スポンサーリンク

吉田豪と水野しず SHOWROOMとAbemaTVを語る

吉田豪と水野しず 気になる屋台とその店員を語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

水野しずさんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんとSHOWROOMとAbemaTVの違いについて話していました。

(水野しず)疲れてきた……。

(吉田豪)フフフ、一気にしゃべりましたからね(笑)。

(水野しず)これ、(他の番組出演者は)みんななんの話をしているんですか?

(吉田豪)みなさん、芸能活動をしている方なので。基本、だから僕と出会った時からの芸能的な歩みの話を聞いたりするので1時間っていうのがアイドルの方の場合は多いんですよ。

(水野しず)へー。

(吉田豪)それとか、運営の人だったりとか……ぱいぱいでか美さんの場合は、あの人はまた芸能枠とは微妙に違うというか、アイドル枠じゃないんで。あの人の場合だけただの雑談だったりとか。雑談枠の人もいるんですよ。上坂すみれさんの回もほぼ雑談だったし。

(水野しず)本当ね、絵恋ちゃんが出ている時とか……。

(吉田豪)見たんですか?

(水野しず)いや、「見たいな」って思うんだけど、ちょっとシステムがよくわからなくて……。

(吉田豪)大丈夫ですよ、お金は取られないですよ(笑)。

(水野しず)フフフ、別に払ってもいいんだけど……なんかちょっとごめんなさい。でも、それは自分の努力不足なんで。うーん……。

(吉田豪)そこまで、アクセスするところまでたどり着けない。

(水野しず)なんか、うん。「SHOWROOM」っていう……ごめんなさいね。

(吉田豪)全然言っていいですよ。

(水野しず)なんかSHOWROOMって……どういうこと?って思って(笑)。

(吉田豪)まあ一般名詞ですもんね。SHOWROOMって。ただの。なんなんだろう?っていう。

(水野しず)うん。なんか着眼点って思って。「SHOWROOMって、そこかい!」みたいな。なんか、「陳列棚」ってそれは起業家目線みたいな(笑)。なんかすんなり受け止められないみたいなところがあって。

(吉田豪)「アイドルとかを陳列棚に並べていますよ」みたいな感じっていうか?

(水野しず)いや、そんな悪い意味じゃないんですけども。「僕たちはこういうフォーマットを作っています」みたいな目線が経営者目線だなって思って。で、自分の中にその配信をするやつとして、Abemaみたいなものとしてスッと入ってこなくて。でもそれって、そんなに……もうちょっと便利にならないかね?

(吉田豪)フハハハハハハッ!

(水野しず)仕組みが、なんかないですか? 便利……自分の脳の仕組みが便利にしたいんですけど(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ! 脳の仕組みの問題?(笑)。

(水野しず)いや、それは別にどうでもいいんですけど、SHOWROOMってそういう、SHOWROOMが経営者目線だからちょっと配信するものとして(自分の中に)入ってこないとか、どうでもいいじゃないですか(笑)。

(吉田豪)どうしてもそれを乗り越えるのが大変なわけですよね?

(水野しず)うーん。そうなんだよね。それをスッと、「これはそういうものです」っていう風にする方法ってあったらいいなって思うんですけど。ないですか?

(吉田豪)「ないですか?」。たしかにまあAbemaとかはわかりやすく「TV局ですよ」感は出しているじゃないですか。

(水野しず)そう。Abemaってスッとわかりやすいし、見れるんですけど。なんかSHOWROOMって見れないんですよ。なんか、「展示だよ」っていう風に……(笑)。不便だー!って思って。不便だー! 便利になりたい!って思って(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ!

(水野しず)便利になりたいんだが……どうしたら便利になれるか、方法を教えよ(笑)。

(吉田豪)たしかにわかりますよ。慣れないと……だから僕もブックマークをして、見る習慣をつけないとなかなか見ないし、知らない人のを見に行こうともしないし。なんかちょっとハードルがあるのはわかります。

(水野しず)うんうん。なんか、うん。でも、このこの画面がステージみたいになっていて。

(吉田豪)で、お客さんが下にバーッと集まって。

(水野しず)すごいね。ありがたいですね。

スポンサーリンク

路上投げ銭システムを採用

(吉田豪)で、またこのシステムがよくできていて。もともとこのSHOWROOMをやっている前田裕二さんっていう人が、これは有名な話ですけども、路上の弾き語り出身なんですよね。もともとものすごいハードコアな貧乏で、両親が死んで。で、路上で弾き語りしてお金をもらったりしていたから、それをこういうもので生かす。つまり、投げ銭システムを取り入れて。その投げ銭をした人がランキングに入るわけですよ。

(水野しず)ああ、なるほど。うん。

人生の勝算 (NewsPicks Book)
人生の勝算 (NewsPicks Book)

posted with amazlet at 19.04.03
前田 裕二
幻冬舎 (2017-06-30)
売り上げランキング: 700

(吉田豪)で、その人たちの名前を読み上げたりすることで、アイドルに名前を呼ばれたくてみんなが課金するみたいな、そういうシステムを作ったんですよ。

(水野しず)へー! ああ、そうなんですね。

(吉田豪)で、この番組は一切名前も呼び上げないし、課金してもスルーするという番組をやっております(笑)。

(水野しず)ああ、じゃあこれ、課金している人がいるかもしれないっていうことですか? ひええーっ!

(吉田豪)たまに課金をする人がいて、こっちは「えっ? 課金しちゃった!」って思っているという。

(水野しず)どんなコメントがついているんですか?

(吉田豪)結構好意的ですよ。

(水野しず)ああ、本当? 前にAbemaに出た時に視聴者コメントで……。

(吉田豪)Abemaは結構コメントの質が悪いです(笑)。

(水野しず)ああ、そうなの?(笑)。なんかね、「腹話術師」っていうあだ名がついたことがあって。それはなんか面白いなっていうか(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ!

(水野しず)しゃべり方で。

スポンサーリンク

AbemaTVの中高生ターゲットの番組作り

(吉田豪)なるほどね。時間帯によるんですよ。深夜とかである程度研ぎ澄まされた投稿が並ぶところもあるんですけど、基本それこそ早い時間とかだと中高生とかがスマホで見る感じなんですよ。そのノリでガンガン書き込むんで、結構コメントの質は悪いですね。

(水野しず)へー! でもいいね。中学生がスマホで。

(吉田豪)だから当然いやらしい番組が増えるし……っていう。

(水野しず)「いやらしい」っていうのはどういう感じですか?

(吉田豪)昭和、もしくは平成初期の深夜番組みたいな。『ギルガメッシュないと』的なものがすごい多いんですよ。

(水野しず)ちょっとわかんない。

(吉田豪)乳頭は出ないエロ番組みたいな。水着でガンガン……みたいな番組がやけに多いのはそういうことです。で、その時期を経て、いまは恋愛リアリティーショーみたいなものがどんどん増えてきているという。あれは全部10代に向けた企画ですね。で、その恋愛リアリティーショー企画に最近、結構ミスiDの子が参入してて……みたいな。

(水野しず)ああ、なんか出てましたね。ちょっとよくわかっていないけど。本当に、でももう少し、ちょっとレンジが狭いって思っていて。ちょっとごめんなさい。

(吉田豪)大丈夫ですよ。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました