スポンサーリンク

KM (sic)boyから受ける刺激を語る

KM (sic)boyから受ける刺激を語る INSIDE OUT
スポンサーリンク

KMさんが2021年6月14日放送のblock.fm『INSIDE OUT』の中で若手ラッパーたちとのコラボレーションについてトーク。多くの作品を一緒に手がけた(sic)boyさんの面白さやそこから受ける刺激について話していました。

(渡辺志保)せっかくなので、実はいろいろと質問をいただいておりますので。ちょっと読んでいきたいんですけども。「若手ラッパーに求めることはなんですか?」ということで。今回の作品にも本当に盟友と呼びたくなるような(sic)boyさんとかLEXくんとか参加してますけども。若手ラッパーにKMさんが求めることってなにかありますか?

(KM)若手ラッパーに求めること……いきなりすごい難しい(笑)。なんだろうな? でも、今ってスタイルがいろいろ許される時期だと思っていて。たとえばドラムン・ベースをやってもかっこよければOKみたいな空気感なので。いろいろとトライをしてほしいなと。ただ、その上辺だけでドラムン・ベースをなんとなくやるんじゃなくて、ドラムン・ベースはどこがかっこよくて、UKのフロアは……みたいな。それを研究すればするほど、センスというものは積み上がると思っているんですよ。

(渡辺志保)おおっ、マジで間違いない!

(KM)だからそこかな? おじさんたちを納得させるのは(笑)。

(渡辺志保)たしかに。いや、「マジ、それな!」っていう感じがするし。でも、逆にLEXさんとか(sic)boyさんとかKvi Babaさんとか。KMさんが一緒に曲を作っている若手のアーティストさんっていうのはそこを怠らないという感じはしますか?

(KM)そう。やっぱり話していて親がちゃんと聞いていたとか、その親の影響はすごいあるなって。そのライブラリーの中で。

(渡辺志保)うんうん。なるほどね。私もこれ関係でKMさんに聞いてみたいのは(sic)boyさんといろいろと作ってらっしゃるじゃないですか。一緒にコラボというか、共作という形で。そこでは、さっき言っていたみたいに王道のトラップチューンではなくて、ちょっとゴシックノリのロック色の強いビートなんかを作ってらっしゃいますけども。そういうことって、KMくんをまた新しい方向に向かせてくれたみたいな感じはありますか? 新しい目覚めみたいな。

(KM)うんうん。ありますね。なんでかっていうと、彼はJロック育ちなんですよ。だから、今までの……リル・ピープってグッド・シャーロットとかブリンク 182とか、向こうのロックに影響をされてエモを作っていると思うんですけども。(sic)boyの場合、あいつは日本のJロックを聞いてヒップホップ、バトルを知ってエモを作っているんで。あいつはリル・ピープを経由していないんですよね。だから、なんていうんだろうな? そう。そこが面白くて。

(渡辺志保)うんうん。

リル・ピープ経由していない(sic)boy

(KM)僕もそういう日本のポップスからももちろん影響を受けているし。そういうのも自然と出せるから。まあ、リミッターが外れているような感じですね。あいつとやる場合は。

(渡辺志保)全く新しいものを作っているような感じはありますか?

(KM)「新しいもの」っていうか、我慢をしていない感じ。だから「ちょっとロックっぽいかな?」とか、そういうことは考えてないっていう。

(渡辺志保)ああ、いいですね。そうなんだ。なるほど、なるほど。

(sic)boy,KM『Heaven’s Drive feat.vividboooy』

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
INSIDE OUT
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました