スポンサーリンク

吉田豪とGERU-C閣下 RA$Hとバブル時代の芸能界を語る

吉田豪とGERU-C閣下 RA$Hとバブル時代の芸能界を語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

GERU-C閣下が『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。アイドルダンスグループRA$H時代に出演したオールナイトフジやオールスター水泳大会など、バブル時代の番組や芸能界の思い出を吉田豪さんと話していました。

(GERU-C閣下)でもホコ天もそうやってブレイクダンスのチームがどんどんできていって、時代が変わっていって。近田春夫さんとか高木完ちゃんとか、ああいう人たちが……。

吉田豪とGERU-C閣下 原宿・ホコ天ブレイクダンス修行時代を語る
GERU-C閣下が『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。ブレイクダンサーとして原宿のホコ天やディスコで修行していた時代の思い出を話していました。

(吉田豪)ヒップホップに目覚めて。

(GERU-C閣下)それでちょっと変わっていって。やっぱり、ラン・DMCですかね。それで劇的に……大げさに言うとヒップホップがすごく世間に認知されて。それまでは「変わっている。頭で回る、背中で回るなんて……」って。ダンスとしても認めてられてなかったし。当時、マハラジャにBボーイの格好をしていくと、入れてもらえなかったりして。「スニーカー、ジャージはダメ」だとか。結構いろんなことがありましたね。ブレイクダンスをすると曲が止まる。DJが「はい。ブレイクダンスやめてね」って。

(吉田豪)ブレイクダンス禁止?(笑)。

(GERU-C閣下)「ここ、ディスコでしょう?」っていう(笑)。そんなお店もありました。だから、まだ認知されつつも、日本では「ちょっと変わった人」っていう。

(吉田豪)世の中は誤解もしているだろうし。

(GERU-C閣下)だから本当、ブレイクダンサーズでいきなりEXPOスクランブルっていうつくば万博の……。

(吉田豪)とんねるずが週イチで出ていた番組ですね。『夕やけニャンニャン』の裏ですね。

(GERU-C閣下)そうです。それで、だからブレイクダンサーズで出ていて。まあ……俺たちも「こんなのヒップホップじゃねえ」って。まあヒップホップっていう言葉がそんなになかったんですけども。でも、「ストリートから出てきたんだから一世風靡みたいにスーツを着るべきだろう」とか。

(吉田豪)大人の発想は(笑)。「やっぱりスーツだよな」って(笑)。

(GERU-C閣下)「いや、ダブルのスーツだろ?」「ええーっ?」って。

(吉田豪)まあたしかにそういう時代だったんですよ。それがかっこよかった時代。吉川晃司とか。

(GERU-C閣下)肩パッド入っていて(笑)。

(吉田豪)僕もあの時代、そうでした。

(GERU-C閣下)そうなんですよね。もう全然、押し切られましたね。だからジャージとかを着てやるのはそういうホコ天で……自分ら、ラッシュになってからもしばらくやっていたんですけども。そういう時だけはジャージとかを着ていいっていう。やっぱり他の時はいまで言う衣装。それをちゃんともってこいっていう。でも、「ええっ、スーツ?」みたいな。

(吉田豪)踊りにくいっていう(笑)。

(GERU-C閣下)踊りにくいんですよ。本当に。だからそれはすごい戸惑いましたね。でも僕たちもそんなに強くは言えないし。大人たちもあんまりそのシーンをわかっていないから。それよりも「原宿から出てきた、ホコ天から出てきた」っていう。

(吉田豪)「原宿から出てきたアイドルですよ!」っていう。

(GERU-C閣下)そうですね。たぶんその方が売りやすかったんじゃないですかね。プロモーション的には。全く売れなかったですけどもね(笑)。

(吉田豪)でも、芸能界にその時期にちゃんと入っているわけですよね。今日もTwitterで出ていましたけども、「オールスター水泳大会で見た」とか。

スポンサーリンク

オールスター水泳大会

(GERU-C閣下)ああー、出ましたね! 大磯まで行きましたよ! あれ、前乗りで……あれはしんどかったですね。僕ら、若かったんで。だから準備をしている人たちと遊んでいる人たち……そこに小間使いのように。「おう、シゲル! ビール買ってこい!」「ハイッ!」みたいな。

(吉田豪)パシリ?(笑)。

(GERU-C閣下)そのまま、ほとんど寝ずに収録が始まって。もう、地獄でしたね。まあスタッフさん、ADとか本当に大変だったと思うんですけどもね。

(吉田豪)(コメントを見て)「アイドルの騎馬になったの?」って言われてますよ。

(GERU-C閣下)ああ、ええとね、(音声途切れる)。

(吉田豪)へー!

(GERU-C閣下)それはね、俺は左足の担当でした! フハハハハハハッ!

(吉田豪)フフフ、へー!(笑)。

(GERU-C閣下)いま思い出しました。担ぎましたね(笑)。

(吉田豪)松村邦洋さんは騎馬をやった時、アイドルを抱えていることで興奮しすぎて股間をいじりながら……。

(GERU-C閣下)ええーっ?(笑)。それはすごいな。すごいですね! でも、当時の水泳大会だからあの当時の一線級のアイドルはみんな出てましたよね。

(吉田豪)普通に出ていた時代ですよね。ある人に聞いたんですけども、ああいう水泳大会って断れない理由があったらしいですね。夜のヒットスタジオとプロデューサーが一緒で。夜ヒットに出るためにはそっちにも出なくちゃいけないみたいなシステムが成立していて。どっきりとかも嫌でも出なきゃいけないっていう(笑)。

(GERU-C閣下)そうらしいですね。当時のテレビ局とか、そういうのは多かったんじゃないですかね。だから、僕らは本当に全然関係なくて。要は石田班。ダーイシさん。だからTBSでデビューしたにもかかわらず、石田班に呼ばれてオールナイトフジに出るという。

(吉田豪)なんなんですかね? とんねるずさんもEXPOスクランブルに出ていたとかの関係?

(GERU-C閣下)どうなのかな?

(吉田豪)だって一時期、石橋さんとかとも飲んでいたわけですよね?

(GERU-C閣下)そうですね。それもまたいろいろと辛い話があって……(笑)。

(吉田豪)オールナイトフジ時代に。

(GERU-C閣下)そうですね。もう本当、ディスコでVIPルームで飲んでいると当時、外タレがよく来ていたんですよね。で、タカさんって結構ダンスが好きなんですよね。「シゲル、いまの流行りのステップを教えろよ!」「ああ、こんな感じっすかね」って。それで酒を飲んで。そしたら、隣でジョディ・ワトリーが飲んでいたんですよ。

(GERU-C閣下)で、「あれ? タカさん、ジョディ・ワトリーが飲んでますよ」って言ったら「シゲル、ナンパしてこい!」「いやいや、それは無理ですね……」って。でも、「わかりました。じゃあ、行きます!」って。それで、すっごいセキュリティーが出てきて(笑)。僕、本当に掴まれた猫みたいに……(笑)。

(吉田豪)「変なやつが来たぞ?」って屈強なセキュリティーが排除っていう(笑)。

(GERU-C閣下)玉砕(笑)。まあ、いま思えば楽しかったですけどもね。時代がバブルだったからそういう……変な話、僕らは全然若かったけど、そういう先輩方が恩恵をモロに受けていて。だから遊びに連れて行かれるところがすごかったですね。そういうバブリーな……。

(吉田豪)いまなら絶対に行けないようなところにも。

(GERU-C閣下)はい。本当にすごかったです。「すごかった」って言うとちょっと思わせぶりですけども。でもね、ちょっと一口では言えないんだよな。

(吉田豪)でもね、若くしてそういう、あの時代の80年代の芸能界のそこを見ているのは羨ましいですよ。ただテレビを見ていた側からしたら。

スポンサーリンク

みんなが遊ぶことを楽しんでいたバブル時代

(GERU-C閣下)だから『バブルへGO!!』とかああいう映画、あるじゃないですか。あんなもんじゃないですよっていう部分はたしかにあります。本当にすごかったですよ。でも、浮かれていたとか言うけど……なんか本当、普通の人たちも遊ぶことをすごく楽しんでいた時代っていうか。そこが面白かったっていうね。あとはそういう仕掛けている大人たち。お店とかイベントとかがすごい本気で。だから昔、芝浦にGOLDっていうのがあったじゃないですか。あそこにはじめて……僕は見に行っただけなんですけども。アメリカのヘルズ・エンジェルスを呼んで。

(吉田豪)ヘルズ・エンジェルスを呼ぶって、なにをするわけでもないですよね? なんかやること、あるんですか?

(GERU-C閣下)あの、映画で見るような人たちがお酒を飲んでいて。そして改造車が飾ってあっただけです。

(吉田豪)フハハハハハハッ! だって、出し物ないですもんね(笑)。

(GERU-C閣下)ただ、「怖えな!」っていう(笑)。

(吉田豪)「本場の怖い人を連れてきました。どうぞ!」っていう?(笑)。お金に余裕があるとそういうこともできるっていう。

(GERU-C閣下)なんか、すごいな!っていう。あれは忘れられないな。あの光景は。なんか音はかかっているんですけども。遊びに来ている日本人はみんな「すごいね……」って(笑)。すごかったですね。そういうのは。だから、すごいお金をかけれたのかもな。

(吉田豪)そういうことに。ラッシュはお笑い要素を入れたことでとんねるずだのバブルガム・ブラザーズとかとの交流が深まっていくっていう感じなんですかね。

(GERU-C閣下)そうですね。当時……どこまで言っていいのかわからないですけども。同期が少年隊だったので。

(吉田豪)男性グループは当然、テレビは出づらい!

(GERU-C閣下)いちばん見事にそれを実感したのがカックラキン大放送!!で。カックラキンの最後のシリーズ、ラッシュはレギュラーだったんですよ。

(吉田豪)そうだったんすか!

(GERU-C閣下)だから堺正章さんと近藤真彦さんと……研ナオコさんは出ていたかな? まあ、そういったレギュラー陣。で、僕らは当時の関根勤さん……まだラビット関根さんのショートコントで子分役とか。あとは人間花火とかをやっていましたけども。結局、セットチェンジがあるじゃないですか。そのセットチェンジの時に公開収録なんでサブステージで歌うっていう。だから、オンエアーはないっていう。

(吉田豪)ええっ? マッチがいるから?

(GERU-C閣下)はい(笑)。

(吉田豪)ああーっ! なるほど。でも、レギュラー?(笑)。

(GERU-C閣下)はい(笑)。

(吉田豪)公開収録のレギュラー?(笑)。でもよくいれましたね?

(GERU-C閣下)いや本当に……だから、ちょっと前後しちゃいますけども、ラッシュをスカウトした社長さんってもともとシュガーとかビーナスをやっていた会社の社長さんで。

(吉田豪)洋楽テイストのあるグループみたいなことをずっとやっていた?

(GERU-C閣下)そうです。それでラッシュだったんですけども。だからその社長さんが顔が広いのかなんなのかわからないですけども。いまだにそこが謎なんですけども。

(吉田豪)「なぜそこにねじ込むのか?」っていう(笑)。

(GERU-C閣下)そうなんですよ! いや、だから俺、これを見て思い出したんですけども。チェッカーズのフミヤくんとかトオルさんとかとも話したことがあるんですけども。チェッカーズがゲストに出た時、ブレイクダンスっぽいことをしてサブステージで歌っているラッシュを見て、終わった後に「がんばれよ!」って言われたんですよ(笑)。

(吉田豪)「いまはちょっとメインステージには立てないかもしれないけども……」って(笑)。

(GERU-C閣下)それをすごい覚えていますよ(笑)。

(吉田豪)すごいなー。なかなかいないですよ。アイドル運営でカックラキン大放送!!のレギュラーだった人なんて(笑)。

(GERU-C閣下)フハハハハハハッ! そうですね。だからそれでオールナイトフジはやっぱりちょっとお笑いの要素を入れないと。ダンスだけだとレギュラーになれないって言われて、そういう風なことを自分らとか作家さんについてもらって。それでレギュラーになっていくっていう。

スポンサーリンク

RA$H×オールナイトフジ


(吉田豪)その結果、その石田班にハマっていくっていう(笑)。

(GERU-C閣下)そうですね。そうなんです。だからあの番組のレギュラーになっていなければとんねるずさんもそうだし、バブルガム・ブラザーズもそうだし、それこそ田代さんもそうだし。やっぱり……そうか。B21スペシャルのヒロミさんとかにもよく遊んでもらいましたね。

(吉田豪)(コメントを見て)「アイドル運営なの、忘れていた」って言われてますよ?(笑)。

(GERU-C閣下)フハハハハハハッ! アイドル運営です! ゾンビパウダーですよ!(笑)。そう。ゾンビパウダーの宣伝で来たんだから。

(吉田豪)最終的にそうなればいいだけですからね。そういう人がなにをやっているんだ?っていう話ですから。

(GERU-C閣下)いやいや、まあ、そうですよね。あれもネタが切れてきて。オールナイターズとヒロミさんとかB21スペシャルも巻き込んで踊ろうっていう話が1回あって。それが大変でしたね。もう教えるのと、あとはディレクターも凝っちゃって。カット割りとかもやりたいから、全部振り付けを図解しろとかって言い出して。「えっ、全部ですか?」とか。そういうのがすごく難しかったですね。で、いろんなことをやったんですけど。それで時代時代にラッシュは結構な期間、レギュラーをやっていたんですよ。で、その時代時代にたとえばパワーズとかちびっこギャングとか電撃ネットワークとか。いろんな方が準レギュラーで。

(吉田豪)そうか。そこでもうギュウゾウさんと出会っているわけですね。

(GERU-C閣下)そうです、そうです。

(吉田豪)まだ怖かった頃の(笑)。

(GERU-C閣下)フハハハハハハッ! そうですね。だから、どうしてもお笑いの人が多かったので、もう勝てないんですよ。

(吉田豪)それはね、ずっとお笑いをやっていた人には。

(GERU-C閣下)そうなんですよ。だから本当、言葉は悪いですけど。当時のラッシュがやっているようなことなんて、ショーパブの宴会芸なんですよ。でも、それでもダンスだけはちゃんとやろうぜとか、そういうのでいまの地下アイドルじゃないですけども、心が折れないように……(笑)。

(吉田豪)「がんばっていればなんとかなる」っていう。ひたむきさを見せつけるという。

(GERU-C閣下)はい。そういう気持ちは覚えていますね。「本当にやりたいことはこれじゃない。出たいところはここじゃない」っていうのはあったけど。でも、その葛藤というか……あとは、もしかして売れればもっと好きなことができるっていう。そんなことで葛藤しながらやっている時に、もう超スピードでZOOがブワーッと売れていくんですよ。

(吉田豪)おおー、そういうタイミングですか。

スポンサーリンク

超スピードでZOOが売れていく

(GERU-C閣下)もう本当に……「もうやめようぜ!」っていう(笑)。メンバーと真剣に話しましたね。だから、ほとんどのZOOのメンバーって当時のディスコの仲間なんですよ。だから、「俺たち、なにやってんの?」っていう。そういう話はよくしていましたね。

(吉田豪)「俺たち、芸人じゃないよな?」みたいな。

(GERU-C閣下)で、呼ばれて地方とか……いわゆる営業ですね。闇じゃないですよ?(笑)。本当にそれこそアイドルのデパートの屋上でやるのの前座とか、そういうのにも呼ばれていくんですよ。で、夜はディスコでショータイム。もう馬車馬のように営業させられましたから。

(吉田豪)アイドル枠もやって……っていう。

(GERU-C閣下)それで給料が3万ですから。

(吉田豪)おおう!(笑)。芸能界!っていう。

(GERU-C閣下)もう芸能界!っていう感じで。それでやっぱりそうですよね。でも、「お笑い」として呼んでいる主催者もいて。「歌ったり踊ったりするよりも、オールナイトフジでやっているネタをやってよ」みたいな。「いや、でもいくつかしかないんですけども……」みたいな。そういうのがいっぱいありましたね。やっぱり地方は特に「テレビに出ているから呼んでるんだから、そういうのをやってくれよ」って。歌なんかヒットしていないし、踊りも1パターン見せればもう飽きちゃうような時代だったんで。「ネタやってくれよ!」「……ネタですか?」みたいな。全然クオリティーの低いモノマネをメンバーでしたりとか。

(吉田豪)うわあ……。

(GERU-C閣下)まあ、そうですね。いまとなってはいい思い出ですけども、当時は「なんなんだろう?」みたいに話していましたね。

(吉田豪)どうしてそこからZINGIになるのか?っていう話ですよね。真逆じゃないですか。

(GERU-C閣下)はい(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました