スポンサーリンク

星野源 バナナマン日村47歳バースデーソングを語る

星野源 バナナマン日村47歳バースデーソングを語る 星野源のオールナイトニッポン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中でTBSラジオ『バナナムーンGOLD』で披露した日村さん47歳バースデーソングについて話していました。

(星野源)そんな同じ日に放送されました日村さんの誕生日。もう毎年毎年、お祝いをしていまして。いちばん最初は日村さんが38歳の時、誕生日ソングを作って歌うということになって。そこから、僕がいま38ですから。そこから10年経って僕が38になり、日村さんは47歳。ちょうど誕生日的には今日……まあ、日が明けたんで1日明けちゃったけども。火曜日の今日、5月14日が日村さんの誕生日っていうことで。

またその日にこの曲をまた流すっていうのは「持っている」っていう感じがするよね。すごいよね。で、日村さんの誕生日のバースデーソング、毎年毎年作ってまして。このメール、読もうかな? 神奈川県の方。「先日、源さんが出演されたバナナムーンGOLDを聞かせていただきました。毎年、日村さんへ贈っているバースデーソング、今年も言うまでもなく完成度も高い歌でしたが、今年は特に途中から設楽さん。そして作家のオークラさんが歌に入るという演出があり、思わずに泣きそうになってしまいました。

設楽さんやオークラさんが歌に入るという演出を最初に思いついたのは源さんですか? それとも設楽さんやオークラさんですか?」という。僕です。いつも、「こういう歌を歌ってください」みたいなのはもちろんないので、1から作らないといけないんですよね。で、僕は毎回ね、ラジオを聞けるわけじゃないんで、聞けてる部分とあとはもしなにか他にトピックスがあったら送ってくださいぐらいのことはしてますけど。他は全然何もなく。

で、そのラジオの中でも話しましたけど、当たり前だけどやっぱりさ、ちゃんとやらないといけないわけじゃない? いわゆる、うん。ネタ番組にミュージシャンが出るようなもんで(笑)。なんかさ、適当な感じで出るのって寒いじゃない? 芸人面してるミュージシャンってすげえ寒いじゃん? マジでやんないとダメじゃん? だから、本気で……音楽的な部分もそうだし、ちゃんとお笑いっていうところとか。だから日村さんをね、いじって怒らせるっていうことをちゃんとしないといけないんで。本当に真剣に考えるわけですよ。

だからアイデアっていうのもちゃんと毎回、「今回はどうしようかな?」とか。「今回はじゃあスタッフのみんなにも出てもらって」とか。で、今回はやりたいことがいくつかあったんですけど、その中の1個が設楽さんが途中で急に歌い出す。それがいいだろうと。しかも10年目だし、記念碑的なところ、やるしかねえだろ!っていうことで。「ちょっとお願いします。設楽さんに歌っていただきたいんです」っていうのは事前にOKはもらっていたので。

スポンサーリンク

10年目のバースデーソング

でもね、どうしても……本当に申し訳なかったですけども、できたのが前日の夜中だったので。でも、そこから設楽さんがすごい一生懸命覚えてくださって。本番前も2時間早く入って。僕と設楽さんの2人で練習をして。その中で「オークラさんも歌った方が最後、面白いっすね」って思って。「オークラさんも歌いましょうよ」「ああ、わかりました!」っつって、そこから覚えてくれて。で、3人でたくさん練習して、それで本番に臨んだんですけど。

設楽さんがちょっとだけ間違えちゃって。でも全然わからないぐらいなんですけど、ちょっと間違えちゃって。それをすごい悔やんでおられて。「いやー、録り直しさせてくれ!」っていうことで。「ぜひやりましょうよ!」っていうことで録り直したのをこれから聞いていただきますので。これをだからTBSラジオのスタジオの中で収録したのがニッポン放送で流れるって……歌だけがここで流れたことは前もありましたけど。トークも含めて流れるってほとんどないというか、史上初なんじゃないかと思うぐらい。かなりボーダレスというか、それでいいよねっていうか、そうあるべきだよねっていう。そういう素晴らしい展開になって、僕は非常に嬉しいです。

CMの後にね、『バナナムーンGOLD』の生放送後のバナナマンの2人と、オークラさんと日村さんの47歳のバースデーソングを再収録しましたので。CMに後にどうぞ!

(CM明け)

さあ、ちょっとお待たせしました。先週金曜日に『バナナマンのバナナムーンGOLD』にて、日村さんへ日村さんの誕生日ソング。いつも僕、毎年作って歌ってますけれども。その曲を歌いましたが、設楽さんがね、「録り直したい!」って言ってくださったんで、その録り直したバージョンをこの後に流させていただこうと思います。深夜3時。TBSラジオのスタジオでニッポン放送に向けて収録した音源でございます。日村さん47歳のバースデーになった今日ね、ちょっと日付は変わっちゃったんですけど。5月14日に流せるというね。これがまた嬉しいですよね。それでは聞いてください、どうぞ!

<音源スタート>

(星野源)はい、『星野源のオールナイトニッポン』をお送りしております!

(一同)フハハハハハハハハッ!

(星野源)すごいな、これ。すごいですね!

(設楽統)すごい。だってここ、場所がね……。

(星野源)赤坂です!

(一同)フハハハハハハハハッ!

(星野源)TBSラジオさんで。ちょっとね、いま本番を終えて。設楽さんが「もう1回、やりたい」っていう風に言ってくださって。

(設楽統)そうです。僕ら、『バナナマンのバナナムーンGOLD』で日村さんの47回目の誕生日ソング。今回、ちょっと源くんが「一緒に歌いたい」っていうことでそのパートを作ってくれたんですよ。だけど、ちょっとミスったんですよ。

(日村勇紀)全然わからなかったけどね?

(設楽統)いや、源くんが超カバーをしてくれているからなんだけど。その前に練習をしていたんだよ。で、その時にはできた!ってなっていて。だけど1時間ぐらいしゃべったりとかしてさ、「忘れちゃわないかな?」って言っていたら案の定。

(日村勇紀)ああ、俺は初めて聞いているからね。「入ってきた!」っていう驚きの方が強いから。

(星野源)でも全然……ご本人、設楽さんはたぶん気にしていると思うけど、聞いた人は全然わからないと思うけど。でも、やっぱりやりたいっていう風に言ってくれたんで。「じゃあちょっと録りましょう」ってなったんですけど。「じゃあ、これをオールナイトニッポンで流したらいいんじゃないの?」って言ってくださったので、急遽いまこうなっています。すごいっすね。ありがとうございます!

(日村勇紀)すごい!

(星野源)日村さんも。

(設楽統)歌いたいでしょう?

(日村勇紀)俺ね、実はさっき本番の時も声は出していないけど、うっすら口ずさんでいたよ。

(設楽統)もう「おーめーでとうは……♪」とかって言っていたよね?

(日村勇紀)サビのところは言える。サビだったら。

(星野源)じゃあ、一緒に歌いましょう(笑)。

(日村勇紀)いいの? 俺、歌っていいの?(笑)。

(星野源)自分のおめでとうソングを(笑)。

(設楽統)これははじめてだよね。

(日村勇紀)初です。初。

(設楽統)オークラも入ってくるしね。

(星野源)じゃあ、歌いましょうか。

(設楽統)寺ちゃんはいいの?

(星野源)寺ちゃんは大丈夫です(笑)。寺ちゃん、今日見に来ていますけどもね。この感じ、楽しすぎるな……(笑)。

(日村勇紀)すごいな! これ、いまオールナイトニッポンなんでしょ?

(設楽統)いま、オールナイトニッポンなのよ(笑)。TBSラジオで録っているんだけどね。

(星野源)史上初じゃないですか?

(日村勇紀)ないよ、こんなことは。

(設楽統)じゃあ、よっしゃー!

(星野源)47歳。日村さんのバースデーソングです。

(日村勇紀)イエーイ!

スポンサーリンク

星野源『日村さん47歳バースデーソング』TBSラジオで取り直しVer.

(一同)イエーイ!(拍手)。

(設楽統)いいんじゃない?

(星野源)ありがとうございます! 最高です! 大成功!

(設楽統)大丈夫だったよね。はー。いやー、緊張するけど、どんどん楽しくなるね。

(星野源)フハハハハハハハハッ!

(日村勇紀)この歌、楽しい。うん。

(星野源)最後、4人で歌っていましたからね。

(設楽統)ありがとう。

(日村勇紀)ありがとう。

(星野源)フハハハハハハハハッ! ああ、そうか。もう終わっているもんだと思っていた。

(設楽統)源くんの番組だから。

(星野源)そうかそうか(笑)。じゃあ、ありがとうございました(笑)。バナナマンのお二人、そして作家のオークラさんでした。

(設楽統)イエーイ! どうもありがとうございました!

<音源終わり>

(星野源)お送りしました。星野源、そして設楽さん、日村さん、作家のオークラさん。4人で歌った『日村さん47歳バースデーソング(再収録Ver.)』でした。いかがだったでしょうか? これね、すぐ本番が金曜日の深夜1時~3時で『バナナムーンGOLD』が放送が終わって本当にすぐ、5分後ぐらいに「じゃあ録りましょう」って録って。それもすごい楽しかったんですけど。その後、スタッフの皆さんが1人1人、日村さんにプレゼントを渡していくんですよ。そのプレゼント会みたいなのを結構長い時間……もう本当にね、4時半とか、それぐらいまでやられてて。

でもずっと僕、いさせてもらってですね。で、ケーキとかも一緒に食べさせてもらって。で、普段はやっぱり日村さん……日村さんはご飯に行ったりとかするんですけど、設楽さんとはあんまりね、ご飯っていう感じでもないし。毎日ね、帯番組もやられてますし、早く帰らないといけないっていうかね、朝が早かったりすると思うので、なかなかお誘いもしにくいみたいなのもあったりして、あまり話せないんですけど。

その時は結構じっくりいろんな話をさせてもらいまして。あと、プレゼントを1人1人渡していく感じがなんか……「僕は今日はこれで」とか「私はこれで」って。「おおっ、ありがとう!」みたいな。で、最後に設楽さんが出すみたいな。その感じがすごい微笑ましいっていうか。長くラジオをやられている皆さんならではの関係性がすごいあるなと思って。すごい素敵だなと思いました。

そんな感じで今年のですね、バースデーソング。この去年、そして一昨年とですね、僕は仕事で東京にいなかったりしたので。歌だけ録音して。あとはトークもたとえば録音をしたりとか。去年は電話出演だったりとかしたんですけど。今年は生でね、スタジオに行けたので。10年目の作品ですね。今回は1番が僕からの日村さんへの言葉。そして2番が設楽さんから日村さんへの言葉っていう風にしたいなと。

なんで、設楽さんのことは想像しながら書きました。なので「口もきかない日々も超え」みたいなのがきっとあるだろうなと思いながら書いて。「これ、どうですか?」「あるよ」って普通に言っていたんで(笑)。「やっぱりそうですか!」なんて。いやー、それはすごいよかったなって。「いや、ここはいいと思う」っていう風に言ってくれたんで。

スポンサーリンク

ちゃんと悪口も入れたい

それでいまもすごい仲が良さそうなんで。そういうね、いろんな山を越えてきた2人なんだなっていう。で、そこからもちろんやっぱりね悪口は言いたいので(笑)。でもね、最近日村さんが怒らないのよ(笑)。普通に喜ぶのよ(笑)。「いや、怒ってよ!」っていう。その「芝居でもいいから怒ってよ! ちゃんと悪口入れてるじゃん?」みたいな。でもさ、怒らないのよ。喜んじゃうの。「いや、源くんに作ってもらえて嬉しいよ!」って。「違うよ!」っていう(笑)。それがでも、僕も嬉しいんですけども。喜んでくれて。

で、「なんだろう? どうしたら喜ぶかな?」って思って。やっぱりその容姿をけなすとか、もう無理なのよ。慣れすぎて。日村さん、慣れすぎて全然そういうのじゃ怒らないわけ。そういうボケは。で、「じゃあもう、番組から出ていってもらおう。いなくさせるということなら、怒ってくれるかな?」っていう。それでもう、強制卒業ですよね。「来週からは設楽さんと僕と野呂佳代さんの3人でやりますよ。『バナナムーンGOLD』は」っていう。

そういうことにしちゃえば怒るかな?って思ったら、やっと怒ってくれましたね。だからすごい嬉しかったです。でもまあ、放送では「この野郎!」って言っていましたけど、今日も本番前に日村さんがメールをくれて。「今日、よろしくお願いします」っていう風にメールいただいたりとかして。本当に素晴らしいなと思いました。日村さん、本当に47歳の誕生日、おめでとうございます。そして設楽さん、オークラさん、『バナナムーンGOLD』のスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。是非また来年の私の誕生日、お待ちしております!

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました