スポンサーリンク

安住紳一郎 18年前の自身のEメールの書式を語る

安住紳一郎 18年前の自身のEメールの書式を語る 安住紳一郎の日曜天国
スポンサーリンク
スポンサーリンク

安住紳一郎さんがTBSラジオ『日曜天国』の中で、仕事用PCの送信ボックスから発掘された18年前の自身のメールについてトーク。その独自の書式について紹介していました。

(安住紳一郎)そうですか。たしかにここ20年ぐらいですか。メールの上手な使い方をみなさんも順次覚えましたからね。

(中澤有美子)ねえ。

(安住紳一郎)あと、メールは結構残りますしね。私、仕事で使っているパソコンのメールボックスに……あんまり使わないものですから、ものすごい過去の自分が出したメールが送信ボックスに残っていることにこの間気づいて。みなさんはどのぐらい前の送信メールが残っているんですか?

(中澤有美子)うーん。放置しているけど、10年前? 5年とか? あるんでしょうね。もっとかな?

(安住紳一郎)またちょっと驚くような情弱ぶりですけども、私は全然変えてないのでこの間、18年前ぐらいのメールが送信ボックスから出てきましてね。2000年だったかな? もうすでに2000年問題の前っていうね、すごいメールが出てきましたけどね。すっごいポップな内容のメールをみなさんに送っていて、びっくりしました!

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)書き出しは「わお」から始まってね。ひらがなで2文字。「わお。」って始まって。昔はそうだったんですね。

(中澤有美子)そうですか?(笑)。

スポンサーリンク

書き出しは「わお。」

(安住紳一郎)いや、フォーマットとかそんなにメールの書式みたいなのが出回っていなかったんで、全部自分で打っていたんですよね。で、自分で編み出した書式だったんですよね。

(中澤有美子)そうですよね。

(安住紳一郎)「わお。」って書いてあってびっくりして。「おおっ!」って思って。

(中澤有美子)でも、相手によってですよね?

(安住紳一郎)いや、全部。

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)まだ当時ね、メールでそんなにきちんとしたビジネス文書とかを送るような雰囲気でもなかったはずなのね。だからなんか、うん。ちょっとした生存確認だけするみたいな、そういうあれだったような気がしてね。びっくりしてしまいましたね。「わお。」で始まってね。ええ。

(中澤有美子)へー。

(安住紳一郎)びっくりしました。で、文末は「アディオス」で終わってましたね。

(中澤有美子)(笑)。それはでも結構『日曜天国』でも一時期多用なさっていた記憶があります。

(安住紳一郎)そうですよね。「アディオス」で終わって。

(中澤有美子)気に入ってたんですね(笑)。

(安住紳一郎)気に入ってたみたいですね(笑)。お恥ずかしいったらありゃしない。「わお。」「アディオス」。まあでも「拝啓」「敬具」みたいな感じで私はメールはそれで対応していたという。

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)失敗した話、みなさんからのメールをお待ちしております。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました