スポンサーリンク

DJ YANATAKE 宇多田ヒカル『Too Proud (Remix) feat. Yo-Sea』を語る

DJ YANATAKE 宇多田ヒカル『Too Proud (Remix) feat. Yo-Sea』を語る INSIDE OUT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

DJ YANATAKEさんがblock.fm『INSIDE OUT』の中で宇多田ヒカルさんの『Too Proud』のYo-Seaリミックスを紹介していました。

(DJ YANATAKE)はい、というわけでみなさん、告知しておりましたけども。大変お待たせいたしました。宇多田ヒカルさんのYo-Seaリミックスをこれからかけたいと思うんですが。これ、すごいんですよ。block.fm『INSIDE OUT』でエクスクルーシブでかけさせてもらうんですけど。まあ理由は……いろいろとちょっと情報がややこしくなっちゃってるんで。すでに。なんで、ちゃんと全部言います。もともと、僕はちょっと宇多田ヒカルさんのお仕事を……まあ本当に軽くなんですけどね。まあでもKOHHくんと上手く紹介できるタイミングがあったり、PUNPEEを上手く紹介できることもあったりとかして。まあ、俺の話を聞いてくれる人たちっていうか。

(渡辺志保)すごい!

(DJ YANATAKE)っていうか、あれなんですよね。これだけ日本の超トップをずっと走り続けている人たちなんでっすけども、ずーっと制作をあyっている方と宣伝をやってる方と本当にお世話になってるんですけど。たまにお話しをさせていただく機会があって。でもさ、ヒップホップ的なやり方とさ、やっぱりJ-POPとかでのやっていくやり方って全然違くて。そういう人たちに「いまのヒップホップはこういうプロモーションしてますよ」とか、「こういうやり方がフレッシュで面白いんですよ」とか言うと、すごい面白がって話を聞いてくれるんだよね。

(渡辺志保)おお、なるほど、なるほど。

(DJ YANATAKE)で、それに対してさ、ヒップホップってまあまあグレーなこととかもいっぱいあるけどさ、なんか全然否定をしないチームなのよ。すごい面白がってくれる。まず、そういうチームがあるっていうことがすごく、いいよね。それがまず大前提であるんですけど。で、やっぱりこれはね、本当になかなか難しいと思うんですけど。ビートジャックみたいな世界とかってさ、まあスーパー難しいじゃないすか。

(渡辺志保)まあ、そうですね。特に日本の大きいところに出しているとね、なかなか、どこまでがよしっていうのがね。

(DJ YANATAKE)そうそう。で、そういうものがあるっていう……ここではそのビートジャックの説明は割愛しますけども。そういうのがあるっていうのは前から話はしていたのね。で、『Too Proud』っていう『初恋』というアルバムに入っている曲のリミックスバージョンを作りますっていう。オリジナルはこの番組でも少し紹介しましたけど、ロンドンの全然知らない新鋭ラッパーのJevonくん……全然知らなかったんですけども。そのラッパーがフィーチャーされていて。イギリスのラッパーのラップが入っている曲だったんですけども。

DJ YANATAKE 宇多田ヒカル『初恋』参加ラッパー Jevonを語る
DJ YANATAKEさんがblock.fm『INSIDE OUT』の中で宇多田ヒカルさんの新作アルバム『初恋』の『Too Proud』にフィーチャーされているUK出身のラッパーJevonを紹介していました。

そのリミックスバージョンを作ろうということで、『L1 Remix』っていうのができたんですね。で、そのコンセプトとしては、「L1」っていうのは「Language 1」ということで「母国語リミックス」っていう意味で。それでアジア圏のラッパー、いますごい盛り上がってるし、ラッパーをフィーチャーして作ろうという。それは僕のアイデアじゃないし、宇多田さんチームの考えたアイデアなんですけども。韓国のラッパーと中国のラッパーとベトナムのラッパーがいます。

そういった時にどういう人がいいだろうって……もちろん、向こうで考えてたんですけど、その中に僕もいっぱいアイデアを出していたんですね。で、僕が提案したラッパーとかも実際に使われたりしたんですよ。で、「ああ、よかった、よかった」って思っていて。

スポンサーリンク

宇多田ヒカル 『Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)』

で、またその後にそのチームと話をしてたんですけど。「でも、Language 1で母国語っていうぐらいだから、僕はやっぱり日本人のラッパーのバージョンも聞きたいし、そういうのも入っててほしかったですよね!」みたいな話になっていて。で、プラスまあビートジャックみたいなこともあったんで。「じゃあ、ちょっとそういう提案してみようかな?」って。日本のヒップホップサイドからもそういうところにアプローチできないかな?っていうのをいろいろと話していて、今回のこのYo-Seaリミックスが作られることになったという。

(渡辺志保)ああ、なるほど。

(DJ YANATAKE)で、まあ僕はYo-Seaくんがいいなと思って。で、Yo-Seaくんにもこの話をして。俺らの方から「ビートジャックみたいなことをやりたい」ということで提案してやったんで、これはオフィシャルじゃないんだよね。言ってしまえば。なので今後、正規で配信されるとか、そういうことはない。

(渡辺志保)ああ、そうなんだ。

(DJ YANATAKE)ないです。

(渡辺志保)じゃあ本当にここだけで聞けるのかな?

(DJ YANATAKE)はい。だし、ラジオとかでは一応、かけさせてもらえることになったり。あとはYouTubeでは公開されます。明日(2月5日)の12時から公開されます。で、それに先駆けて『INSIDE OUT』でかけようかということになってですね。でも、こういうすごい超ヒップホップ的なことを、まあこっちからお願いしてやらせてもらっているんですけども。でもいま、しかもフレッシュな……日本でいちばんフレッシュと言ってもいいんじゃないですか? Yo-Seaくん、ヒップホップ界ではね。まあ、そういう子にやってもらいたかったんでこのリミックスを作ることができましたという感じですね。

まあ本当にYo-SeaくんとかDJ Nobu a.k.a Bombrush!とかね、その辺の助けがなければできなかったんですけども。あくまでも、こういうところで聞いたり、あとはまあDJの人とかにはクラブとかでかけてもらいたいな、ラジオとかでかけたいなっていう風には思っております。というわけでは、そういったバージョンではありますが、でもやっぱりここでブチかましてくれましたよ。Yo-Seaくんね。こちら、素晴らしい出来となっておりますんで。みんな、本当に超良かったら「#TooProudL1」っていうハッシュタグがあったりするので。あと「#YoSea」とかね、ハッシュタグ付けて感想なんかもつぶやいてくれれば嬉しいです。そういったわけで聞いてください。マジでワールドプレミア! 宇多田ヒカル『Too Proud (Remix) feat. Yo-Sea』。

スポンサーリンク

宇多田ヒカル『Too Proud (Remix) feat. Yo-Sea』

(DJ YANATAKE)はい。ただいま聞いていただきましたのはワールドプレミア。やったー! 宇多田ヒカル『Too Proud (Remix) feat. Yo-Sea』でございました。

(渡辺志保)すごい!っていうか、乗りこなしているYo-Seaくんがすごいって思っちゃった。

(DJ YANATAKE)そうだよね。で、これはまあひょっとしたら「俺はヒップホップしか聞かねえよ!」っていう人もいるかもしれないんですけども。あのセックスレスの歌で。これ、改めて明日、ビジュアライザーっていうのがYouTubeで公開されるんですけど。宇多田さんのリリックとか、まあYo-Seaももちろん頑張ってますけど。見てみると、やっぱり本当にすごいなと思って。みんな、ちょっとそういう観点でですね、歌詞まで注目して聞いていただければ嬉しいし、こういうアプローチを受け入れてくれる……まあ受け入れてもらっているのか、ちょっとわかりませんけども。

まあ勝手にやってるみたいなところはあるんですけど、まあやらせてくれてるチームがあってのということがね、本当にありがたいことでございます。とりあえずYo-Seaくんも本当にありがとうございました。バッチリです! で、かけたいDJの人とかがいたら、まあ連絡してみてよ!っていうね。本当にかけろよ!っていうね。という感じでございます(笑)。

(渡辺志保)(ツイートを読む)「このリミックスがきっかけでオフィシャルの新たな曲が生まれたらいいですよね」とか。

(DJ YANATAKE)そうそう。そういうさ、気に入ってくれたらそういうことも。わからないじゃないですか。

(渡辺志保)ねえ。宇多田さんもね、日本のこういうシーンに興味を持ってくださるかもしれない。

(DJ YANATAKE)だって、言ってみたらPUNPEEもKOHHくんもそういう路線ですからね。だって勝手に作って。PUNPEEくんも、KOHHくんだってね。


(渡辺志保)勝手にね、サウンドホニャララでね(笑)。ビデオもホニャララで(笑)。

(DJ YANATAKE)だからまずは、その第一歩としてはいいんじゃないかってね。

(渡辺志保)そうですね。ありがとうございます。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました