スポンサーリンク

渡辺志保 FKi 1st feat. Smooky MarGielaa『Grew Up』を語る

渡辺志保 FKi 1st feat. Smooky MarGielaa『Grew Up』を語る INSIDE OUT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

渡辺志保さんがblock.fm『INSIDE OUT』の中でFKi 1st feat. Smooky MarGielaa『Grew Up』について話していました。

Grew Up [Explicit]

(渡辺志保)この間、9月27日(木)だったかな? フロリダからあのSmokepurppが来日しましたということで見に行ってきました。会場はVISIONだったんですけど、VISIONもすごいパンパンで。開場しばらくたってから私もVISIONの前を通ったんですけど、もうすごい長蛇の列で。若い男女が押しかけていました。Smokepurppのライブもすごいよかったし、はじめて知ったんだけど「Can I Get a ESSKEETIT!」とかね、「Let Me Hear You Say ESSKEETIT!」ってすごい「エシュケリ、エシュケリ」って爆発してましたね。

で、XXXテンタシオンに捧げる時間があったりとか。あと「Free Lil Pump」っていうチャントが起こったり、そんなこともしていたし。東京でわざわざ2曲も新曲を披露してくれるっていうシーンもありました。日本からも豪華なラッパーが出演していましてAwichさん、kZmくんとか、あとはMIYACHIが来ていたりしまして。

で、私ははじめて、いま結構話題の若干9歳でしたっけ? 太郎忍者くんのライブをはじめて見たんですよ。で、ちょっとさ……彼のいま話題にんっている曲って『Pussy』だからさ、私も最初は「まあ小学生がPussyなんてけしからんな」ってちょっと思っていたんだけど。曲のメッセージ自体は「いじめはかっこよくない。いじめするやつはダサいやつだ」っていうメッセージだし、ライブもすごいかわいかったですね。本当に。で、胴上げっていうかクラウドサーフもしっかりしていましたし、堂々としていましたし。

なので本当に太郎忍者くんみたいな若いラッパーが……「若い」っていうか本当に小学生だから。彼みたいなラッパーがこれからも、そのヒップホップとかラップというアートフォームを使ってどんどんポジティブなメッセージを若者に発信していけばいいなと思ったし。で、ちょうどいまアメリカでも『エレンの部屋』っていう有名なトーク番組に11歳の女の子ラッパーのThat Girl Lay Layっていう史上最年少でメジャー契約したフィメールラッパーとしていまアメリカで話題なんですけど。そのLay Layちゃんが出ていてすごい立派なフリースタイルをしていたりとか。

で、いまからお届けしたいのも12歳の時にあのエイサップ・ロッキーにフックアップされたスムーキー・マルジェイラくんっていう、何度か『INSIDE OUT』でもかけていますけども。そのスムーキー・マルジェイラのラップをかけようと思うんだけど。太郎忍者くんもMIYACHIくんがいま結構フックアップしているんですよね。なので若いラッパーがさらに若いラッパーをフックアップしてシーンを作っていく、シーンを回していくっていうのはすごいいいなと思っていて。日本でもそういう動きがあるっていうのはすごく喜ばしいなと思っています。

ということでオープニングでお届けしたいのはトラビス・スコットのアルバムとかポスト・マローンのアルバムでもすごく今年に入っていい仕事をしていますけど、人気プロデューサーFKi 1stっていうアトランタのプロデューサー・・これはユニットなんですかね? FKiがいますけども。そのFKiが新しいEPを出しまして、そこでキャッシュドールとか、あとはアトランタのKey!とかが参加しているんだけど、このスムーキー・マルジェイラも……いま、14歳ぐらいですかね? そのラップが結構かっこよかったのでその曲を流したいなと思います。ということで聞いてください。『Grew Up』。FKi 1st feat. Smooky MarGielaa。

スポンサーリンク

FKi 1st feat. Smooky MarGielaa『Grew Up』

はい。いまお届けしましたのはFKi 1stの最新EPから『Grew Up feat. Smooky MarGielaa』でした。いかがでしょうか。彼もこれからどんどんどんどん上手くなっていくんだろうねっていう感じです。ニューヨーク出身ですけどね。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました