スポンサーリンク

吉田豪 山本太郎の素顔を語る

吉田豪 山本太郎の素顔を語る 小島慶子キラ☆キラ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉田豪さんがTBSラジオ『小島慶子キラ☆キラ』で2011年12月にしたトークの書き起こし。2002年に俳優・山本太郎さんを取材した際の模様を話していました。

ひとり舞台 脱原発-闘う役者の真実-

(小島慶子)今日は俳優の山本太郎さんにインタビューした時のお話と。

(吉田豪)まあ、だいぶ前の話なんですけどね。はいはい。1974年生まれで現在37才。まあ、3月の震災以降、Twitterで原発関連の発言をしたりで、それが原因で予定されていたドラマを降板。で、5月には『事務所に迷惑をかけるわけにはいかない』という理由から、事務所を辞めてフリーになって。脱原発を訴える署名活動とかで最近、かなり話題になっている方なんですが。

(小島慶子)はい。

(吉田豪)まあ2002年に僕、ダ・カーポでインタビューしてるんですよ。『夜を賭けて』という映画のプロモーションで。で、読みなおしてみたらすごい面白かったんでね。この話でもしてみようかなという。まあ、本当に異常にテンションが高いんですよ。あの人。取材時のテンションも尋常じゃなかったんですけどね。で、そのテンションの高さは子どもの頃からで。山本さん曰く、『普通の人とは違って体の中でハイテンションになる物質が作られている。そういう機関があると思う』って言っているような人で。

(ピエール瀧)(笑)。格闘家向きだよね。それね。

(吉田豪)ですね(笑)。痛み感じないタイプっていう。子どもの頃の話だけでむちゃくちゃで。3才くらいで車にひかれても、親に怒られると思ってそのまま歩き出したっていう。

(小島慶子)ええーっ?

(吉田豪)まあ、それぐらい親が怖かったっていう。『信号青の時のみ、しかも右見て
左見て右見て』っていうのを徹底的に言われていたのに、それを無視してしまったっていうことで。『車にひかれたことよりも、親に怒られる!どうしよう?どうしよう?とドキドキしている間に体はもう治っていた。自然治癒力』っていう。

(小島慶子)えっ?そんなはずないでしょ?(笑)。

(吉田豪)怖い怖い!っていうのがもう・・・『痛くないです!』って言いはったみたいな(笑)。

(小島慶子)そんな・・・

スポンサーリンク

『元気が出るテレビ』のダンス甲子園でデビュー

(吉田豪)まあ、そんな人がテレビデビューが、お馴染み『元気が出るテレビ』の『ダンス甲子園』だったわけですけど。あれも本人曰く、なりゆきなんですよね。

(小島慶子)そうなんだ。

(吉田豪)ええ。山本さん、元気が出るテレビ、見てなかったんですよ。見てなかったんですが、学校で周りのみんなが『ダンス甲子園にテンションの高い奴らが出ている。特に、いまきた加藤がすごい!尊敬するわ、あいつら』ぐらいのことを言っていて。まあ、いまきた加藤、たしかにすごかったんですけど。山本さん、それが気に入らなかったんですよ。

(小島慶子)うん。

(吉田豪)本人、まあね、学校ではずば抜けてテンション高い存在で。みんながそこまで言うのなら・・・っていうんでダンス甲子園を見てみたら、みんなが言うほどじゃない。お前ら、なに見てんねん?普段俺のこと見てんのに、何を言うてんねん?ということで。

(小島慶子)(笑)。俺を見ろ!って思ったんだ。

(吉田豪)激怒。俺を見てんのに、なんであれで騒ぐ?っていう。

(ピエール瀧)いままで俺のどこを見ていたんだ!?と。

(小島慶子)プライドがね。そうなんだね。

(吉田豪)で、みんなに分からしたろ!と思ってハガキ書いて。つまり、芸能界に入って有名になってやろうとかじゃなくて、あいつらよりも俺の方がテンションが高い!ということを教えてやるっていう。それだけの理由で、出たんですよ。テンション勝負で。

(小島慶子)そうなんですか(笑)。

(吉田豪)そしたらまあ、メロリンQというね、海パン1丁で乳首とかをつまみながら踊る異常なテンション芸で大ブレイクしたわけですけど。まあ、最初のチーム名は『アジャ・コング&戸塚ヨットスクールズ』っていうね。

(ピエール瀧)(笑)

(吉田豪)まあ、山本さん曰く、『戸塚ヨットスクールズはチーム名というよりも、家のこと』って言っていて。まあ、母子家庭でお母さんがすごい厳しかったんですよ。で、なにか悪さする度に、『戸塚入れんで。戸塚にもう電話したから』って言われていて。最初はビビッてたけど、何度も言われるうちに、これは脅し文句やなと悟って、まあその名前を使うようになったっていうことなんですが。

(小島慶子)ふーん。

(吉田豪)その時のテーマ曲は、イギリスのヘビーメタルバンド、ジューダス・プリーストの『Painkiller』だったんですけどね。

(吉田豪)まあ、ジューダス・プリーストっていうのはね、ボーカルがかなりハードゲイな人なことで知られるバンドなんですが。『どうしてこの曲だったんですか?』って聞いたら、『勢いで見せるっていう意味ではあれぐらいスピード感がある曲で。それでいて、歌詞とかを読んでも「イカれ取るな、こいつら!」みたいな。そんなイカれ具合もマッチしていた』っていうことで。

(小島慶子)そうなんだ。

(吉田豪)たしかにものすごいインパクトで。ただまあ、インパクトありすぎたせいで本人曰く、『だから僕の目標はデビュー作を超えること』って言っていて(笑)。

(小島・瀧)(笑)

(吉田豪)まあ、いくつになっても『メロリンQ』と言われるという。

(小島慶子)そうね。でも、強烈でしたもんね。やっぱり印象が。

スポンサーリンク

『僕の目標はデビュー作を超えること』

(吉田豪)強烈でしたよっていう。ただ、本人曰く、『ダンス甲子園は楽しかったのは最初の2、3回だけで、あとはちょっと義務的な感じだった』って言っていて。要は『制作サイドから「またたのむよ。今週もね、Qを!」みたいなこと言われると、反骨精神たっぷりだから困らしたろうかな?ぐらいのことを思う。別にギャラもらっているわけじゃないし、もらえるものって言ったらマズい○○○の・・・あっ、これ言うたらアカンわ』っつって。要は、いつも出されるのは、とあるところのハンバーグ弁当で。

(小島慶子)ああ。

(吉田豪)山本さん曰く、『子どもはハンバーグ好きだっていうのはわかるけれど、毎回ハンバーグ弁当かよ!みたいな』っていう。ノーギャラで弁当だけ食わされていただけらしいんですよ。

(小島慶子)そうなの!へー!

(ピエール瀧)あいつら、ハンバーグさえやっておけば、なんでもやるから!みたいな。

(吉田豪)そう(笑)。ガキだから!っていう(笑)。

(小島慶子)『やった!テレビに出られてハンバーグもらえる!』って来るだろうと。

(ピエール瀧)ハクション大魔王じゃないんだから。

(吉田豪)そうそう(笑)。

(小島慶子)ひどいね!

(吉田豪)しかも、だってビデオとかになって、それも売れてたんですよ。大ベストセラーですよ。

(小島慶子)でも、ぜんぜん本人たちには入らなかった?

(吉田豪)入るわけもなく。潰れかけていた制作会社が立ち直って、社員全員にボーナスが出たらしいんですけど。その話を聞いたら、『いまだったらそれで潤った人たちがいるなら、幸せ配達人みたいな。そういう楽しみ方ができる余裕もありますけど、当時は俺、ハンバーグ弁当やぞ!みたいな』っていう。当たり前ですよ(笑)。

(小島慶子)ねえ、そりゃそうだ。

(吉田豪)『俺たち労働者を無視して!みたいな、大人の汚い世界を見てしまった』っていう。まあでもそれでね、そのまま本当、芸能界に入り。で、16才で俳優デビューをするわけですよ。元気が出るテレビに出ている時に東映からオーディションの話があって。さらには歌手デビューもしたんですが。

(小島慶子)へー!

(吉田豪)それは山本さんの本意ではなかったんですよね。本人曰く、『事務所が当座のお金に困って・・・っていう感じで。わかんないですけど。でも、どうせやるんだったらパンクをやりたい!』っていうことで、それまで書き留めていた言葉みたいなのを歌詞にしたらしいんですよ。それが、『お前の家の裏庭に地雷を埋めてやる ぶっ飛びやがれ この野郎』みたいな。で、それを『どうですか?』って出したら、『うん、お話にならないです』って言われたって(笑)。当たり前ですよね(笑)。

(小島慶子)そんな歌詞・・・

(吉田豪)で、山本さんとしては、『じゃあ一体なにをやるわけ?』って言ったら、『君は黙って俺たちの言うとおりにしていれば売れるから』って言われて。だからもう本人、全くやる気がなかったと。で、レコーディングの時は普通ヘッドホンをつけるんですが、当時山本さん髪の毛を立てていたから、『髪の毛がつぶれるの嫌だから、イヤホンにしてください』って言って。『山本くん、イヤホンで録ってもいいけど、歌っていうのは一生録り直しがきかないいよ?髪は水につけたらまた立つじゃないか』って言われても、『嫌やからイヤホンにしてください』っていうね。

(小島慶子)うん。

(吉田豪)そんな感じで完成したアルバムのタイトルが、『悪い大人に騙されて』っていうね。

(ピエール瀧)すごいね、ジャケット、これ。

(小島慶子)ジャケットが・・・

(吉田豪)ふんどし1丁ですね。

(小島慶子)なんか、なんでバリの踊りをしている人たちの手前で、赤いふんどし1丁で・・・

(吉田豪)まあ、後のウルルン出演につながる感じのジャケですけどね。

(小島慶子)拳を天に突き上げた。山本さんが。

(吉田豪)で、いまの山本さんもまあ、ギラギラしてるんですが。若いころは違った意味でギラギラしていて。本人曰く、周りにいる大人は困り果ててましたよ。「こいつを操縦できるのは誰や?」みたいな』。まあ、放送事故も何回もあったって言っていて。この歌を出すことが決まって、ニッポン放送で4つぐらい番組ブッキングされていたらしいんですよ。

(ピエール瀧)うん。

スポンサーリンク

親友 伊集院光のラジオに乱入

(吉田豪)で、打ち合わせに行った帰りに、たまたま伊集院光さんの『Oh!デカナイト』の放送中だったと。で、伊集院さん、親友だったんですよね。山本さんの。で、スタジオに押しかけてエンディングに伊集院さんに、『今日はゲストが来てくれてます。山本太郎くんです』って言われて、『イエーイ!どうも!』『山本くん、元気だね』って言われて、『はい!シャブ打ってまーす!』って言って、ブッキングされていた番組が全部飛んだっていう(笑)。その後、ニッポン放送との付き合いがなくなったっていう(笑)。

(小島・瀧)(笑)

(小島慶子)なんちゅうことを・・・伊集院さんと、仲良しなんですか?

(吉田豪)そうなんですよ。ただ、こうやってテンションの高い人が『シャブ打ってます』っていうのは完全にアウトじゃないですか。誤解以外何もないっていう(笑)。『答えが見えた!』ってなっちゃうから、それはいちばん言っちゃいけないギャグだったっていう(笑)。

(小島慶子)ふーん。

(吉田豪)伊集院さんとすごい仲が良かったんですが。で、びっくりしたのが、伊集院さんが新婚旅行から帰ってきたら、伊集院さんのマンションの玄関にペンキで大きく『祝 結婚』って書いてあったっていう話があるんですよ。

(小島慶子)うわー・・・

(吉田豪)当然、犯人は山本さんでっていう。その話を振ったら、『結婚式、呼ばなかったんですよ。あいつ。どう考えても当時、親友と呼べるのは僕しかいなかったくせに』っていう。

(小島慶子)(笑)。それでちょっと腹いせも込めて、ペンキで?

(吉田豪)そうです。まあ伊集院さん曰く、芸能人ぜんぜん呼んでなかったらしいんですけどね。奥さんと仲良かったオセロの中島さんしか呼ばなかったくらい小さな結婚式だったんですが。でも、呼ばなかったのは悔しいと。なおかつ、山本さんが16才の頃から伊集院さんとの付き合いだったんですけど。当時山本さんは周りが引くぐらいイケイケで。その時、伊集院さんの彼女が伊集院さんに『私と付き合うんだったら、あの人と付き合わないで』ぐらいのことを言ったらしくて。『それで、付き合いがなくなったんですね。日和りやがって!』っていうことで。

(小島慶子)(笑)

(吉田豪)『いつか、この力をわからせてやろう!』と誓い・・・で、伊集院さんが軽井沢で結婚式を挙げたという話を聞いて。『クソ!ロマンチック街道一直線か。そろそろお祝いしないといけないな』と思い。でも、包むほどのお金は持っていなかったから、取りあえず気持ちだけは伝えようと思って、シューッ!と書きに行ったっていうね。

(小島慶子)(笑)

(吉田豪)で、その時に思ったのが、『伊集院さん夫婦に今度子どもが生まれたら、「命名 悪魔」ってペンキで書いたろうと思って』って言っていて。『でも、なかなか子ども作らないんで、もうそこまでテンション上げにくい』って言っていて。

(小島慶子)なにと戦っているんだろう?(笑)。

(吉田豪)わからないですね。迷惑の一言っていう(笑)。

(小島慶子)(笑)

(吉田豪)で、その2002年のインタビューで言っていたのが、『40才くらいでビッグウェーブが来る』っていう。現在、37才なんですけど。『まあ、そういう風にでも思っていないとモチベーション上げられないっていう部分がある』って言っていて。で、やりたいことは、『演技力で競っても経験も少ないし、実力も知れているわけだから、世界には通用しない。そうなってくると、インパクトで勝負しなきゃいけない。世界に太郎を知らしめるために、演技力で迫れないんだったら、数字で迫ろう』っていうことで。

(小島慶子)ふーん。

(吉田豪)たとえばその、『「レイジング・ブル」の時にロバート・デ・ニーロが10何キロ増量したとか、トム・ハンクスが「キャスト・アウェイ」の時に20何キロ増量したとか。そんな話を聞くと、演技力では勝てないけど、体重を増やすことなら勝てるんじゃないか?ただね、太った役ができるとなったら、やっぱり限られてくるから、山下清か、もしくは相撲の話か。で、相撲の話でドラマチックな話だとしたら、貴乃花物語や!相撲のダークな部分まで踏み込んで。そういうのをアメリカの監督かなんかに撮ってもらいたい』って(笑)。

(小島・瀧)(笑)

(吉田豪)そして、主演をしたいっていう(笑)。

(小島慶子)ねえ。夢は具体的な方が。

(吉田豪)『デ・ニーロに演技で勝てないなら、数字とインパクトで勝つ。勝ちたい!(力士ボイスで)「どうですか?」みたいな』っていうようなね。でも、まあたしかに山本さんだったら世界でも通用できるような気がするんですよね。ウルルン滞在記でも現地の人相手に一切ひるんでなかったし。

(ピエール瀧)ハマりは良かったですよね。

(小島慶子)うん。

(吉田豪)そうなんですよ。ってうか、『ウルルンでペニスケースつけていて、あれがすごいインパクトだった』って言ったら、『とにかくペニスケースをつけたかった』って言っていて(笑)。

(小島慶子)あっ、そうだったの?

(吉田豪)ぜんぜん変わってないんですよ。要はだから、メロリンQの時のテンションのまま、いちばんペニスケースが似合う男として出たかったっていう。

(小島慶子)ふーん。

(吉田豪)まあ、だから『そうやって言葉なしで通用する部分があると思うんですよ』って言ったら、山本さんが『そうです。セリフのない役だったら、絶対イケる自信ありますよ。勢いで』っていう。『もしも無声映画の時代やったら俺、スターやな』って言っていて。『チャップリンの動きとか見てたりすると、俺の真似してるんちゃうか?って思う瞬間もある。生まれてきた時代、間違ったなって思うことがある』って言っていて。

(小島慶子)ふーん。

(吉田豪)で、インタビューではこんなことも言っていたんですね。『昔は早く死にたい、早く死んでやると思っていたんですけど、最近は逆に長生きしないと中途半端な仕事っぷりになるなっていう心配が出てきた。このまま死んだら犬死にやな、みたいな。結果を残さないと意味がない』っていう。みたいな話を2002年に。

スポンサーリンク

『このまま死んだら犬死にやな』

(ピエール瀧)2002年だから、いま37才。9年前ってことは、28才くらいの頃の、これ発言の数々ってことですよね。

(小島慶子)そうなんだね。

(吉田豪)ハイテンションでしゃべって、インタビュー終わった瞬間が『はー!よくしゃべった!』ですからね。で、当時からギラギラしてるのがわかるのが、ひたすらもう、何度も連呼してたのが『たとえば政治力のある事務所にいて、実力とは別にどんどん仕事が来てっていうイケメン軍団じゃないですから。僕は。精神的なイケメンですから』とか。その、大手事務所批判をすごいしてるんですよ。ずっと、インタビュー中に(笑)。

(小島慶子)ふーん。

(吉田豪)『ほっといても仕事が入る事務所じゃないんで』みたいな。後は、テンション高くしゃべりすぎて、『ええと、質問なんでしたっけ?』っていうのも何度も聞かれて。『いま、なんの話をしてましたっけ?』とか。まあ・・・

(ピエール瀧)まあ、もう、グルグルグルグル頭の中をずっと回転してる感じの人だよね。なんかね。

(吉田豪)『普通、役者同士ってね、セコい奴多いから。ケツの穴のちっこい奴の集まりみたいなもんですから』って言った後に、『集まりじゃないな。半分ぐらい、そういう奴ですから。半分ぐらい、男らしい奴もいます!』とか。そういうテンションの。そして僕がずーっと気になっていたことも、1個だけ確認したんですよ。

(小島慶子)はい。

(吉田豪)あの、『山本さんってずっと気になってたんですけど、よくホモ説流れてますよね?』って言ったら、『そうなんですよ。原因のひとつとして、浮いた話がないというのと、体をよく出している。そしてピッタリした服が多いっていうのもあるんですが。そっち系の人にも好かれるし。あと、友達にゲイのやつがいて。「ゲイナイトやるから」って言われたから、ただのゲイナイトじゃおもろないやろ?昔の海軍の白い制服を用意しろ!って言って、それ着込んで行ったら、そこで紹介されて、みんな間違いない!と確信。「ゲイパワーを見せる時よ!」みたいな感じで踊っていたから、そっから広まったんじゃないか?』っていう(笑)。

(小島慶子)それは、もうメロリンQ的な本人は演出のつもりで?

(吉田豪)でしょうね(笑)。

(ピエール瀧)白い海軍の制服で乗り込むのは面白いけどね。たしかに(笑)。

(吉田豪)面白いけども、100%誤解を受けますよ(笑)。

(ピエール瀧)そうだね(笑)。

(吉田豪)本職の人でも、そこまでやりませんっていう(笑)。っていう方です。

(小島慶子)ふーん。その時には、別に世の中のこんな問題は許せない!とか、そういうことはぜんぜん?

(吉田豪)それはなかったですね。

(小島慶子)なかったんですね。

(吉田豪)芸能界の理不尽さ的な話をしていたぐらいでしたけど。

(小島慶子)そうなんだ。私、最近お会いしましたよ。ゴロウ・デラックススペシャルで。

(吉田豪)あれ、基本作家の人が出るっていうか。

(小島慶子)そうなんですけどね。今度、29日に放送ですけど。ちょっといつもと違う感じで、いっぱいゲストをお呼びして。

(吉田豪)社会派なテーマっていう感じで?

(小島慶子)うーん。もあり、柔らかいテーマもあり、みたいな。いろんな人を呼ぶんですけど、その中のお一人でご一緒したんで。気になる方は29日、ご覧ください。

(吉田豪)このテンションではなかったわけですよね?

(小島慶子)うん。そのテンションではなかったですけど。でも、まあカメラ回っていないところでも、割とよくね、お話になる方ですよね。明るい方でしたけど。29日、夜10時からゴロウ・デラックス。全国放送でスペシャルやりますから、ご覧ください。さて、吉田豪さんでした。また、来週よろしくお願いいたします。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました