大槻ケンヂと吉田豪 欅坂46と平手友梨奈を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 72
スポンサーリンク

大槻ケンヂさんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんとPANTAさんと上坂すみれさんについて話していました。

(吉田豪)『乃木どこ』がちょうどハマったんですか?

(大槻ケンヂ)『乃木どこ』、よかったね。『乃木どこ』はいいね。うん。

(吉田豪)フフフ(笑)。

(大槻ケンヂ)だって欅坂まで行くと、もうわかんないわけだよ。だけど、本当に普通のおじさんみたいなことを言うけどさ、この間欅坂のライブをBSかなんかで見てさ。ほら、踊る子いるじゃん?(笑)。

(吉田豪)「踊る子」(笑)。雑すぎてわかんないですよ! 誰の話?

(大槻ケンヂ)平手さんか。すごいね!

(吉田豪)すごいですよ。

(大槻ケンヂ)俺、すぐアイドルを「すごいね!」って言っちゃうけど(笑)。単純なおじさんだよね。

(吉田豪)フフフ、平井堅の後ろで踊ったりとかしていた子ですね。

(大槻ケンヂ)すごいね、あの子! すごいね!

(吉田豪)平手さんが響いた?

(大槻ケンヂ)いや、っていうかさ、すごいって思ったのがこの間、代表の方が亡くなったけどさ、月蝕歌劇団っていうさ、ザムザ阿佐ヶ谷とかでやっている女の子ばっかりのアングラミュージカル演劇のがあるじゃん?

(吉田豪)はいはい。制服向上委員会とつながりも深い。

(大槻ケンヂ)あれさ、欅坂を見たんだけどさ、やっていることはさ、基本月蝕歌劇団なんだよ。あと、『ライチ☆光クラブ』みたいな世界観なわけだ。丸尾末広的なわけだよ。なんだけど、それを何万人もいるところでやって。で、センターであの平手ちゃんか。取り憑かれたように踊っているじゃん? あれ、すごいね! 普通に驚いているんだけど(笑)。びっくりした。

(吉田豪)でも言っていることは平手大ファンの大森靖子さんも同じようなことを言っていて。「欅が大好きなんだけど、欅は私たちとかいろんな人たちが作ってきたものをすべて上手く大きな規模で取り入れている感じがして。こんなのをやられたら、勝てるわけがない」みたいな言い方はしていました。

(大槻ケンヂ)そう! 俺も全く大森さんと同じことを思っていた。「あっ! そこを狙う!」って思ったよ。あれはすごいわ。

スポンサーリンク

サブカルチャー的な要素をメインカルチャーへ

(吉田豪)サブカルチャー的な要素を上手くメインカルチャーで……っていう。

(大槻ケンヂ)なんかさ、旗とか持ってきてさ、ブワーッてやる時、あれみたいだと思った。YMOの『プロパガンダ』。あれみたいな感じだったね。

(吉田豪)それはね、ナチスモチーフみたいなのを使って怒られたりとかもしますよっていうね。たぶん目指す方向は近いんだと思うんですよ。

(大槻ケンヂ)うん。全体主義的な。そんなところなんだろうな。まあ、だから単純にアイドルで言うと、いまだに普通にさ、フェスで一緒になったアイドルに普通に驚くっていう。「すごい子いるね!」っていう(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ!

(大槻ケンヂ)あれだな。いろいろと驚いた子はいるけども、あの子たち、元気? 生ハムと焼うどん。

(吉田豪)ああ、大変ですよ。だから。こっちに1人ずつ来ましたけど。まあね、決裂して、大変なことになり。

(大槻ケンヂ)らしいね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする