スポンサーリンク

渡辺志保『Asia Rising: The Next Generation Of Hip Hop』を語る

渡辺志保『Asia Rising: The Next Generation Of Hip Hop』を語る MUSIC GARAGE:ROOM 101
スポンサーリンク
スポンサーリンク

渡辺志保さんがbayfm『MUSIC GARAGE:ROOM 101』の中でレッドブルと88risingが制作したドキュメンタリー『Asia Rising: The Next Generation Of Hip Hop』を紹介していました。

アジアを舞台にしたヒップホップドキュメンタリー作品『Asia Rising: The Next Generation Of Hip Hop』が公開! レッドブルさんと88risingとういアメリカの西海岸に拠点を置きます、何て言えばいいんですかね? マルチプラットフォームみたいな。メディアの役割も果たしますし、エージェントやマネジメントの役割も果たしているのがこの88risingなんですけれども。この『Asia Rising: The Next Generation Of Hip Hop』はそのレッドブルと88risingが共同で作った映像作品。

で、88risingの何が珍しいかと言いますと、所属しているアーティスト、関係してるアーティストは全てアジア系のアーティストなんですよね。韓国系のラッパーがいたり、チャイニーズのラッパーがいたり、あとはベトナムであるとか台湾とかね、そういったアジアほぼ全域のラッパーたちをバックアップしているのがこの88risingで。いま、アメリカを中心にすごい人気なんですよね。

で、去年は88risingの冠ツアーも全米で行いまして。なんと日本からはKOHHくんが参加しまして、アトランタの舞台なんかをすごく盛り上げたそうなんですけれども。

このドキュメンタリー作品にも日本からも数人アーティストが参加しております。我らが……勝手に「我らが」とか言っちゃうけどAwich、ANARCHY、そしてJin Doggらが出演ということでですね。まあ当たり前だけど、日本にいると日本人のラッパーって当たり前にいる存在ですけれども、やっぱりアジア、そしてアメリカ、そして世界という視点で見た時に、まだまだ少数派なんですよ。なんですけど、たとえばAwichさんがこの作品に出て、ちょっとハッしたこともあるんですけれども。彼女のバックグラウンドであるとか、あと彼女は沖縄出身なんですよね。なので米軍基地にちょっと触れるような箇所もあったりしまして、非常に新鮮な気持ちでいろんな発見に満ちあふれる作品でしたので。

こちら、YouTubeで見れます。そして日本語字幕もついておりますので。1時間ぐらいで終わる、決して長い長いドキュメンタリーではないので。ちょっとお時間がある方はぜひぜひ見ていただきたいなと思います。やっぱアジア人としてどういう風にヒップホップを盛り上げていくとかね、どういうスピリットでヒップホップというカルチャーに接していくかとかね、そういったことまでを感じさせられました。

というわけで、いまからお届けする曲はそのドキュメンタリー作品『Asia Rising: The Next Generation Of Hip Hop』にも出演していたAwichさん、そしてANARCHYさんのコラボ楽曲をお届けしましょう。ANARCHY『Loca feat. Awich』。

スポンサーリンク

ANARCHY『Loca feat. Awich』

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました