吉田豪とGLAY HISASHI X JAPANを語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 76
スポンサーリンク

GLAYのHISASHIさんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんと武道館アイドル博へのPATAさんゲスト出演など、X JAPANについて話していました。

(吉田豪)でも、本当に時代が変わったと思ったのが去年の武道館アイドル博ですよ。武道館アイドル博って知ってます?

(HISASHI)詳しくは知らないですけども。

(吉田豪)武道館に大量のアイドルが……1000人近いのかな? ものすごい数のアイドルを集めて物販だけをするという。

(HISASHI)ああ、PATAさんが出ていたやつ?

(吉田豪)そうなんですよ。要は、ダイナマイト・トミーさんがイベント自体をやっていて。ダイナマイト・トミーさんに騙されてPATAさんが8時間のアイドルとのトークっていう。配信を組まれて。

(HISASHI)あれ、俺配信を見たんですけど。

(吉田豪)見たんですか!?

(HISASHI)見た見た。

(吉田豪)フハハハハハハハッ!

(HISASHI)だって、普通にステージじゃなくて、アリーナでやっていましたよね? 「なんだ、これは?」って思って。普通になんか剣道の試合みたいな色の照明で(笑)。

(吉田豪)そう(笑)。全くそういうところに予算をかけていない、ただの物販のイベントなんで。

(HISASHI)トミーさん、やるな!

(吉田豪)そこにずーっとPATAさんが「俺はなんでここにいるんだろう?」って空気をすごく……(笑)。

(HISASHI)俺もキャスティングをTwitterかなんかで見て「PATAさん……?」って(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハハッ!

(HISASHI)「PATAさん、こういうの好きだっけな?」って。

(吉田豪)なんの興味もないですよ。控室で会った時点でぼやいていましたから。「俺はなんでここにいるんだ……」って(笑)。

(HISASHI)豪さんも?

(吉田豪)僕もいたんですよ。僕はPATAさんのケアをずっとしていたんですよ。

(HISASHI)フハハハハハハハッ! 正しい!

スポンサーリンク

武道館アイドル博でPATAさんのケアをずっとしていた

(吉田豪)「PATAさんはね、こんなことをしないでも武道館に立てる人なんですよ!」っていう(笑)。でもえらいのが、やっぱりX JAPANのちゃんとしたファンの人が5人ぐらい、フラッグとかを持ってずっと見ているんですよ。8時間、PATAさんの配信を。「えらいなー!」っていう(笑)。PATAさんと一緒にずーっと最後までがんばっていて。

(HISASHI)へー! トミーさんといえばフリーウィルで声優さんがパンクナンバーを歌うっていうアルバムを……『パンコレ』かな?

(吉田豪)あれ、フリーウィルなんですか? 

(HISASHI)フリーウィルじゃなかったでしたっけ?

あれ、僕、大好きですよ。

(HISASHI)あれ、いいんですよ!

(吉田豪)The Exploitedのカバーを桃井はるこが歌うとか。最高のアルバム。

パンコレ~voice actresses’legendary punk songs collection~
オムニバス 門脇舞以 田中理恵 後藤邑子 桃井はるこ 清水香里 池澤春菜
エイベックス・エンタテインメント (2009-02-25)
売り上げランキング: 13,457

(HISASHI)あれ、フリーウィルじゃなかったっけな? 誰か教えて。

(吉田豪)大好きですよ!

(HISASHI)フリーウィルだったかな? それを見て「トミーさん、さすがだな!」って思って。

(吉田豪)いま手がけているトゥラブっていうアイドルグループにもニルヴァーナのカバーをさせたりとか。どこかでなにかをやらかそうとしてはいるんですけど。でも、衝撃を受けたんですよ。あれも。トミーさんが何者かを知らないオタがいま、トミーさんがチェキとかを撮っていて。

(HISASHI)フハハハハハハハッ!

(吉田豪)トミーさんにダメ出しとかしているらしくて。「お前ら、この人が誰だかわかってんのか! 本当に怖い人だぞ!」っていう(笑)。

(HISASHI)ああ、なるほどね! そうなるか!

本当は怖いダイナマイト・トミー

(吉田豪)トミーさんがチェキを撮る時代が来るか!っていう。僕はずっと武道館アイドル博でトゥラブっていうグループが来るたびに「トミーさんはどんな人ですか?」って聞いて「やさしいお父さんみたいな人です」って言うたびに「トミーさんは、本当に怖い人ですよ!」って(笑)。

(HISASHI)俺、『激突!!』が好きで。

(吉田豪)ああ、COLOR。大好きですよ!

(HISASHI)部屋に飾ってましたよ。

(吉田豪)トミーさんっていうのはわかりやすく言うと、中学を卒業した後に家の前を通る悪い人から通行料を取って生活をしていたような、そんな人ですよっていう。ヤクザになるか、バンドをやるかでバンドを選んだ人です、みたいな。

(HISASHI)「東のX、西のCOLOR」と言われたような。

(吉田豪)本当に怖かった時代(笑)。トミーさんは本物ですよ。

(HISASHI)いや、COLORはもう、函館に来てくれたんですよ。金森ホールっていうライブハウスに。で、俺ら友達とスタッフのふりをして楽屋とか入って。「なんか必要なもん、ありますか!」とかって(笑)。

(吉田豪)ただのファンとして(笑)。

(HISASHI)ただのファンとして。でもすごい優しかったですね。

(吉田豪)本当、だからトミーさんがアイドルに絡んでいることからなにから、すごい時代が来たと思ったらそこにPATAさんまで絡まれるという(笑)。すごかったですよ。だってなにかゲーム大会に優勝をすると、PATAさんとチェキが撮れるっていう企画を3回ぐらいやって。PATAさんがアイドルとハートマークを作ってチェキを撮っていて(笑)。

(HISASHI)フハハハハハハハッ!

(吉田豪)「それ、僕がほしいよ!」っていう(笑)。

(HISASHI)世代的にはやっぱりね、そうっすよね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする