スポンサーリンク

渡辺志保 コーチェラ2019の見どころを語る

渡辺志保 コーチェラ2019の見どころを語る MUSIC GARAGE:ROOM 101
スポンサーリンク
スポンサーリンク

渡辺志保さんがbayfm『MUSIC GARAGE:ROOM 101』の中でコーチェラ・フェスティバル2019の見どころなどについて話していました。

(渡辺志保)それでは早速、気になるニューストピックから紹介していきましょう。今週はですねもうこれしかないでしょうという感じで。いよいよ今週末に開催が迫りましたコーチェラフェスティバルについて皆様にちょっとニュースをシェアしたいなと思っております。コーチェラフェスティバル、聞いたことありますでしょうか? 音楽好きな方ならきっと名前を聞いたことがあるかと思うんですけれども。

1993年かな? いちばん最初、それぐらいに前身のフェスがありまして。1999年からスタートしました。今年で20年目を迎えるんですよね。もう20年続いたら老舗と言っていいんじゃないでしょうかって感じがしますけれども。いま、世界一の規模を誇ると言われております音楽フェスティバルです。

で、どれぐらいデカいかというと、これはもうフォーブスの記事になっていたんですけれども。世界のいろんな音楽フェスティバルのチケットの売上高をランキングで発表している記事がフォーブスに載っておりまして。1位がそのコーチェラフェスティバルなんですよね。2016年1月の記事なので、数字としてはたぶん2015年の数字になってると思うんですけども。なんと、98億9000万円の売り上げ。よくわかんないのよ、もうデカすぎて。100億円規模の売上を誇る音楽フェスティバルとのことです。

そして観客動員数は19万8000人。すごい! 約20万人が集うフェスですよ。で、これ、今年は2019年でしょう? たぶんもっと大きくなってるんじゃないかなと思いますね。20万人以上が会場に詰めかけているじゃないかと思いますけれども。アメリカ西海岸にある砂漠エリアがありまして、そこにドーン! とステージを3つほど作って3日間ぶっ通しで行われるフェスです。

で、3日間ぶっ通しと言いますと、たとえば今年も日本のサマーソニックは3日間連続でやりますよね。そしてFUJI ROCK FESTIVALも例年3日間連続でやっている。私はちょっと恥ずかしながらコーチェラは行ったことがないんですけれども、ロケーションなどを見るにつけ、たとえば日本で言うとサマソニよりはフジロックに近いバイブスのね、自然の中にステージがあるみたいなそういったバイブスなのかなという風にも思っております。

そしてコーチェラがすごいのはね、2週間フェスをするんですよ。なので金土日、金土日を2週続けて繰り返すということで。今年は4月12、13、14日。日本時間で言うと明日の朝ぐらいからですね。始まるのかな。プラス、現地時間の4月19、20、21日の2週に渡って開催されれるというのがですね、コーチェラフェスティバルでございます。

そしてですね、今年ラインナップ。ヘッドライナーはですね、毎年話題になりますけれども。まず1日目のヘッドライナーはチャイルディッシュ・ガンビーノ。そして2日目のヘッドライナーはテーム・インパラ。そして3日目のヘッドライナーはアリアナ・グランデということでですね、まあ結構ジャンル、ボーダーレスにですね、ヘッドライナーを配置してらっしゃるなという感じです。

ちなみに去年はヘッドライナー、ビヨンセ、ザ・ウィークエンド、そしてエミネムとラップ系アーティスト、そしてR&Bのアーティストがヘッドライナーを務めて。ロックアーティストがヘッドライナーでなかったのは去年が唯一っていう感じなんですよね。で、去年のコーチェラもすごく楽しかったですけれども。

渡辺志保 コーチェラ2018 ビヨンセのパフォーマンスを語る
渡辺志保さんがblock.fm『INSIDE OUT』の中でコーチェラ・フェスティバル2018のビヨンセのパフォーマンスを振り返り。その圧巻のパフォーマンスについて解説していました。

コーチェラフェスティバル……まあ最近、海外のフェスは結構そういうところが多いし、去年FUJI ROCK FESTIVALもそうだったけど、ストリーミング中継をネットでしてくれるんですよ。なので、ありがたいことに家ですっぴんでパジャマを着たままフェス気分が楽しめるんですね。で、時差がありますから、日本だとほぼ10時間、12時間ぐらい時差はありますから、もう起きた瞬間から向こうは夜だったりしますから。すごいキメッキメのセットでラッパーたちが歌っているみたいなみたいな感じだったりするんですけれども。

私も去年とか一昨年とか3年前とかもそうだけど、やっぱりコーチェラの時期は金土日とずっと家にこもって、ひたすらでパソコンないしはApple TVでテレビとつなげて、自宅のテレビでずっとコーチェラを見てるっていうね、そういう感じです。で、コーチェラのストリーミング中継って本当に世界でもトップクラスぐらいのサービスなんじゃないかなって思うんですけど。全然映像も途切れないし。ステージが3つあるから、カメラも3つあるんですよね。で、我々自宅オーディエンスはカメラ1、2、3、チャンネル1、2、3っていうのがそれぞれ、YouTubeのチャンネルが分かれていて。それを自由に選びながら見ることができる。

で、当たり前だけど全アーティストを全てストリーミングすることはコーチェラさんも不可能ですので、厳選されたアーティストのライブしか見れないんですけれども。「ストリーミングします」というアーティストはラインナップが発表になっておりまして、チャイルディッシュ・ガンビーノとかね、ビリー・アイリッシュとか。あと、ヒップホップ・アーティストだとプシャ・TとかYGのライブ。あとはUKの女性ラッパーのリトル・シムズのライブなんかは今年、ストリーミング中継されるとのことです。

で、自分でYouTubeのチャンネルでタイムテーブルが組めるんですよね。よくフェスのストリーミングだと何時に誰が始まるっていうのを自分でもチェックしながら。で、時差がありますから、それも逆算しながらかじりつくことが多いんですけど。コーチェラのYouTubeチャンネルはちゃんと時差を切り替えてくれるボタンまであって。

「現地時間はいま、夜8時だけど日本だと朝のこの時間だね」みたいなのも一瞬でわかるようになっているし。アラート機能が付いてて、予めご自分でプログラムを組んでくると、「志保さん、そろそろグッチ・メインのステージが始まります」みたいなのがポーンと出てきて、非常にユーザビリティーも高いみたいな感じになってますので、ぜひぜひYouTubeでチェックしてもらいたいなと思います。

個人的に今年、超わいたのはチャイルディッシュ・ガンビーノがヘッドライナーを務めるとかもそうなんだけど、つい先日発表になりましたが。なんと追加アーティストが発表になったんですね! なんとなんとカニエ・ウェストが参加するということで。もともとカニエ・ウェストは3日目のヘッドライナーとして予定されていたんですけれども、カニエさんがコーチェラに出した条件が本当にありえないみたいなステージの設計図を出してきたそうなんですよね。

それで「無理、無理!」ってなったんですけども。で、カニエがですね、ここ数ヶ月続けているサンデー・サービスという企画がありまして。サンデー・サービスって日曜礼拝ということなんですけれども。毎回、日曜日の朝9時ぐらいにカニエさんがクワイア……ゴスペルの合唱団を集めて。バンドを引き連れてですね、すごいアレンジで自分の楽曲とか、ソウル、ヒップホップの名曲なんかをアレンジして演奏するっていうのを「サンデー・サービス」と称して一大プロジェクトをやってるんですよね。

で、それってあまり公式に公開されているというものではなくて、キム・カーダシアンのInstagramとか、参加したアーティストのInstagramやTwitterで限定的にちょっとだけ見れるっていう感じなんですけれども。

スポンサーリンク

Kanye West Sunday Service

なんとそのサンデーサービスがコーチェラにやってくるぞと。2週、コーチェラは行われますけども、カニエさんが参加するのは2週目ですね。4月20日かな? イースターサンデーですね。ちょうどイースターの日にかぶるということで、その日の朝9時からサンデーサービスが行われるそうです。

通常、コーチェラフェスティバル、ネット中継も1週目しか行われないんですよね。原則として。なんですが、今年はカニエがいるからかは全然知らないですけど、今年はなんと2週間両方ともストリーミング中継されるということで。このカニエのサンデーサービスもぜひぜひストリーミングで見たいなと思いますね。アメリカのカリフォルニアで日曜日の朝だから、こっちだと日曜の夜ぐらいになるのかな? という感じなんで。ちょっとこの詳細は私も随時追いかけたいなと思いますけれども。まずは今週末、第1週目がスタートしますので。

ちょっとねテレビとネットにかじりついて私もコーチェラ気分をすっぴん、寝間着で楽しみたいなと思います。ちなみに日本からはPerfumeさんが出演されますね。Perfumeさん、広島県広島市出身。私も広島県広島市出身ということでですね、カープのユニフォームなんかを着て応援したいなという風に思っております。というわけで長々とコーチェラの話が続いてしまいましたが、ここで1日目のヘッドライナーを務めるチャイルディッシュ・ガンビーノの代表曲を聞いてください。『Redbone』。

スポンサーリンク

Childish Gambino『Redbone』

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました