スポンサーリンク

吉田豪とGERU-C閣下 アニソンDJとアニパンクを語る

吉田豪とGERU-C閣下 アニソンDJとアニパンクを語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

GERU-C閣下が『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。アニソンDJやアニパンク、HIPHOP戦隊BBOYGERなどについて吉田豪さんと話していました。

(吉田豪)当時はその(ZINGIに対する)声が届かないまま、迷い。そして気がつくとアニパンクになっていたという。

吉田豪とGERU-C閣下 ZINGIとMC仁義時代を語る
GERU-C閣下が『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。ヒップホップグループ・ZINGIのMC仁義時代について、吉田豪さんと振り返っていました。

(GERU-C閣下)そうですね。アニパンクは本当に、もう偶然なんですけどね。アニメタルが……。

(吉田豪)アニメDJとかを始めるのはその後ですか? その前?

(GERU-C閣下)その前ですね。この話をしましょうか。アニメDJって本当、これ大げさに言うとクラブにアニソンを持っていったのは俺がはじめてじゃねえかと思うんですよ。それはなぜか?っていうと、ダンパってありましたよね? コスプレダンパ。あの頃っていうのは要はアニオタがコレクターでCDやレコードを持っているか、客が持ってくるんですよ。「これをかけてくれ」って。だから極端に言うとセレクターですね。それで「コスプレイヤーがこのへんのキャラをやっているから、この曲をかけなきゃいけない」みたいな。それで会場が盛り上がるっていう。それで、僕らもお客で見に行っていたんですよ。仲間とコスプレを見に行っていたんです。「ああ、あのハーロック、かっこいいな!」とか「あのメーテルはダメだろう?」とか。

(吉田豪)フフフ(笑)。

(GERU-C閣下)なんかそういうのを言いながら飲んでいるのが好きだったんですよ。そしたら、なんか渋谷のクラブとか新宿のクラブでアニソンをやろうっていうことで。それでダンパとかで回しているDJとかももちろんゲストで呼んでやろうじゃないかっていうのが最初だったかな?

(吉田豪)その文化をクラブに持っていこうっていう風に最初にやった人ということですね。

(GERU-C閣下)だからそれが後のアニクラのブームになっていくわけですけども。でも、やっぱり俺はそういうところが本当に浅くて広いから、アニクラでもどんどんと上手いDJが出てきちゃうんですよ。

(吉田豪)閣下はだって振り付けとかをやるタイプのDJだったんですもんね。

(GERU-C閣下)そうです。本当、チンドン屋芸人。「チンドン屋DJ」ってよくね、ギュウゾウくんと言っていたの。「俺らはチンドン屋だから」って。でも本当にアニソンでびっちりとつなぐやつとか出てきて。「あらー、また居場所がなくなった……」って。

スポンサーリンク

GERU-C閣下『残酷な天使のテーゼ』振り付け

(吉田豪)フハハハハハハッ! 次々と(笑)。

(GERU-C閣下)もう本当にですね……そうなんですよ。でもいまね、たまに呼ばれていきますけども。いまの若いDJは、どのジャンルでもそうですけども、曲は知っているし、上手いです!

(吉田豪)勝てるわけがないっていう(笑)。

(GERU-C閣下)勝てるわけがない。本当に思いますね。よく知っている。

(吉田豪)そんな時にアニパンクの話が来る?

(GERU-C閣下)アニメタルがあって、それでそのスタッフさんたちが第二弾でアニパンクをやりたいっていうことで。それでなんか友達のミュージシャン……井手コウジっていうんですけども。当時、ブランニューモンキーズっていう。いまは曲の作家さんとかやっていますけども。彼がやるっていうんで、曲のセレクターとして。パンクだから。

(吉田豪)アニメ好きとして呼ばれて、パンク映えしそうな曲を選ぶっていう?

(GERU-C閣下)そしたらレコーディング当日にボーカルを予定してた人が来ない。「じゃあ、シゲルくんが歌います?」ってなって。

(吉田豪)それで急遽歌ったら、売れた!っていう。

アニパンク
アニパンク

posted with amazlet at 19.08.19
アニパンク
ファンハウス (1997-03-21)
売り上げランキング: 807,840

(GERU-C閣下)売れた! 売れたけど、印税契約をしていないんで。周りはチャートに入ったんで。カウントダウンTVとか俺の静止画が出るぐらい。10何位で。それでもう周りからは電話がバンバンかかってきて。「よかったな、シゲル! 売れたな!」って。

(吉田豪)「苦労の果に……」っていう。

スポンサーリンク

アニパンクは売れたけど……

(GERU-C閣下)でも全く僕は関係ないんですよっていう(笑)。たしか2、3万ぐらいでやったと思うんですよね。だから、そういう星の下に生まれているんですよね、たぶん(笑)。

(吉田豪)フフフ、せっかく売れたのに……っていうね。

(GERU-C閣下)せっかく売れたんですけどね。でも、そうやって仲間にはすごく……それで企画物的にやっていたものがいろんなミュージシャンや仲間が「アニパンクやりましょうよ、シゲルさん」っつってやったり。で、いまに至るんですけどね。まあいまは全然、アイドル運営の方が忙しいんでアニパンクは全然ライブやっていないんですけども。

(吉田豪)アニパンク時代にももクロだのなんだの、要は地下アイドルとの出会いがあったわけですよね?

(GERU-C閣下)ありましたね。全く知らなくて。それでアニソンのイベントをクラブチッタでやろうっていうことになって。それでアニソン歌手をまず呼ぼうっていうことで。当時はアニソンバブルで、もう高いんですよ。

(吉田豪)大御所がね。

(GERU-C閣下)大御所が高くて。「そんな予算はないよね」っていうことで。「じゃあ、アイドルを呼ぼう」って。たまたま、その時にアリス十番……だからいまの仮面女子。そこの社長さんがなんかビックリマンシールのコレクターで。俺の友達の、シールを真似している人がいて。ちょっと難しいんですけど。それが本物よりもクオリティーが高くてネットで高値がついているようなやつがあって。それのコレクターだったんですよ。

(吉田豪)なるほど。

(GERU-C閣下)ごめんなさい。難しいんですけどね。それで、その「アリス十番を出してくれない?」っていう話から、「じゃあアイドルを出そう」って。当時は地下アイドルって言っていたかな? インディーズアイドル。それでその時にキングレコードの違う人を呼ぶ交渉をしに行ったら……。

(吉田豪)Neko Jumpですかね。

(GERU-C閣下)そうだ。Neko Jump。Neko Jumpに絡んでいる人もスタッフにいたので。Neko Jumpの話をしに行ったら隣のデスクにお姉さんが「私、いまこういうのをやっているんです」ってももいろクローバーを。

(吉田豪)2010年ですね。Zになる以前。

(GERU-C閣下)そうです。それで「じゃあ、アイドルをもっと呼ぼう」ってなってBiSだ、でんぱ組だって。そういうのを全部、僕は全く知らないんです。「こういうのを知っています」「こういうの、見たことがあります」っていう人たちがみんな呼んで、そういう人たちが出ていたんですよね。

(吉田豪)でもその時はまだ自分がアイドルに関わるとも思わず。

(GERU-C閣下)そうですね。

(吉田豪)当時ってHIPHOP戦隊B-BOYGERとかを始めるぐらい?

(GERU-C閣下)そうです。だからそういういままでのやってきたものと好きなものを……。

(吉田豪)特撮とかも好きだし。

(GERU-C閣下)はいはい。それを小出しにしながらやっていたぐらいだったんですよ。

(吉田豪)特撮とヒップホップを混ぜてみるっていう(笑)。

スポンサーリンク

HIPHOP戦隊BBOYGER

(GERU-C閣下)もう最初、すっごい怒られましたけどもね。それも(笑)。「なんだよ、それ?」みたいな。

(吉田豪)「戦隊物とヒップホップを混ぜればいいんじゃないか?」みたいな。

(GERU-C閣下)「面白いと思うんだけどな?」みたいな。でもいま、ダンスのそういう人たちのライブを見ると、みんなやっていますよ。ウルトラマンとか仮面ライダーとか。だからやっぱり早すぎるんだなっていう(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました