スポンサーリンク

渡辺志保とDJ YANATAKE 2018年ヒップホップ年間ベスト大賞

渡辺志保とDJ YANATAKE 2018年ヒップホップ年間ベスト大賞 INSIDE OUT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

渡辺志保さんとDJ YANATAKEさんがblock.fm『INSIDE OUT』の中で、2018年のヒップホップを振り返り。8部門に渡ってベストな作品やアーティストを選び発表していました。

(DJ YANATAKE)じゃあ、改めて行ってみましょうか。我々『INSIDE OUT』クルーが選ぶ2018年ベスト、『INSIDE OUT』アワード! やったー!

(渡辺志保)フゥーッ! よいしょー!

(DJ YANATAKE)今日、クリスマスなんだよね。クリスマス・イヴね(笑)。

(渡辺志保)忘れてたー(笑)。みんな、ちょっとなにもすることなくて『INSIDE OUT』に集ってきてくれたみんな、ありがとう! そしてメリークリスマス!

(DJ YANATAKE)「お前ら、家で聞いてるんだろ?」っていうね。

(渡辺志保)本当に、なにやってんだ? チキン食ったか?っていう感じですけども、私とヤナタケさんとで話し合って、各部門を作りまして。で、お互いの意見をぶつかり合わせながらそれぞれの該当作品を……。

(DJ YANATAKE)実は初めてやってみたパターンですけども。でも、ほぼほぼ一緒だったよね。

(渡辺志保)ほぼほぼ一緒でしたね。で、まあほら、この番組『INSIDE OUT』、しかもblock.fmでやっている『INSIDE OUT』ですから、ちょっと番組のトーンというかカラーというか、そういったところも反映したチャートというかアワードにまとまったかなと思っております。じゃあさっそく、ひとつ目から紹介していきますかね。まずは……そうそう。今回、もう1個画期的なのが、洋楽部門と邦楽部門。海外部門と日本部門をそれぞれ作っておりますので。たとえばまあベストソングとかもアメリカバージョンと日本バージョンということで2曲ずつ、2アーティストずつ紹介していきたいと思うんですけども。

まずひとつ目に発表するのは、ベストコラボレーション・オブ・ジ・イヤー! というわけで、まずベストコラボレーション。今年も本当に素晴らしいコラボ曲がたくさん発表されました。そしてヒップホップってやっぱりフィーチャリング文化が非常に盛んでございますので。誰々 feat. 誰々っていうね、そういうフィーチャリングのケミストリーっていうのが2018年も非常に豊作だったかなと思うんですけど。まずこのベストコラボレーション・オブ・ジ・イヤー、日本国内部門は、DJ Chari & DJ Tatsuki『22vision (feat. Yo-Sea & Ry-Lax)』。

(DJ YANATAKE)やったー!

スポンサーリンク

DJ Chari & DJ Tatsuki『22vision (feat. Yo-Sea & Ry-Lax)』

(渡辺志保)やったー! まあ、チャリくんとタツキくんは本当に今年『THE FIRST』っていうアルバムをリリースしましたけども。そこから結構もうフロアヒットも飛ばしていましたし。あと、ストリーミングとかでも結構盛り上がったんじゃないかなって思いますね。

(DJ YANATAKE)そうですね。で、チャリとタツキのは本当にね、コンピレーションみたいなアルバムであったとはいえですね、やっぱりさすがDJ2人が作っただけあって。DJの我々としては本当にかける曲がいっぱいあったし、実際かかってた。クラブで本当にたくさんかかっていた。中でも、結構最初の頃にビデオも……ビデオもいっぱい作ったのも。7、8本作ったって言っていたかな?

(渡辺志保)いつ撮っているのかしら?って思いながらね。

(DJ YANATAKE)アルバムから7、8本、ビデオを撮っていて。やっぱりビデオになるとみんなの認知度も広がるっていうのもあったと思うんですけど。でも、そういった中で実はビデオになっていなくて、これはリミックスバージョンがビデオになっていたんだけど、実はオリジナルがクラブでじわじわ盛り上がり始めて。っていう流行り方が面白かったのがこの曲でしたね。『22vision』ね。

(渡辺志保)あんまり、だから日本のヒップホップシーンにはない流行り方をしたっていう印象がすごく強いですね。

(DJ YANATAKE)これ、いまも本当にピークぐらいでDJとかライブが盛り上がってるんじゃないかなという曲ですね。だから結構長い……ここ半年とかかけてじわじわじわじわっと流行ってきた曲ということで。いいコラボレーションができたんじゃないでしょうかね。

(渡辺志保)はい。ありがとうございます。というわけでベストコラボレーション部門、国内はDJ Chari&DJ Tatsukiの『22vision (feat. Yo-Sea & Ry-Lax)』でした。そして、海外部門はこちら! カーディ・B、バッドバニー&J・バルヴィン『I Like It』! イエーイ! 悩んだけどね。

スポンサーリンク

Cardi B, Bad Bunny & J Balvin『I Like It』

(DJ YANATAKE)これも悩んだ。

(渡辺志保)悩んだけど、なんと言っても私は今年、カーディ・Bは推しに推してきた……まあ去年から推しに推してきた。そしてバッドバニーもね、私、今年の春先ぐらいですか。『INSIDE OUT』で新人特集をやった時にバッドバニーが今年、よりブレイクするんじゃないか?って。

で、J・バルヴィンは去年は『Mi Gente』とかで盛り上がっていましたけども。で、かつカーディ・Bこの『I Like It』って本当にラテンノリの曲でビルボードで1位を取ってあれだけヒットさせたっていうのはいろんな意味ですごいブレイクスルー感があったなと非常に思います。たとえば去年もね、『Despacito』とかカミラ・カベロの『Havana』とかの流行もありましたけども。その流れをくんでラテンのパワーっていうのも感じましたし。なんせカーディ・Bのパワーも感じた。ちなみに今日、ちょうどバッドバニーもアルバムを出してましたけども。この勢いがまだ、どんな風に派生していくのかっていうのは非常に楽しみなところでございます。というわけで、ベストコラボレーション海外部門。

(DJ YANATAKE)そうね。やっぱりこのラテンの流れ、レゲトンっぽい流れとかっていうのは今年を語る上では絶対に外せないですからね。

(渡辺志保)結構私もどんなイベントに行っても1回ぐらいはこのレゲトンタイムがどんなイベントにも出てきたような気がします。

(DJ YANATAKE)他にはね、結構『ブラックパンサー』のね、あそこでケンドリック・ラマーが作ったコラボレーションの妙みたいなのもすごく……。

(渡辺志保)『All The Stars』とか『King’s Dead』とか。

(DJ YANATAKE)すごいいいのはあったんですけども、やっぱり今年のそのラテンの流れはここで語っておきたいなという感じでございますかね。

(渡辺志保)そんな感じです。というわけでベストコラボレーション・アワードはカーディ・B、バッドバニー&J・バルヴィンの『I Like It』を推したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました