スポンサーリンク

吉田豪と荻野可鈴 初対面の人に自分の職業を説明する面倒くささを語る

吉田豪と荻野可鈴 初対面の人に自分の職業を説明する面倒くささを語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

夢みるアドレセンスの荻野可鈴さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんと初対面の人に自分の職業を説明することの面倒くささについて話していました。

(吉田豪)でももともと、珍しいグループが出てきたなっていうイメージだったんですよ。

(荻野可鈴)ああ、珍しいですか?

(吉田豪)最初、よく言われていたのが「クラスの主流派だけが集まったグループ」とか。

(荻野可鈴)クラスのカースト上位みたいな?

(吉田豪)スクールカースト上位の。アイドル、特に最近、でんぱ組以降だと思うんですけど。クラスのスクールカースト低めの人たちがアイドルをやるケースが増えている中で、そうじゃない人たち。

(荻野可鈴)うん、でしたね。

(吉田豪)で、ちゃんと大きな会社が動いている感じもする。広告代理店とかちゃんとついている匂いもするっていう。

(荻野可鈴)はい。支えていただいてましたけども。でも、自分たちでは……アイドルを始める時、そこまでアイドル自体詳しくなくて。結構、アイドルをやることに対して抵抗があったというか。「できないっしょ」みたいな。人前で歌とか歌ったこともなかったし。だから見せれるようなものでもないし。

(吉田豪)まあね、ソロ曲を聞いても……ソロ曲、大好きなんですけども。歌い方、かなり独特の(笑)。

(荻野可鈴)アハハハハハッ! 「独特」じゃなくてただのクッソ下手くそなやつです、あれは(笑)。

(吉田豪)大好きなんですよ。コピンクのあの曲。

吉田豪選曲 コピンク+加護亜依 ガールズビート楽曲特集
吉田豪さんがbay fm『with you』の中で宮本佳林さん、浅川梨奈さんのコピンク関連楽曲と加護亜依さんのグループ、ガールズビートの楽曲を紹介していました。

(荻野可鈴)本当ですか?

(吉田豪)超好きな曲なんですけど……キーが全く合っていない感じなんですよ(笑)。

(荻野可鈴)言ったんですよ、あれ! 違うんです、それはね、違う!

(吉田豪)「これ、ものすごい低いよ」っていう(笑)。

(荻野可鈴)違うんです。その時はそれこそ、制作秘話があって。私は言ったんですよ。「もしこれをライブでやるなら、私は絶対に歌いませんからね」って。当時、もう歌に対する嫌な感じ。歌いたくない、できることならソロ曲はやりたくないぐらいの感じだったんですよ。

(吉田豪)まあ、声にコンプレックスが結構ある人なんですよね?

(荻野可鈴)そうです。声も歌もすごい嫌いで。当時。だからなるべく自分の声も聞かずに生きていきたいと思っていたんで。「ソロ曲なんて……」ぐらいの感じだったのに、しゃべる声がすごい高いから、最初にあがってきたのがすごく高かったんですよ。で、家で練習していたらのどちんこが取れそうだったんですよ(笑)。

(吉田豪)取れないですよ(笑)。まあ、歌えるわけがないレベルのキーの高いのが来ちゃったと。

(荻野可鈴)本当、なんかやかんのお湯が沸いた音みたいなくらいの高さの歌がきて。「これは無理だ」って思って言ったんですよ。「私、もう何個かキーを下げたのをくださるとうれしいです」って言ったら、「その無理やり出している感がいい。歌えてないからいい」って……・

(吉田豪)アイドルってそれなんですよ。

(荻野可鈴)そう。そうなんですよ。でもこっち的には嫌じゃないですか。無理のない範囲でそれなりに歌いたいっていうのだったんで。あれはもうライブでは歌えませんね(笑)。

(吉田豪)フフフ、さっきライブ動画を拡散しちゃいましたよ(笑)。

(荻野可鈴)やだー! ありました? 載ってました?

(吉田豪)ありましたよ。公式のが(笑)。

スポンサーリンク

荻野可鈴『いつかお姫様が』

(荻野可鈴)嘘? でもあれはちょっとだいたい元の音が流れているから(笑)。歌えないですもん。

(吉田豪)低すぎる!っていう(笑)。

(荻野可鈴)もう、高いですよ。

(吉田豪)いい曲なんですけどね。

(荻野可鈴)まあ、歌自体は好きなんですけど。でも「歌えない」っていう現実はあるので。

(吉田豪)アイドルをやるにはどうも歌もダンスも……みたいな部分があったんですか?

(荻野可鈴)そうですね。当時は……しかもアイドルのイメージってやっぱりキラキラしていて。なんだろう? 悪い言い方をするとブリブリしているイメージがあったんですけど。

(吉田豪)そのへんに対する敵意みたいなのはよく出しますよね。ラジオとかでもね。

(荻野可鈴)アハハハハハッ! 違う違う(笑)。「敵意」とかじゃなくて、なんだろうな? 「不自然だな」みたいな(笑)。

(吉田豪)「なにを無理してるんだろう?」みたいな。

(荻野可鈴)いや、「大変そうだな」みたいな、そういう思いはありまして。

(吉田豪)無理にそういうことはやりたくない人だっていうことですね。

(荻野可鈴)そう。だからあんまり無理してやっていても続かないだろうし。それこそ、結成当初は1ヶ月に1回だけ定期公演があって。それを3回連続やるっていうことで「多いな」って思ったんですよ。

(吉田豪)えっ? 月イチが?

(荻野可鈴)はい。「月イチもやんの? 多いな。ライブ、多くね? 1年で1回でよくない?」とか当時は思っていて(笑)。

(吉田豪)売れるわけないですよ、そんなもん(笑)。

(荻野可鈴)フハハハハハハッ! そんな、なんかここまでスタッフさんがやる気を出しているって思ってなくて(笑)。

(吉田豪)大人が本気で動いているってわかってなかった?(笑)。

(荻野可鈴)そう。当時、わかっていなくて。「事務所、どうしちゃったんだろう? いきなりおかしくなっちゃったのかな?」とか思って。で、フタを開けてみたらすっごいちゃんとしたアイドルだったんで。

(吉田豪)かなりちゃんとしていましたよ。インディーで1枚目を出した時点からお金がかかっている匂いがすごいするっていう。

(荻野可鈴)お金もかけてくださって。でも当の本人たちがあんまりそこまですごい……「このグループで絶対に私は売れたい!」とかいう気持ちも当時はそこまでなかったので。だから結構まあ、1ヶ月に1回を「多いな」っていう印象でした(笑)。

(吉田豪)適当なのに、「なんでこんなライブやっているんだろう?」みたいな。

(荻野可鈴)「私、モデルだけど?」って。その「アイドル」って言うの自体が嫌だったみたいな。

(吉田豪)ああー。そうなんですよね。基本、モデルの方々が集まっていて。京佳さんだけだったんですよね。モデルをやっていなかったのは。

(荻野可鈴)そうです。事務所が一緒で。そこの事務所で集まったグループだったんですけど。でも当時「アイドル」って言うのは嫌だったんですけど、いまでも結構言うのは嫌ですね。

(吉田豪)へー。

(荻野可鈴)仕事の時とかはいいんですけど。結構この業界だと夢アドの名前を知ってくださっている方が多いのでいいんですけど。じゃあプライベートの友達とか、その友達の友達とかに「仕事、なにしてんの?」って言われて。だいたいこの見た目なので芸能っていうのはすぐバレるんですけど。「アイドルをやっている」って言うのはすごい恥ずかしくて。

(吉田豪)説明が面倒くさいわけですよね。

スポンサーリンク

「アイドルをやっている」と言うのは恥ずかしい

(荻野可鈴)説明とか、あといまアイドル像ってイコール、「あのチェキでめちゃめちゃ密着している人」じゃないですか(笑)。世間では。

(吉田豪)フハハハハハハッ! なるほど! 「地上の大手以外はそういうビジネスをやっているんでしょ?」っていう(笑)。

(荻野可鈴)そう! で、そういう目で見られるのがすごい嫌なんですよ。夢アドは接触禁止ですからね(笑)。

(吉田豪)フフフ、夢アドはどのレベルなの? チェキは有り?

(荻野可鈴)チェキは限定で出していて。全部触るのはダメで。人は選べるし、写メもあるんですけど、接触はないので。だからいま、いわゆる世間で言われているような地下アイドルちゃんたちの印象が結構取り上げられることが多いから。結局そっちの印象が強くて。それこそ「胸がデカめの人が露出して近づいている」みたいな印象が世の中にあるから、すごい恥ずかしいんですよ。言うのが。

(吉田豪)なるほど。

(荻野可鈴)それで、それこそ夢アドがバーン!って売れていれば「実は夢アドっていうグループをやっていて……」「ああ、わかるわかる」って言われるけど、そこのレベルまでも行ってないから。だから、恥ずかしいんですよね(笑)。

(吉田豪)まあでもちょっとわかるのが、僕も説明が面倒くさいから。美容院とかでも説明とかしたくないんですよ。なにやっているのかとか。

(荻野可鈴)そう! そうなんですよ。

(吉田豪)知らない人に説明するぐらい面倒くさいことがないんですよ。

(荻野可鈴)そうなんですよ。「アイドル」って言ったら結構一般の方って質問事項がすごい多くなるじゃないですか。会話の中で。たとえば「この芸能人、どうなの?」とか。

(吉田豪)ああー。

(荻野可鈴)「髪を染めるのは事務所の許可が必要なの?」とか。もう「興味ない!」みたいな(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ! 「どうでもいいわ、そんなもん!」っていう(笑)。

(荻野可鈴)そう(笑)。「どうでもいいわ!」って思って。だからそういうのが面倒くさいんで……まあでも、仲良くなったらPVとかを見てくれるんで。感想とかも送ってくれるから割といいんですけど。やっぱり初対面がいちばん面倒くさいですね。自分のことをいろいろと話さなくちゃいけないので。

(吉田豪)で、モデルとかファッション系のことをやっている人からすると、やっぱりアイドルの方がちょっと低く見られたりとかもあるんですか?

(荻野可鈴)そうですね……。やっぱりモデルさんってみんなきれいで美人で足も長くてスタイルもよくて……っていう中で、アイドルって結構特徴的な方が多いじゃないですか。いろいろと。

(吉田豪)フフフ、はい。良くも悪くもね。

(荻野可鈴)良くも悪くも特徴的なところが多いので。割とモデルは「かわいい、きれい」。アイドルは「親しみやすいよね」みたいな(笑)。

(吉田豪)個性で勝負みたいな。

(荻野可鈴)「アイドルってかわいくなくてもできるんでしょ?」みたいな言われ方をするから。まあまあ……みたいな。「まあ、いろんな人がいますよね」とかって。

(吉田豪)フフフ、面倒くさいですよね(笑)。アイドル全体を守らなくちゃいけない。でもそれ、私の仕事じゃないし……みたいな。

(荻野可鈴)そうなんですよ。なんでいまも割と「仕事、なにしてんの?」とか、駆け込みで入ったサロンの美容師さんに聞かれる時は割と「大学生」とかって言ったりとかするんですけど。「大学、どこ行ってるの?」みたいに言われたら言えないので、とりあえず「あ、いま休学してて……人生見つめ直している時なんですよね」「じゃあバイトしてるの?」「いや、してないんで。ニートですねー」って言ってだいたい終わらせるとか(笑)。

(吉田豪)僕も美容院は一切会話せずに寝るっていう方針でやっていたんですけど。これでバレてないと思ったら、僕が帰った後に隣に座っていた人にバレてたみたいで。「さっきの人、吉田豪さんですよね?」ってお店の人にバラしたっていう(笑)。

(荻野可鈴)アハハハハハッ! めっちゃ気まずい(笑)。いつも行っているところですか?

(吉田豪)そう(笑)。「この前、聞きました」みたいに(笑)。

(荻野可鈴)へー! バレちゃいましたね。でもその入り方をすると調べてくれるからいいですよね。「あのお客さん、誰なんだろう?」って。たしかに。

(吉田豪)まだね。

(荻野可鈴)自分の口で言わなくちゃいけないのが……もう何十回、何百回と言ってきたことを。「アイドル界では知ってくださっている方、多いんですけど」っていうのを。

(吉田豪)アイドルの中では比較的いい位置ですよ。キャリアも長いし。知られてますよ。いい曲もいっぱい出しているし。

(荻野可鈴)いや、曲は本当にいいんですけどね。

(吉田豪)「曲は」(笑)。

(荻野可鈴)あ、引っかかっちゃいました?(笑)。曲はいいんですけどね、なかなか……いろんなファンの方がいるもんで。なんか、ねえ。音楽が好きで来てくれる方もいらっしゃいますけど、逆に夢アドの音楽が好きじゃないっていう人もたくさんいるし。難しいなっていうところもありますね。

(吉田豪)「もうちょっと王道アイドル曲があればいいのに」みたいなのもあるだろうし。

(荻野可鈴)ああ、そうですね。どうせこの見た目だったらやった方がいいんじゃないか? みたいにも言われるんですけど。なので今年の夏は結構王道に行ったつもりだったんですよ。

(吉田豪)なるほど。

(荻野可鈴)今年の夏は結構「夢アド、いいね」って言ってくださる本当にアイドル好きなアイドルファンの方が多かったなっていう印象ですね。

(吉田豪)本当、ねえ。スクールカースト高めの人がアイドルをやって。すごくうらやましい立場だと思ったら、それはそれで面倒くさいんだなっていまの会話でなんとなくわかりましたよね。

(荻野可鈴)アハハハハハッ! そうですね。割と、まあ生きにくい……(笑)。いろいろと生きにくい世の中ではありますね。

(吉田豪)京佳さんがもともとミスiDを受けて。その時に接点があったんですけど。その時に話していて印象的だったのが「他の人たちはモデルっていう武器があるのに、私はなにもない」みたいなことにすごいコンプレックスがあったみたいで。

(荻野可鈴)なるほど。そうですよね。周りがモデルの中、自分だけ……ってなるとちょっと、うん。当時はそれこそ思春期真っ只中だったので嫌だったのかなって思いますけども。いまとなってはもう武器がありますからね。

(吉田豪)「グラビア」という武器が。

(荻野可鈴)はい。誰も持っていない(笑)。素晴らしいものを手に入れたので。そちらで勝負しているんで。私はだから逆にうらやましいですけどね。見せれるものがあるっていうのは。

(吉田豪)「見せれるもの」(笑)。

(荻野可鈴)見せれるものがあるっていうのはうらやましいですよ。

(吉田豪)SPA!で杉作J太郎さんが絶賛していましたからね。「寝ていても天下を取れる体をしている」って。

(荻野可鈴)へー! 「寝ていても」っていうのはゴロンって横になって?

(吉田豪)「何もしないでも」っていうことですね(笑)。

(荻野可鈴)はー、なるほど! いいですね。そんな素敵なことを言ってくださっていて。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました