スポンサーリンク

PUNPEE お酒との付き合い方を語る

PUNPEE お酒との付き合い方を語る SOFA KING FRIDAY
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PUNPEEさんがJ-WAVE『SOFA KING FRIDAY』の中でお酒との付き合い方について話していました。

(PUNPEE)お送りしたのはリル・Bで『Gon Be Okay』でした。いま、来てるサンフランシスコとは関係ないですけど、バークレー。割かし近い場所の出身の方で、しかもこっちはもう夏っていうことでかけさせていただきました。はい。メッセージを読ませていただきます。神奈川県の人。「PUNPEEさん、こんばんは。金曜深夜を楽しみに退屈なウィークデーを過ごしております。第1回目から皆勤で聞いております。私事で恐縮ですが最近、お酒を断っており、ぼちぼち3か月ぐらいになります。きっかけは泥酔した姿を自分の子に見られてしまい、その時に私自身も子供の頃に父親の酔っ払ってる姿を見ることがあまり好きじゃなかったことを思い出したことです。

このまま生涯止め続けるか悩んでるのですが、ライブやフェスで酒抜きで楽しめるかが唯一の気がかりです。PUNPEEさんのお酒との距離の取り方、ライブ、制作活動と酒の関わりなどを教えていただけると嬉しいです。あと、気分だけでも酔っ払いたいのでunderslowjams『酩酊』のリクエストをお願いします」。はい。『酩酊』はこの前をかけさせていただいたので、今回はかけたことにしといて、ご自身で再生していただけたらありがたいんですけども。すいません(笑)。

酒っすね。自分も結構酒でやらかしたことは何回かあったりとかして。『夢のつづき』っていう歌……自分のバックDJの原島宙芳と歌ってる曲で「あん時、もし死んでたらいま、こんなにフジロックでライブとかできるのは、実はあの時に死んでいて、いまはその夢のつづきなんじゃないか?」っていう、そういうテーマの曲なんですけど。

スポンサーリンク

『夢のつづき』

2人でイベントをやってた時に急性アルコール中毒になっちゃったことがあって。血を吐いて「ううーっ!」っつって運ばれるみたいなのとかが1回あって。実は自分の中で夢の続きってあと何回かあって。電車のホームで寝ちゃったことがあったんすよ。その時に、実は落ちちゃったりとかしてたんじゃないな? みたいな。で、いまの俺はその時に実は死んでいて、その夢の続き見ているのかも……みたいな時が1回あって。そん時は「あっ! ホームで寝た!」ってなって起きた時に、もう川越かどこかの駅だったんですよ。ちゃんと電車に乗り込んでいたっていう。なんかいろいろ、そういう記憶をなくすことだったりも多くて。なんか工場の中の階段の踊り場で寝ていたりとか。

これはもう、こんなのを続けてられないなってなった時から割かし……でも自分もうテキーラで絶対に記憶が飛ぶっていうのがわかってるんで。それをあんまり飲んでないかなっていう感じっすね。それか、酒と酒に水かソフトドリンクを挟むっていうのは割かしやっているっす。それだけでだいぶ違うっていうか、次の日も残んないしっていう。でも、なんだろう? やっぱりトラブルになってしまう人って、そのものとその人の体が合っているか?っていうのも結構大事な気がしてて。

1杯とかで本当に酔ってしまう人って科学的にやっぱり体が合っていないっていうか。血の感じとか血管の広さとかもあると思うし。だから付き合い方な気がするっすね。だからそれをわかった上ですすめすぎてもダメっていうか。「お前、飲めよ!」みたいな。あっちは楽しくしようとしてくれてるのはわかるんですけど、結構それでやらかしちゃったりとか、体調が悪くなっちゃったら元も子もないから。何かそこは割かしそういうのをわかって付き合うのが大事な気がする。

でも恋愛とかも割とそれに近くて。体質に合ってる人と合ってない人と、相手にもよるのかな? とかもあるんじゃないかなって思ったりもする時があって。なんだろう? 引きずってしまう人はずっと引きずっちゃうし、相手が「もう無理! ダメ!」っつってんのにずっとそれを断てないで、その後になんかつきまとっちゃったりする人だったりとか、いると思うんですよね。何事も付き合い方と、それが合ってるか合ってないかっていう。

で、なんだろうな? 自分が「ああ、これは俺、正気を保てていない」って思ったら、それはやめるべきなのかなっていう気が結構……「やめる」っていうか、付き合い方を考えるればいいのかな?っていう気もします。だから、なんだろう? お子さんに見られちゃったら、帰る前とかに水をガブガブ飲みまくって帰るとか。自分はもう絶対に次の日に残るんで、寝る前に1リットル、ポカリスエットを飲んでから寝るんですよね。結構酔ってしまった時というか。そうすると次の日、割と外に出してるから、結構回んなかったりして。そういう工夫って割かし大事な気がするっすね。

で、サンフランシスコとかもそうだけど、アメリカの重要な都市とかってもう歩いて酒を飲むっていうのが冷たい目で見られるっていうか。あとはタバコは室内とかじゃなくて、外の建物から離れた指定の場所で吸うみたいなのが結構あって。だからあんまり飲みながら歩いてる人っていうのはいないっすね。ただ、そのあっちの匂いが結構するっていうか。割ともう、カリフォルニア自体が合法のムードもあるんで、そういう匂いは結構していて。割と歩いていると匂いがして「ああ、なるほど。興味深いな」って思ったりしていました。という感じですね。

というわけで、今回もあなたの親愛なる隣人の凡人、板橋区のダメ兄貴がお送りする退屈しのぎの退屈な30分間、『SOFA KING FRIDAY』63回目も終了になります。最後に、またこれもカリフォルニアは全然関係ないですけど、ゲトーボーイズの『Damn It Feels Good To Be A Gangsta』という曲をかけて終わろうと思います。先週、ゲトーボーイズのメンバーのブッシュウィック・ビル氏という方が亡くなってしまったということで。ガンと闘病の末に、ということで自分の好きな……たぶん2バース目にそのブッシュウィック・ビル氏のバースが入っていると思うんですけども。

この曲はトニー・ホークかなんかが出ているスケボーのビデオで使われている曲で、ゲトーボーイズでも自分はかなりこの曲が好きなので、今回はこれをかけさせていただいて終わろうと思います。というわけで来週の金曜日もお時間がございましたら適当に聞いていただければと思います。PUNPEEでございました。さよなら、さよなら、さよなら……。

スポンサーリンク

Geto Boys『Damn It Feels Good To Be A Gangsta』

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました