吉田豪と眉村ちあき『ピッコロ虫』を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

眉村ちあきさん、朝倉みずほさんが『猫舌SHOWROOM』火曜日に出演。吉田豪さんと『ピッコロ虫』について話していました。

ピッコロ虫

(吉田豪)そんなわけで、もう1曲行きますか。

(眉村ちあき)私? はい。なににしよう……。みんなで歌えるやつにしますか。

(吉田豪)みんなで歌えるやつ、あります?

(眉村ちあき)ないです(笑)。

(吉田豪)フハハハハハッ! 普通にリクエストで、ちょうどやっぱりアイドルのテーマの『ピッコロ虫』をいいですか?

(眉村ちあき)はい。わかりました。

(吉田豪)っていうかなんでタイトル、『ピッコロ虫』なんですか?

(眉村ちあき)なんか適当に仮タイトルで保存して。その保存してるフォルダを会社の人に見られて「新曲、『ピッコロ虫』なんでしょ?」って言われて「あ、そうです」って言って『ピッコロ虫』になりました(笑)。

(吉田豪)フフフ(笑)。

(眉村ちあき)じゃあ、行きます。

スポンサーリンク

眉村ちあき『ピッコロ虫』

(眉村ちあき)『ピッコロ虫』(笑)。

(吉田豪)本当に、たぶん眉村さんの曲でいちばん好きですよ。

(眉村ちあき)へー! そうなんですか?

(吉田豪)超いい。

(眉村ちあき)うれしい!

(吉田豪)アイドルへの思いをかなり込めているわけじゃないですか。

(眉村ちあき)これは落ちサビ、「明日、朝起きたら♪」って、後ろで「チクタク、チクタク」って言っているところ、うさみみのパクリなんですよ。

(吉田豪)ああ、そうなんですか? 全然わかんなかったっすよ。

(眉村ちあき)誰にも言わないでください……(笑)。

(吉田豪)フハハハハハッ! ながたさんにも気づかれていない感じですか?

(眉村ちあき)ながたさん、見てませんように(笑)。

(吉田豪)へー! 本当になんかいろんなものの、パクるっていうとあれですけど、影響の受け方が上手いんですよね。

(眉村ちあき)そうですか? バレないように受けています。

(吉田豪)曲自体はなにかの影響とかも別にないわけですよね。普通にポップな曲を作っているっていう。

(眉村ちあき)そうですね。「メジャーっぽいの、つーくろ!」って思って。

(吉田豪)結果、普通にメジャーっぽいものができて。

(眉村ちあき)はい。よかったー。

(吉田豪)で、ちょうどその時期に某フェスのオーディションに落ちたのがあって、「アイドルをナメるな!」的な思いがより強くなっていてこういう歌詞になり。

(眉村ちあき)そうです。これをアザレコで歌ったんですけど、アザレコでは3位に入ればTIFに出れるよっていうので。

(吉田豪)僕が審査員で……みたいなのがあったんですよ。アザレコの時は。

(眉村ちあき)それで私、負けちゃって。で、その上位3組に入ればTIFの番組のフジテレビの収録に行くのが○日のお昼って決まっていたんですよ。それで私は落ちちゃったからそのお昼は空けていたけど、予定がなくなっちゃったんですよ。そしたら急にそこにトイズ・ファクトリーの社長が「この日なら空いてます」って。

(吉田豪)メジャーデビューの話が来て。

(眉村ちあき)そう。契約の話が来て。で、ちょうどその日のその時間しか空いてないっていうことで。20分ぐらいしか空いてないって。で、「うわっ、これは運命だ!」って思って。ちゃんと落ちたのにも理由があったのかなと私は思って。はい。人生もろもろ。

(吉田豪)もろもろ(笑)。アザレコのライブは泣きましたけどね。

(眉村ちあき)はい。泣きすぎてなんだったか覚えてないです(笑)。

(吉田豪)いや、いいものを見ましたよ。司会の距離で。

(眉村ちあき)よかったですねー。

(吉田豪)横で(笑)。バックステージで目を真っ赤にしながら。

(眉村ちあき)アハハハハハッ! 悔しくて。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする