スポンサーリンク

吉田豪 アーバンギャルドファンクラブ加入を語る

吉田豪 アーバンギャルドファンクラブ加入を語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーバンギャルドの浜崎容子さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんがアーバンギャルドのファンクラブに加入した件について話していました。

(吉田豪)そんなわけで浜崎さんとはなんとなくいろんな……もともと僕がアーバンギャルドのファンだっていうのもあって。

(浜崎容子)ありがとうございます。

(吉田豪)普通にいろいろ共演したり……。

(浜崎容子)なんでファンなんですか?

(吉田豪)普通に音楽的に好きなんです。まあ、女子が歌うかわいい音楽はだいたい好きっていう僕の中のルールがあって。音楽ジャンルは関係ないんですよ。僕はパンクもアイドルも女子が歌う……僕のCD棚って「男と女」「日本と外国」でしか分けてなくて(笑)。

(浜崎容子)フフフ(笑)。

(吉田豪)そうなんですよ。全ジャンル入っているんですよ。「女子」に。アイドルだろうがAV女優だろうがパンクだろうが全てが「女子」という枠。そういう中でもいいなっていうので普通に聞いてきて。仕事したりなんだりの機会もあり。そして、最近になって僕はファンクラブに入るという流れもあり。

(浜崎容子)豪さんがなぜかアーバンギャルドのファンクラブに入ってくださったんですよ。

(吉田豪)恐ろしいのが一発でバレたんですよね。

(浜崎容子)あれはね、まずファンクラブの事務局から「間違いだったら申し訳ないんですけど、『吉田豪』という方が入会希望をしてきているんですけども……これはあの豪さんでしょうか?」って確認が来て、私が「住所が新宿区だったら豪さんで間違いないです」って言ったら「新宿の方ですね」っていう。

(吉田豪)正解!っていう(笑)。

(浜崎容子)「ああ、じゃあ本当にそうなんですね」って話になって。面白かったですね。

(吉田豪)ちょうどその時期にブログで込み入った話をされていて。

(浜崎容子)込み入った話、しましたね。

スポンサーリンク

ファンクラブ限定ブログで込み入った話

(吉田豪)で、それがファンクラブ限定だったので。で、それもあっさりバレてたんですよね。「豪さん、私のブログを見るためにファンクラブに入りましたね?」って『夏の魔物』で会うなり言われて(笑)。「えっ、怒られるのかな?」って思ったら全然違って。「いや、そうじゃないんです。お金を払ってでも情報を得ようというその姿勢に感動しました」っていう(笑)。

(浜崎容子)いや、吉田豪の男を見ましたね。私は。「これぞ男だ」って思いましたね。本当に。知り合いだから……やっぱりそういう深い感じの話をFCのブログとか、会員さんしかみれないようなところで書くと、中途半端な知り合いが「なにを書いたの?」って来るんですよ。それが私、ごめんなさい。あんまり好きじゃなくて。

(吉田豪)はいはい。わかりますよ。

(浜崎容子)で、「いや、それはちょっと……」って。

(吉田豪)それで言うか!っていう話ですよね。デリケートだからああいう場に書いているのに……っていう(笑)。

(浜崎容子)言わないですよ。で、そういうこともせず。「何を書いたのか、教えてくれませんか?」っていうこともなく、自ら飛び込む姿勢。もう、素敵(笑)。

(吉田豪)ありがとうございます(笑)。課金することで多少の信頼が(笑)。

(浜崎容子)いや、あれでもう吉田豪さんのことがファンになりました。

(吉田豪)ありがとうございます。

(浜崎容子)日めくりカレンダー、買うべき?

(吉田豪)フハハハハハハッ! 課金した分(笑)。

(浜崎容子)課金した分ね。何冊買えばいいんだろう?

(吉田豪)全然、全然(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました