スポンサーリンク

吉田豪と劔樹人 岡井千聖を語る

吉田豪と劔樹人 岡井千聖を語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

劔樹人さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんと岡井千聖さんについて話していました。

(劔樹人)(コメントを読む)「矢口さんが忙しければ岡ちゃんをゲストに……」。岡井ちゃんですか?

(吉田豪)いやいや、火曜The Nightの(岡野陽一さん)……。

(劔樹人)ああ、そうか。そっちのね(笑)。

(吉田豪)岡井ちゃんはいま、出るわけないじゃないですか(笑)。いちばんデリケートな時期なのに。

(劔樹人)そうですね(笑)。でもね、この話も僕、こういう場なんで。僕、ハロプロのファンをやっていて意見の相違でハロプロの他のファンの方から叱責を受けたり怒られたりとか叩かれたりとかっていうのももちろんあるんですけども。その中で僕、結構印象的だったのが岡井ちゃんをかばった時に結構……。

(吉田豪)それは今回の件で?

(劔樹人)いや、昔ですね。℃-uteの最後の頃。合コンというか飲み会をしているところが撮られたみたいなので。それは僕、すごい印象に残っているんですけども。で、実は岡井ちゃんに対してすごい、その岡井ちゃんを悪く言えないエピソードっていうのがあって。

(吉田豪)なんすか?

(劔樹人)それが結構……岡井ちゃんがまだ℃-uteで、あれは僕が『アフロの変』っていう番組に岡井ちゃんと出た時に。

(吉田豪)ダイノジ大谷さんですね。

(劔樹人)そうです、そうです。その時、マネージャーさんと一緒に話していて聞いた話なんですけども。こういうことって僕みたいな部外者が話すことじゃないんで、ずっとどこにも言っていなかったんですけども。岡井ちゃんがいま、こういう状態になっているから話してみたくなったんですけども。

(吉田豪)なんですか?

(劔樹人)岡井ちゃんが℃-uteをやっている時、だんだんテレビの仕事が増えていったじゃないですか。

(吉田豪)1人だけ。まあダイノジ大谷さん効果もあってね。

(劔樹人)そうそう。『アフロの変』のレギュラーとかに始まってバラエティー番組が増えていった頃に、担当マネージャーさんが「岡井、いま本当にいっぱいテレビに出ていてがんばっているから、給料を上げてもらおう」っていう話をしたらしいんですよ。「俺が上に言ってあげるから給料を上げてもらわないか?」っていう話をしたら岡井ちゃんは「昔、℃-uteが苦しかった時、鈴木愛理ちゃんとか矢島舞美ちゃんの人気で支えられていたところがあるから、いまは私ががんばる番だから私はそれはいいです」っていう風に断ったらしいんですよ。

(吉田豪)へー!

(劔樹人)だから、そのマネージャーさんはそれで「だから岡井のことは本気で売らなきゃいけないんですよ。こういう気持ちを持っている子なんで」って言っていて。僕は本当にそれ、感動をしちゃって。

(吉田豪)だってね、それこそ家庭的には結構お金に困っていたはずの側の家ですよ?

スポンサーリンク

基本的に「いいやつ」

(劔樹人)そうなんですよ。だからやっぱり基本的にすげーいいやつなんですよね。それで仲間思いだし。だからたぶん、本当に飲み会で撮られた写真とかなんで、本当に仲間だったんだと思うんですよね。で、仲間と「じゃあ、うちで飲んじゃおうか?」みたいな感じだったんじゃないですか? よくわかんないけど。だから、やっぱりその「いいやつ」っていうのがあるから、僕は本当に岡井ちゃんはあの時もそうですけども。絶対に悪く言いたくないっていうか、そういうのがあるんですね。心情的に。

(吉田豪)うんうん。

(劔樹人)だからいまもこうしてちょっと引っ込んじゃってますけども。でもまあ、本当にそういういい子なんで。本当にね……もうみんな、応援してほしいなっていうね。いや、根はいいんですよ。本当に。間違いもあるかもしれないですけども。本当にそういうね、仲間思いな……「いいやつ」っていう表現がすごい合っているかもしれないですね。

(吉田豪)そうですね。恋愛で怒る人も気持ちもわからないでもないけど、恋愛で怒る側にはなりたくないなとは思いますね。僕は。

(劔樹人)ああ、なるほどね。

(吉田豪)「付き合うなんて!」という側にはなりたくないという。

(劔樹人)だからいま、僕は岡井ちゃんのこういう話でね、みんなに岡井ちゃんのことを……。

(吉田豪)「悪いやつじゃないんだよ」っていうね。

(劔樹人)そう。本当に悪いやつじゃない。それは本当になによりだと思うんですよ。

(中略)

(吉田豪)(コメントを読む)「岡井はいま、絶対に呼べない」。それはそうです! (コメントを読む)「岡井ちゃんの家庭」。そうなんですよね。お父さんがいろいろとやらかした家系で……っていう流れなのもドラマですよね。

(劔樹人)そうですよね。本当に『八日目の蝉』っていう映画じゃないかな?ってちょっと思ってしまいました。いろいろと苦労をしたけども結局、妻子ある人を好きになってしまうみたいな。

(吉田豪)それはね、ちょっと前までの加護ちゃんも近いじゃないですか。どうしてもね、親の家庭環境とかを引きずるんですよ。

吉田豪 加護亜依の波乱に満ちた人生を語る
吉田豪さんが2011年にTBSラジオ『小島慶子キラ☆キラ』でしたトークの書き起こし。元モーニング娘。加護亜依さんの波乱に満ちた人生について話していました。

(劔樹人)うん。

(吉田豪)加護ちゃんがよくあっちに戻ってこれたっていう風に思いますけどね。(コメントを読む)「岡井ちゃん、かっこよすぎ」。

(劔樹人)いや、本当にそうなんですよ。

(吉田豪)(コメントを読む)「ハロオタは不祥事があった時にメンバーを叩きすぎ」。

(劔樹人)でもハロオタに限らないですよね。テレビのタレントさんとかだともっとすごいですよね。

(吉田豪)うん。(コメントを読む)「応援する、幸せになってほしい」「矢口はいまでも叩かれている」。そう、これですよね。本当に。「えっ、まだ言われるんだ?」って思いますよ。

(劔樹人)いま、矢口さん面白いと思うんですよね。

(吉田豪)超面白いですよ。矢口さん、何年前だよ?って思いますよ。「メディアに出すな」的なこと、いまだに言われるみたいですね。

(劔樹人)ああー。ベッキーさんとかもそうなんですか?

(吉田豪)だろうなって思いますね。(コメントを読む)「火曜The Nightで岡井は復帰してほしい」。難しいだろうなー。矢口さんの産休で代打?(笑)。あそこ、別に不倫枠じゃないからさ(笑)。

(劔樹人)そうですね(笑)。でもなんか、戻ってきてほしいな。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました