼ぼう!」って。それで俺が行ったら……でも、俺の感じだと佐久間さんと加地さんから「千鳥をスターにしよう」っていうオーラがすごかったんですよ。

(佐久間宣行)フハハハハハハッ!

(若林正恭)で、俺は「ノブさんは優しいけど、俺はここにいてもね……」っていう風に正直、思っていたんですよ。「この4人で時代を作るんだろうな。俺、どうしようかな?」っていう風に思っていたんですよ。本当に。で、なんかお笑いの熱い話をして。俺、だから大悟さんに1回なんか番組かラジオとかで話したかなと思うんですけども。佐久間さん、聞いてなかったですかね? 「俺、若林と飲むのはじめてや」ってなって。で、ノブさんとは俺、結構番組で一緒になったりとか飲んだりしたことあって。プライベートでも飲んだし。で、「若ちゃん」って呼んでくれるんですよ。「ノブが『若ちゃん』って呼ぶんだったら俺、呼びにくいわ」って。それで春日をすっごい褒めていたんですよ。大悟さんが。

(佐久間宣行)ああ、褒めていた。

(若林正恭)そう。春日をすっごい褒めていて。その後に俺のことも褒めてくれるのかなと思ったら大悟さん、ノブさんを褒め始めて(笑)。

(佐久間宣行)フハハハハハハッ!

(若林正恭)「ノブはエエよな……」みたいな(笑)。

(佐久間宣行)もうベロンベロンだからね(笑)。

(若林正恭)そうそうそう(笑)。2人で千鳥のパターンみたいなのをやるんですよ。そのメンバーで。で、千鳥のパターンみたいなのをやった後、俺に大悟さんが「エエコンビやろう?」って言って(笑)。

(佐久間宣行)フハハハハハハッ! ああ、覚えてる! 頭おかしいな、よく考えたら(笑)。たしかになんかやると「エエコンビやろう?」って(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました