スポンサーリンク

安住紳一郎「豚汁=とんじる/ぶたじる」問題を語る

安住紳一郎「豚汁=とんじる/ぶたじる」問題を語る 安住紳一郎の日曜天国
スポンサーリンク
スポンサーリンク

安住紳一郎さんがTBSラジオ『日曜天国』の中で「豚汁」の読み方「とんじる/ぶたじる」問題について話していました。

アマノフーズ 無添加 豚汁 12.5g×10個

(安住紳一郎)愛知県の37歳女性の方。ありがとうございます。

(中澤有美子)ありがとうございます。

(安住紳一郎)「私は豚肉が肉の中ではいちばん好きなのですが、ひとつ納得がいかないことがあります。それは味噌汁に豚肉を入れるあの定番の料理についてです。豚汁と書いて私は『ぶたじる』と読みます。ぶたじると言う方が私には美味しく感じるからです。響きにコクを感じるのです。でも、ぶたじると言うと『とんじるだよ』と訂正してくる人がいるので、外ではなるべくとんじると言うようにしています。しかし、納得はしていないのです。『豚肉(ぶたにく)』『豚丼(ぶたどん)』なのになんで『豚汁(ぶたじる)』ではないのでしょうか? 和豚(わとん)のラジオCMで『わぶた』と言ってしまうお母さんの気持ち、よくわかります」。

(中澤有美子)フフフ、ありがとうございます。

(安住紳一郎)グローバルピッグファーム。11時台の後ろぐらいにラジオCMが流れていますよね。「わぶたじゃないよ、わとんだよ♪」なんてね。

(中澤有美子)ねえ。

(安住紳一郎)「リラリラリーラ、足リラシート♪」……ああ、これは違ったね。

(中澤有美子)フッフーッ!(笑)。

(安住紳一郎)「わぶたじゃないよ、わとんだよ♪」ってね。

(中澤有美子)県によってね、日本地図でも色分けができるぐらいなんですよね。たしかね。

(安住紳一郎)「ぶたじる/とんじる」はね、全国で地図、インターネットなんかに乗っていますもんね。きれいにぶたじる地域ととんじる地域とでわかれていて。関東ではとんじるが多いんだけども、群馬と千葉かな? ぶたじるが多いのは。ぶたじるって読む人もたまにいますよっていうね。

(中澤有美子)います、います。

(安住紳一郎)でも、なんとなくやっぱり関東ではとんじるでしょうね。ぶたじるって言うと「あっ、強く主張してきたな?」っていう……。「あれっ?」っていう。

(中澤有美子)フフフ、そうですか(笑)。

(安住紳一郎)いや、ありません?

(中澤有美子)「こだわっているな」と。

スポンサーリンク

関東に来て感じた違和感

(安住紳一郎)私は生まれ育ったところはぶたじるって言う地域だったんで、その関東のみなさんがとんじるって読んでいるその空気。その読み上げる時の空気みたいなのを注意深く18、19の時に見ていましたから。余計にそういう思いがありながら感じていますね。「うわっ、この人はなにを主張しているんだろう?」みたいな。「この人はなにを主張しているんだろう?」って。

(中澤有美子)フフフ、そうですか?(笑)。ああ、まあそうですね。たしかに。私も家庭ではぶたじるでしたけど、「どうやらとんじるらしい」ってある時に気づいて外ではとんじるって言っていますし、いまではそれが身についてしまいましたので、ぶたじると通すのはなかなか根性がいるかもしれないですね。

(安住紳一郎)そうですね。ちょっとね、うん。「あら? 藤原紀香さまが関西弁をお話になっている?」みたいな。そういうなんか、「あらららら? この人、急に東京育ちのお嬢さんなのになぜかぶたじると読んでらっしゃる」みたいな。「あらら? ぶたじると読んではる?」みたいな。そういう……。

(中澤有美子)フフフ(笑)。

(安住紳一郎)「ああー、なにかなー?」っていうね。

(中澤有美子)「読んではる」。フハハハハハハッ!

(安住紳一郎)「急にぶたじると読んではるけど……?」みたいな。

(中澤有美子)「なんやのー?」って(笑)。

(安住紳一郎)そういうちょっとね、心のざわざわした感じがあります。ねえ。で、私もだからあれですね。うん。放送でね、とんじるって言った後に北海道で一緒にすごしていた仲間からはLINEが来たりね。「お前、とんじるって読んでいるのか?」みたいな、そういうLINEが来ますよね。

(中澤有美子)フフフ、そうですか(笑)。

スポンサーリンク

北海道の仲間からLINEが来る

(安住紳一郎)そしたら「普段はぶたじるって言っているよ」みたいな。「ああ、お前も大変だな、いろいろ」みたいなLINEが来て。「放っとけや!」っていう(笑)。

(中澤有美子)フフフ(笑)。

(安住紳一郎)そんな感じ? やだよー。

(中澤有美子)フハハハハハハッ! 大丈夫、大丈夫(笑)。いいよ、いいよー(笑)。

(安住紳一郎)いや、私なにも言ってないですよ?

(中澤有美子)ごめんなさい(笑)。

(安住紳一郎)だからさー、日曜日の午前中にこうやってダラダラと話している話をさ、いろんな時間に繰り返し聞かれるっていうの、嫌じゃない? だからタイムフリーは嫌だったんだよ!って何回も言っているでしょう? それだけじゃないんですよ。理由はね。いろいろあるんです。いろいろあってそういう風にやって……これもね、いつか時間があったらきちんとみなさんにお話しようと考えているんです。「タイムフリーと私」っていう話を。もう、そんなの2時間の番組には収まらないから。24時間ぐらいかかっちゃいますね。

(中澤有美子)アハハハハハハッ!

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました