吉田豪とGLAY HISASHI WACK渡辺淳之介とBiSHを語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

GLAYのHISASHIさんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんとWACK渡辺淳之介さん、BiSH、BILLIE IDLE、GANG PARADEなどについて話していました。

(HISASHI)いや、でも急に思い出したけど、トミーさんのそのアイドルがパンクを歌うとかっていうので言うと、いまはやっぱり黒幕というか、そういう……いるじゃないですか。面白いですよね。メタルをやらせたり、パンクをやらせたり。それこそプー・ルイが入ったBILLIE IDLEが有頂天をカバーしたりするじゃないですか。

(吉田豪)はいはい。有頂天のカバーは画期的でしたね。『BYE-BYE』ね。

(HISASHI)画期的!

(吉田豪)まあ最近つぶやいていましたけどね。有頂天。

(HISASHI)いや、やっぱりいい歌ってパンクアレンジになってもかっこいいとか、そういうのがあるから。やっぱりいい音楽っていいのは変わらないなって。

(吉田豪)BILLIE IDLEは最初、デビューアルバムを出した時、ファンクラブに入るとボーナスディスクをもらえるっていうので僕、ファンクラブに入って。もらったボーナスディスクでカバーをしていたのがヒルビリー・バップスとかで。

(HISASHI)おおっ、いいですねえ!

(吉田豪)「このカバーセンスはすごいわ!」っていう。画期的。最高!って思って。

(HISASHI)まあ、特典だったらどんだけ遊んでもいいみたいなね。なるほどね。

(吉田豪)渡辺淳之介さんとは旧BiSで接点ができた感じですか?

(HISASHI)いや、旧BiSの頃は会ったことがなくて。

(吉田豪)そうなんですか。

(HISASHI)WACKになってからかな。で、なんで会ったのかな? 忘れたけども、なんかいろいろと仕事のやり取りとかでメッセージのやり取りをしていて。「今度、飲みましょう」みたいな感じになって。あ、最初はライブに来てくれたんだ。横アリのライブに来てくれて、「飲みましょう」みたいな感じで。そしたらよく、『BiSキャノンボール』とかでまあオフの時に映る居酒屋とかあるじゃないですか。ああいうところかなって思ったら、なんか恵比寿のすっげー高級中華の個室みたいなところで……(笑)。

(吉田豪)まあ、気を使いますよね。「GLAYだし……」って。

(HISASHI)「いや、渡辺さん、こんな……全然普通でいいですよ!」って。そこではじめて会って。でも全然、最近です。はじめて会ったのは。でも、こういうことを言うとプロモーション妨害みたいになるかもしれないけど、すごくちゃんとした人で。

(吉田豪)まあ、サイコパスキャラってなっていても。

(HISASHI)すげーちゃんとした人で。ねえ。みんなに歌詞を書かせたりというか、そういうチャンスをあげたりとか。

(吉田豪)うんうん。ちゃんと印税も入るようにってシステムを作り。

(HISASHI)すごいなって思った。うん。

(吉田豪)正直、旧BiS時代はデタラメさの方が目立っていて。僕はいろいろとモヤモヤしていたんですけど、いまは本当にWACKをやっている姿とかを見ると本当にちゃんとしているんですよ。金銭面であんなちゃんとしている事務所、ないですよ。

(HISASHI)フフフ、そうなんですね。

スポンサーリンク

WACKほど金銭面でちゃんとしている事務所はない

(吉田豪)びっくりするもん。BiSHのメンバーの収入……まあ、プー・ルイさんにバラしたらプー・ルイさんが衝撃を受けてましたけどね(笑)。いや、あんなに払うところ、ない。異常。ちゃんとしてる(笑)。

(HISASHI)でも、なんだろうな? いまの……渡辺さんは30代でしょう? ZOZOの前澤さんとかもそうだけど、そういう考え方なのかな。なんか、残さないで還元するみたいな。俺も同じ意見で。だからGLAYを呼ぶとギャラが……「ギャラはいらないんだけど、スタッフ代が高いから! 俺はピンでいい!」みたいな(笑)。そういうのもあったりとか。

(吉田豪)うんうん。今日もだからね、HISASHIさんが来るんだからたぶんお付きの人が相当多いんだろうと思っていたら、全然普通にお付きの人1人だけですもんね。

(HISASHI)うん。帰ってもらいました(笑)。

(吉田豪)これぐらい気軽な感じなんだって。絶対にここには入れないって思っていたんですよ。

(HISASHI)たしかに。

(吉田豪)(コメントを読む)「いちばん最初に出した給料プランのまま」って、そうなんですよね。だからBiSにちゃんと払えていなかった分の反省をBiSHでちゃんとやった結果、BiSHに払いすぎているみたいな感じになっているっていうことですよね。

(HISASHI)いやー、ねえ。本当、この前に福岡でライブがあって、その翌日ぐらいが神戸で登坂広臣くんっていう三代目J Soul Brothersの人のソロコンサートがあって。その前座がBILLIE IDLEだったんですよ。「じゃあ、帰る途中だから見に行く!」って思って行ったんだけど、いやー、どアウェイの中、すごかったですよ。本当に。すげーな!っていうか。これは好きになるわ!っていう感じだった。

(吉田豪)BiSHは本当にかなり画期的なことをやっていると思うんですよ。BiSHが切り開いたファン層とかも相当あるし。

(HISASHI)BiSHってなんなんだろうな?って毎回思うんだよな。なんか本当に、時代っていうところにも上手く乗れたし。うん。BiSの後に……相当がんばったっていうのもあると思うけど。うん。

(吉田豪)「売れたな」って僕がいちばん思うのが、仕事とかで会った芸人さんが「吉田さん、アイドル詳しいっすよね? ○○知ってますか?」っていうのが出た瞬間が「売れたな」なんですよ。

(HISASHI)なるほどね!

(吉田豪)それが昔で言うと、やっぱりBiSが解散間際の時に言われることが何度かあって。あと、ももクロも何度もあって。最近はBiSHなんですよ。BiSHはすごい言われるんですよ。「吉田さん、BiSHとか聞くんすか?」みたいな。「うん、かなり前からいろいろと付き合いがあって……」みたいな。

(HISASHI)この前も三茶の昭和女子大学人見記念講堂かな? ライブを行かせてもらったんだけども、著名な人がたくさん来ていたもんなー。でもまあ、「旧BiSが好きで、ギャンパレを番組に呼んで、BiSHのライブにこの前行って……」とかって、俺はたぶん松隈ケンタさんの曲が好きで。渡辺さんのやることを面白いなって思っているんじゃないのか?って。本当に、SCRAMBLESのレコーディング・スタジオにも行ったことがあるんだけども。

(吉田豪)行ったんすか。へー。

(HISASHI)あれはBiSHのフェンダーのギターが完成した記念みたいな感じで。完全に趣味で行ったみたいな。で、松隈さんと対談をして。でも、新しいっすよね。チームで曲を作って振り分けたりするって。なんか、ともするといろいろな関係性の中であるんだろうけど、すっごい効率のいいやり方をしているなって思って。

(吉田豪)渡辺さんがもともとね、「松隈さんの曲のよさをちゃんと俺が売り出す」って言っていて、ここまでちゃんと実現させることってないですからね。

(HISASHI)いや、素晴らしいっすね。しかもGANG PARADEに至っては「えっ、この曲をアルバムに入れないの?」みたいな。「攻めてるな!」みたいな。

(吉田豪)ギャンパレも正直、流れをずっと見ているわけですよ。

(HISASHI)ああ、もう怒涛ですよね!

(吉田豪)プラニメのデビューライブを見て。結構周りで見ていた人がみんな、顔を見合わせたんですよ。「あれっ、これ、どうなの?」っていう。正直、言葉を選びますけども失敗ぐらいの空気がデビューライブの時にはあったんですよ。プラニメがPOPになってギャンパレになるうちに、ここまでになるとは……って。本当に修正の仕方が上手いんですよ。

(HISASHI)旧BiSの直後ですか?

(吉田豪)旧BiSの直後。旧BiSが解散して、それぞれがいろんなやり方を始める中、正直プラニメがいちばんこれは苦戦するだろうなと見たんですよ。

(HISASHI)コンセプトはすっげーよかったし、俺、あの頃……『P.O.P』かな? アルバムを買っているんですよね。あの頃、もう『Plastic 2 Mercy』とかあって。

(吉田豪)あれがデビュー曲だったんですけど、正直最初はあれもそんなに引っかかりがなかったんですよ。

(HISASHI)ああー。

(吉田豪)修正の仕方が上手いんだなって思うんですけどね。

(HISASHI)なんかもう『nerve』とかみたいなアンセムソングみたいになっちゃってきていて。あれをやられるだけで感動するみたいなね(笑)。

(吉田豪)TIFのお披露目の時の「どうなんですか、これ?」っていう空気……。

(HISASHI)TOKYO IDOL FES? あれって、お台場でしたっけ。

(吉田豪)あの時のあの感じが嘘のような完成度で。

(HISASHI)この前、『LAST GANG PARADE』って……。

(吉田豪)はいはい。アルバムが出ましたね。

(HISASHI)メジャーデビュー発表のYouTubeを見たいんだけど、怒涛の……カミヤサキちゃん、怒涛だな!って思って。こんなにいろんなことがあったんだって。

(吉田豪)うん。

(HISASHI)強いよ、あれは。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする