スポンサーリンク

赤江珠緒とカンニング竹山 ピエール瀧逮捕後のたまむすびを語る

赤江珠緒とカンニング竹山 ピエール瀧逮捕後のたまむすびを語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤江珠緒さんとカンニング竹山さんがTBSラジオ『たまむすび』の中でピエール瀧さんの逮捕後の番組について、リスナーたちの反響も交えながら話していました。

(赤江珠緒)午後1時になりました。いかがおすごしでしょうか? こんにちは、赤江珠緒です。

(カンニング竹山)こんにちは。お邪魔しております。カンニング竹山です。

(赤江珠緒)障子に目あり、クロード・チアリ(笑)。

(カンニング竹山)それ、だから古いよ(笑)。それ、誰が言い出したんだ?っていうね。

(赤江珠緒)いやいや、前番組のジェーン・スーさんがね、最後におっしゃっていましたが。そういうことですね。そこからのクロード・チアリさんだったという。

(カンニング竹山)そうなんだ。だからクロード・チアリさん……って誰が言ったんだ? 誰のギャグなんだろうね、あれね。俺はせんだみつおさんじゃないかなって。あのへんの世代、言いかねないでしょう?

(赤江珠緒)たしかに(笑)。さあ、いまね、サラッとカンニング竹山さんに入ってきていただいておりますが。木曜パートナーのピエール瀧さん逮捕ということで、今日は月曜日担当のカンニング竹山に来ていただいております。

(カンニング竹山)いやいや、サラッと言うんじゃないよ。読み方が悪い(笑)。

(赤江珠緒)たしかに、読み方が。いや、だってもんな文言で人を紹介したことってないもんですから。なんともはやっていうことですけども。

(カンニング竹山)まあね。めったにないからね。まあしょうがない。

(赤江珠緒)でも、竹山さん。本当に来てくださってありがとう。お忙しいのにね。

(カンニング竹山)とんでもない。とんでもない。

(赤江珠緒)本当にお忙しい竹山さんなのに、考えてみたら『木梨の会』にもね、しょっちゅう呼ばれ。そしてたまむすびもこういう時には週に2回も登板してくださり。竹山さんね、もうあれですよ。TOKYO FMに憧れていますけど、赤坂の人ね。

(カンニング竹山)いや、J-WAVEね。TOKYO FMも憧れてますけども(笑)。

(赤江珠緒)あ、J-WAVEに。でも、赤坂の人ですよ。よろしくお願いします。

(カンニング竹山)これはヤバいなって思っていたからね。遊んでいる時、朝にね。

(赤江珠緒)「たまむすび、ちょっとヤバいぞ」って。

(カンニング竹山)みんなで遊んで泊まっていたんですよ。横でね、小峠とザブングルの加藤と、あとはスパローズの大和がパンツ一丁でグーグー旅館で寝ていて。俺だけいつものように早起きしちゃって。

(赤江珠緒)ああ、竹山さんいつでも早く目が覚めるっておっしゃってましたもんね。

(カンニング竹山)みんなを起こすのも悪いし……ってスマホを見たらこうなっていたから。これはヤバいぞ……って。

(赤江珠緒)ことの重大さということで。

(カンニング竹山)そうですよ。で、偶然今日の昼間は空いていたからさ、カミさんとさ、買い物に行く約束をしていたのよ。(小声で)で、変なことを言うとさ、行きたくなかったのよ……。

(赤江珠緒)アハハハハハッ! いやいやいや。

(カンニング竹山)そもそもね、いまカミさんいないから。どっか行っていて聞いてないと思うから。(小声で)俺、行きたくなかったのよ。

(赤江珠緒)そのアリバイ作りのためにたまむすびを(笑)。

(カンニング竹山)「木曜、行きたくねえな」って思っていたら、そのニュースを見たから。もうすぐに(プロデューサーの)阿部ちゃんに電話よ。「俺、空いてるぜ」って(笑)。

(赤江珠緒)アハハハハハッ! 本当、ありがとうございます。あのね、「ありがとうございます」という意味では昨日、たまむすびを放送したわけですけども。その放送中も放送後も、とにかくリスナーのみなさんからたくさんメッセージをいただきまして。ずーっと夜中なんかもどんどんメールが来て。1500通以上、瀧さんのことについてみなさんがいろんな思いを語ってくださってね。メール、届いています。ありがとうございます。

(カンニング竹山)ありがとうございます。

スポンサーリンク

リスナーからの反響

(赤江珠緒)ちょっとだけご紹介をさせていただきますと、こちらは……みなさんね、本当に思いが強すぎてラジオネームがほとんどなくて、本名で書かれている人が多いので本名は飛ばしますね(笑)。「ヨウコ」さんからいただきました。「赤江さん、スタッフ・パートナーのみなさま、いつも上海でラジオクラウドを使って拝聴させていただいております。海外で1人、心が折れそうな時など、たまむすびでみなさんのお気楽、楽しいおしゃべりに何度となく癒やされてきました。今回のニュース、本当に驚きました。たまむすびに関わるみなさんのお気持ちを想像すると胸が苦しくなります。残念ながら、ここから私が直接できることというのは実際には何もないとは思いますが、ただただ世界中にたまむすびが大好きで応援している人がいることを伝えたくてメールしました」。

(カンニング竹山)ありがとうございます。

(赤江珠緒)こちらも「ミユキ」さん。「ずーっと考えても小粋なことが書けませんでした。たまちゃん、本当これからも聞くよ。元気な声を聞かせてね」とかですね、「竹山さん、たまちゃんをよろしくお願いします。これからもチームたまむすび、応援しています。瀧さんの社会復帰、瀧さんには私たちはもう会えないとは思うけど、社会復帰をみんなで支えてあげてください。リスナーはピエール瀧さんを忘れることはありません」とかですね。

(カンニング竹山)ありがとうございます。

(赤江珠緒)こちらは墨田区の30代の方。「いつも1歳児を育児しながら楽しく聞くだけのサイレントリスナーでしたが、はじめてメールします。ただならぬ状況、また複雑な心境の中で赤江さんが謝罪をしつつ、瀧さんへの感謝を述べられていた冒頭の言葉を聞いて、たまむすびに対する深い愛情をとても感じました。と、同時にこの優しい赤江さんを悲しませるなんて……と悲しくなりましたが、率直に言葉にしてくださったことで素晴らしいなと思ったし、安心したし、たまむすびを応援しようって思いました。表には出ないスタッフの方々のおかげで毎日当たり前にたまむすびを聞けていました。改めて本当にありがとうございました」ということでね、本当にたくさんいただきました。

(カンニング竹山)ありがとうございます。

(赤江珠緒)でね、いまこの30代の方のメールにありましたけども、昨日の放送でいうと私が謝罪したっていうのはね、これは「瀧さんに代わって」って瀧さんのことを謝罪しているわけじゃなくて。それはもう瀧さんがしたことで、瀧さんが謝ることでね。私がリスナーさんに「申し訳ないな」って思ったのは、たまむすびっていうお店だとしたら、うちはなんか朗らかな、どうでもいいバカっぽい話をね、このお昼にお届けするっていうことをモットーにやってきた店なのに、来てくださったお客さんに今日はそういう商品をお届けすることができないっていうことへの申し訳なさで「申し訳ない」って謝罪をしたのであって。

(カンニング竹山)はい。

(赤江珠緒)なんでしょうね? まあ、一応私の冠の番組になっている以上、店主としたらピエール瀧さんといううちの看板娘でもあり、そして瀧さん独特の作った味の商品。和菓子、おまんじゅうだとしたらね、その人が出すお料理が今日はないんですよ。申し訳ないっていう、そういう意味合いの謝罪ですので。本当の謝罪っていうのはもちろん当人がね、しなきゃいけないことですし、私が代わりにできることでもないということだけはちょっとね。私が言葉足らずだったので、そこが伝わったかな?って思いながらやっておりました。

(カンニング竹山)はい。

(赤江珠緒)まあでもね、そういう意味では瀧さん、花板さんという意味ではね。あの人、トイレに行って手も洗わない人ですけども(笑)。あの人の作ったものを喜んでいる人もね、まあたくさんいたわけですから。当然、その人たちのショックというものもね、その1500通のメールを読んでも伝わってきますし。

(カンニング竹山)そうですね。

(赤江珠緒)うん。いまだに心と頭が自分の中でも私も乖離しているところがあるんですけど。いま、言いましたようにたまむすびという店はまあ明るく、そういう時間をお届けしたいっていうのをモットーにしていますので。

(カンニング竹山)そうですね。店は開いていますからね。今日も。

(赤江珠緒)開いてますから。そんな気持ちでやっていきたいと思います。いや、しかしですよ、竹山さん。いずれは、いつかはね、まあピエール瀧さんとしてはあれかもしれないですけども。これだけうちの店にも迷惑をかけよって、あの看板娘は。だからいつか、タダ働きとかさせてもいいんじゃないですか?

(カンニング竹山)フフフ、だからいつか、結局復帰して謝らなきゃダメですから。まあいまはね、順番がありますから。徐々にね。いまはやっぱり、まあ法律違反なことをやったから、それに対する罰はあるじゃないですか。日本に住んでいる限りは。

(赤江珠緒)はい。

(カンニング竹山)だからまずそれをやって。あと、瀧さん自身がやっぱりこれ、薬物使用っていうのは病気ですから。だからその病気とともに、それを治しながらどんどん社会復帰をしないと。

(赤江珠緒)治療をしなくちゃね。

(カンニング竹山)それはだって一生っていうわけにはいかないんだから。だから治療をしながら、徐々に働けるようになったら働きだして。

(赤江珠緒)その時には……タダで働かせよう。たまむすびのいろんなことを(笑)。

(カンニング竹山)そうですよ。まずはリスナープレゼント(笑)。

(赤江珠緒)アハハハハハッ!

(カンニング竹山)メール出しとか(笑)。メールを出す。しゃべりながらメールも出すっていうね。

(赤江珠緒)そうそう。本当にうちの番組、いろんなスタッフがいま、リスナーの方も慮ってくださいましたけど。いろんな仕事がありますから(笑)。

(カンニング竹山)そうですね。その時には、もう(笑)。

(赤江珠緒)その時はふんだんに(笑)。

(カンニング竹山)50代でしょうけど、働いてもらおうっていうね。まあ、50代は元気ですからね。

(赤江珠緒)そう思っております。いやー、しかし、ねえ。大丈夫ですかね。うちの店は?(笑)。

(カンニング竹山)店は、お客さんがいっぱいいますから。うちの店をかわいがってくれているお客さんがいっぱいいますから。あとはずっとそれでもう1回信頼といいますか、ちゃんと……。

(赤江珠緒)フフフ、これを機にうちの店も見直さなきゃいけないところはないですか? 大丈夫ですか? こんなおバカな感じで店を開きましたけど。いいですか?

(カンニング竹山)「見直さなきゃいけない」ってなると、もう根本……まだまだいろいろあんのよ!

(赤江珠緒)フハハハハハハッ!

スポンサーリンク

見直すならば根本から

(カンニング竹山)根本、もっと早くいろいろとしなきゃいけない、見直さなきゃいけない問題がいっぱいあるのよ。ただ、本当にお客様方が……リスナーというお客様方が「いや、それでいいんだ」っていう風にかわいがってくれたから。自分の家の近所にある商店はおんぼろだと。でもうちの近所はこれでいいんです!ってやってくれたから、こうやって長年やれていますから。

(赤江珠緒)そういうことですね。

(カンニング竹山)努力はしなきゃいけない。それに甘えちゃいけないと思うけどね。努力しながらやりましょうよ(笑)。

(赤江珠緒)そうですね。だからこれを機に、私もいまたくさん送ってくださったみなさんのメールもしっかり読ませていただきますので。「こうした方がいいんじゃないか?」っていうようなご意見があれば(笑)。

(カンニング竹山)いや、「こうした方がいい」って言われて、あんたできる?(笑)。これ以上のこと、できる?っていう話だから(笑)。

(赤江珠緒)一応、受け止めさせていただいて(笑)。

(カンニング竹山)そうね。メールだけ読んでみてさ、自分の中でどう理解するかは自分の勝手ですから。

(赤江珠緒)そうですね。それができる、できないは知らんと(笑)。

(カンニング竹山)声を受け止める作業は必要ですから、声は受け止めましょうね。

(赤江珠緒)でも本当に、たくさん送っていただいてありがとうございます。

(カンニング竹山)ありがとうございます。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました