スポンサーリンク

吉田豪と竹中夏海 宇多丸を語る

吉田豪と竹中夏海 宇多丸を語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

振付師の竹中夏海さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』にゲスト出演。吉田豪さんと宇多丸さんについて話していました。

(吉田豪)(コメントを読む)「バラいろダンディ、最高でした」。

(竹中夏海)ありがとうございます! あ、告知になっちゃうんですけど、2月8日にもう一度出演させていただきますので。

(吉田豪)おおっ、これは爪痕を残したっていうことですかね?

(竹中夏海)爪痕……まあ、宇多丸さんがいたからな。宇多丸ちゃん。

(吉田豪)宇多丸ちゃん(笑)。まあ、『タマフル』時代から宇多丸さんとはね、きれいにハマりっていうか。

(竹中夏海)そうそう。だからありがたいっていう。

(吉田豪)白飯の好きな人として。

(竹中夏海)そうそう。白飯の好きな人として。なんで、すごい全然緊張しなかったっていうのも大きいですかね。あと、私はデーブ・スペクターちゃんがめちゃくちゃ推しになりました。めっちゃかわいい!っていう(笑)。

(吉田豪)フフフ(笑)。おっさん推し。

(竹中夏海)そう。だから早く会いたいなって思っています(笑)。

(吉田豪)どうですか? 宇多丸さんについては。

(竹中夏海)宇多丸さんは本当に品のいい人ですよね。

(吉田豪)ジェントルですよね。

(竹中夏海)本当にそうですね。

(吉田豪)でもやっぱりヒップホップに悪い印象しかない時代にああいう人がいたら、そりゃあ目立つだろうなって思いますよね。

(竹中夏海)うんうん。そうですよね。

(吉田豪)だいたいみんなギャングスターみたいな感じで犯罪をしているんだろう?っていう時にあの酒ぐらいしか飲まなくて腰の低い人がいたら。

(竹中夏海)そう。だから『バラいろダンディ』でもちょうど言っていたんですけども。「捏造されていた」って言っていました。そういうキャラクターが浸透するまではそういうヒップホップ誌とかに載る時に一人称も「僕」だし敬語でしゃべっているのに記事になると「○○だぜ」みたいな風に(笑)。

(吉田豪)フフフ、気を使って(笑)。

(竹中夏海)気を使って(笑)。

(吉田豪)(コメントを読む)「酒を飲まなければいい人」。ねえ。

(竹中夏海)えっ? 「酒を飲まなければいい人」? 酒癖悪い?

(吉田豪)悪いですよ。

(竹中夏海)ウケる!

(吉田豪)フハハハハハハッ!

(竹中夏海)私、ヤノフェスの打ち上げで1回ぐらいご一緒しただけで、ほとんどプライベートで会ったことががないんで。お酒を飲むところも全然知らないんですけども。

(吉田豪)ある時期を突破した瞬間にもう、絡みモードになりますよ。

(竹中夏海)普段も酒癖が悪い自覚はあるんですか?

(吉田豪)ありはしますね。

(竹中夏海)で、普段飲むんですか?

(吉田豪)結構飲みます。

(竹中夏海)あ、飲むんだ。悪いけど、飲んじゃうよっていう?

スポンサーリンク

宇多丸VSギュウゾウ

(吉田豪)僕のいちばん好きな話がありまして。ギュウゾウさんとか掟ポルシェとかそのへんとみんなで飲んでいた時に、結構2時すぎぐらいかな? ギュウゾウさんはちょっと右寄りな人で、宇多丸さんは左寄りな人で。政治的な対立で。

(竹中夏海)ああ、めんどくさーい!

(吉田豪)結構燃えたんですよ。で、結構挑発的なことを宇多丸さんが言って、ギュウゾウさんは元右翼団体の方だからちょっとカチンと来て。「宇多丸くーん! 俺が若い頃だったらね、キレてるよ!」って言ったら、「いま、キレればいいじゃないっすか。殴ればいいじゃないっすか!」って(笑)。

(竹中夏海)アハハハハハハッ! 言いそう!

(吉田豪)「ほら、殴ってみればいいじゃないですか!」って(笑)。「悪っ!」っていう(笑)。

(竹中夏海)ヒップホップ(笑)。

(吉田豪)すごかった(笑)。

(竹中夏海)で、どうしたんですか?

(吉田豪)いや、ギュウゾウさんが折れましたよ。

(竹中夏海)ああ、偉い。優しい。

(吉田豪)「凶悪だな!」っていう。でも、聞いたらそれを結構ヒップホップの世界でもやっていたみたいですね。腕っぷしで勝てない相手に対して「やればいいじゃないですか!」って(笑)。

(竹中夏海)ダッセー!(笑)。

(吉田豪)でもそれによって勝ってきたっていうか。「これで手を出したらかっこ悪い」みたいな感じで追い込むっていう。

(竹中夏海)なるほど、なるほど。あいつ、頭がいいんだなー(笑)。

(吉田豪)頭いいですよ(笑)。恐ろしい男だって思いましたよ(笑)。

(竹中夏海)そうかそうか。酒癖が悪いんだ。ウケるな。酒癖、そういう悪さですか?

(吉田豪)基本、口論をしたくてしょうがないんですよ。

(竹中夏海)ああーっ!

(吉田豪)だから本当に思っていないことでもいいんですよ。ディベートをしたいっていう。誰かがなんか主張していたら、あえて反対側に回ってディベートするみたいな。

(竹中夏海)ああ、わかる。私も若い時、それをよく彼氏にやっていました。なんか、言葉で打ち負かしたいなっていう時があって(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ! 厄介(笑)w。

(竹中夏海)でも、他人にはやらないみたいな(笑)。友達とかにはやらないし。別に酒癖が悪いわけでもなくて。でもただ、なんか打ち負かしてやりたいみたいになった時、彼氏に「ちょっと今日、朝までそういうの、したいな!」って。

(吉田豪)フハハハハハハッ!

(竹中夏海)「ねえ、ちょっと! 寝ないで、寝ないで! まだ終わってないから!」って(笑)。よくやってたなー(笑)。

(吉田豪)怖っ!(笑)。宇多丸さんもね、「論破ールーム(ロンパールーム)」って言ってよくいろんな人を論破するのが趣味で(笑)。

スポンサーリンク

論破ールーム

DJ JIN 宇多丸の相手を帰さない議論 論破ールームを語る
DJ JINさんがFMヨコハマ『サイプレス上野と遠藤舞のBay Dream』に出演。宇多丸さんが相手を論破するまで続ける議論、通称『論破ールーム』について話していました。

(竹中夏海)フハハハハハハッ!

(吉田豪)怖いことしてるなーって思いながら(笑)。潰された知り合いが何人かいましたからね。

(竹中夏海)へー!

(吉田豪)言葉でボコボコにされて。

(竹中夏海)へー! 面白い!

(吉田豪)でも、なんだろうな? 拳で殴る方が仲良くなれる気がして。最終的に。

(竹中夏海)特に男の人はそうですね。きっとね。

(吉田豪)そうそう。意外と言葉でやられた方がね、恨みが残る(笑)。

(竹中夏海)フハハハハハハッ!

(吉田豪)という、僕の認識です(笑)。

(竹中夏海)そうですね。残りますもんね。殴られたのって別に記憶もそんなに残らないしね。フフフ(笑)。

(吉田豪)あの、言葉でのやり合いってね、「やるじゃねえか!」になかなかならないんですよ。意外と遺恨が残るっていうね。

(竹中夏海)なるほど!

(吉田豪)という風に僕は認識してますね。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました