スポンサーリンク

吉田豪と竹中夏海 指原莉乃と中井りかを語る

吉田豪と竹中夏海 宇多丸を語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

振付師の竹中夏海さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』にゲスト出演。吉田豪さんと指原莉乃さん、中井りかさんについて話していました。

(吉田豪)(コメントを読む)「HKTを振り付けした時、指原さんと接点はありましたか?」。

(竹中夏海)ああ、そもそもね、HKTの『メロンジュース』っていう曲をやらせてもらったんですけども。指原さんからご指名をいただいて。

(吉田豪)へー!

(竹中夏海)それはなんでか?っていうと、もう何年も前ですけど『ゆび祭り』ってあったじゃないですか。

(吉田豪)はいはい。素晴らしいイベントでした。

(竹中夏海)ねえ。武道館でやった。

(吉田豪)もう1回やるはずがまだ行われていないことでおなじみの。

(竹中夏海)ねえ。公約……だけどまあ、忙しいですもんね。で、その『ゆび祭り』でPASSPO☆の振りを見てくれて。そのイメージで……みたいな感じで。だから割と、あんまりアイドルアイドルしていない、グワーッっていう。だから『メロンジュース』のサビってブワーッてなるんですけど。それは「『ゆび祭り』で見たPASSPO☆のイメージでロックな感じでワーッとかわいい感じとか関係無く、髪を振り乱して、みたいなイメージで」っていうオファーがあってやったので。

(吉田豪)はいはい。

(竹中夏海)すごい……「売れてる人、すげえ!」って思いましたね。指原さんは。

(吉田豪)ほう。

(竹中夏海)なんかもう、あれだったんですよ。振り入れ日も……指原さんの個人の仕事があまりにもあるので、振り入れの時間もちょっと違ったんですけども。

(吉田豪)死ぬほど忙しいですからね。『猫舌SHOWROOM』に出ていないことでおなじみの。指原さんプロデュースの回にね(笑)。

(竹中夏海)それで指原さんが振り入れが先だったのかな? でも、その後とかもその後にメンバーの振り入れってなっていたんで。「なんか生意気だったらもうガンガン言っちゃっていいですからね」とかって感じで言っているのとかが本当にプロデューサー目線っていうか。だし、いちばんいろいろとコントロールできる人。メンバーの気持ちも掴んでいる人だし。

(吉田豪)めちゃくちゃ上手いプロデューサーですよね。

(竹中夏海)いや、めちゃくちゃ上手い。

(吉田豪)天才的だと思うんですよ。HKTのプロデュース。

(竹中夏海)そうですね。うん。そう思いました。指原さんは。よくできた女。

(吉田豪)よくできた女(笑)。仕事で会っても普通に感心しますもん。「なんでこんな忙しいのに、移動中に寝ればいいのに、なんで僕らと雑談してるんだ?」っていう。「吉田さんのTwitterのこの前のあれ、最高でした。ヒャハハハハッ!」みたいな。「そんなのまで見てるんだ……ゲスい!」っていう(笑)。

(竹中夏海)ああ、そうそう。そういうところも全然かっこつけなくて。いいですよね。

(吉田豪)地下アイドル事件簿みたいなのにすっごいがっつく感じの(笑)。「あれ、本当なんすか!?」みたいな(笑)。面白いなって。

(中略)

(吉田豪)(コメントを読む)「中井りかを第二の指原にしようとしている」。別物だと思いますけどね。

(竹中夏海)またちょっと違いますよね?

(吉田豪)全然違いますね。

(竹中夏海)まあ、違いますよね。

(吉田豪)共通点はひとつだけなんですよ。これ、インタビューでも言ったんですけども。2人とも忙しいから効率厨っていうか。効率の悪いスタッフに厳しいっていう(笑)。これだけは共通点(笑)。

(竹中夏海)なるほど(笑)。豪さんから見た指原さんと中井りかちゃんはどういう感じでそれぞれ、どう違うんですか?

スポンサーリンク

2人とも効率厨

(吉田豪)でも決定的に違うと思いますけどね。指原さんはやっぱりオン・オフの使い方っていうか……中井さんは本当に、なんだろう? 頭がおかしいんですよ。なんでこんな明らかに言っちゃいけないことばかりインタビューで言っているんだろう?っていう話をさんざんして、「これ全部載せてくださいよ。私、全然いいんで!」って。「あの、載せたいですけどこれ、たぶん原稿チェックでカットされますよ」「ええーっ?」って。「カットされるのもったいないから、言いふらしていいですか?」って言ったら、「言いふらしてください!」みたいな。「本当にこれ、言いふらしていいの?」みたいなことを平気で言うっていう(笑)。頭がおかしい(笑)。

(竹中夏海)へー!

(吉田豪)名言マシーンですけどね。

(竹中夏海)指原さんは?

(吉田豪)指原さんはもっとちゃんと大人で、言っちゃいけないギリギリのことは言うんだけど、それをちゃんと載せられるレベルで言うっていうか。ナタリーでインタビューした時が印象的で、ちょうど『ハッシュタグ○○』みたいな、SNSをテーマにした曲を出した時のインタビューで。

(竹中夏海)うん。

(吉田豪)ちょうどTIFの直後だったんで、TIFの時に指原さんが泣いたみたいな話があって。「あれ、なんだったんですか?」みたいに聞いたら「うーん……じゃあ、言っちゃいますよ」みたいな感じで「うちのグループの裏アカがバレたんですよ」みたいな(笑)。そこから始まって。「私が『やるな!』って言っているのにまだやるやつがいて。ふざけるなっていう感じで。だから『ハッシュタグ』っていうか『裏アカ禁止』って曲を作りたいぐらいですよ!」って。

(竹中夏海)ああ、言いそう(笑)。

(吉田豪)ちゃんと着地させるんですよ。

(竹中夏海)そうね。ちゃんとオチをね。

(吉田豪)たぶん普通にやったらアウトな話を普通にビジネスにするっていうか。

(竹中夏海)エンタメに昇華する。

(吉田豪)「うわっ、上手いな!」っていう。普通に感心する。

(竹中夏海)そうですね。指原さん。

(吉田豪)中井りかはそのへんはなにも考えてないっていうか。「載せられる」っていう発想がないっていう(笑)。

(竹中夏海)でも、中井りかちゃんはいま爆売れし始めているじゃないですか。去年とかから。変わっていくんですかね? そのエンタメになっていくんですかね? いまって「素材」っていうか。素材の面白さっていうところから。どうなっていくんですかね?

(吉田豪)本当に「厄介」っていう感じですからね(笑)。

(竹中夏海)厄介者(笑)。

(吉田豪)指原さんは「頭がいい!」っていう感じだけど。

(竹中夏海)ああ、そうですね。

(吉田豪)厄介さの面白さはあるけども。荒削りな。そしてこういう人を秋元康が面白がるっていうのもわかるという。

(竹中夏海)そうですね。うん。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました