スポンサーリンク

菊地成孔と吉田豪 前田日明とリングスを語る

菊地成孔と吉田豪 前田日明とリングスを語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

菊地成孔さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんと宇多田ヒカルさんについて話していました。

(吉田豪)(コメントを読む)「菊地さんはリングス派だよね」。

(菊地成孔)はい。リングス派です。

(吉田豪)旧リングス?

(菊地成孔)そうですね。1回だけ復帰しましたけどね。その時のグッズを全部持っているっていうのが……4万ぐらい使い果たしましたけども(笑)。

(吉田豪)そうですよね。アウトサイダーもちゃんと追っていたし。

(菊地成孔)はい。アウトサイダーもギリギリ、広告塔仕事ぐらいさせていただける僥倖にあずかったんですけど、アウトサイダー自体が……これは前田さんがやるとかならずそうなるんだけども。経営母体からグラグラしだして。で、ちょっとお呼びがかからなくなりましたけども。ただ、まだアウトサイダーは続いていますからね。

(吉田豪)前田さんは本当に人としては最高に楽しいんですけども。なかなかビジネスは難しいっていう。

(菊地成孔)ビジネスは難しいですよね。「いいビジネスパートナーがいればな……」って周りの人はみんな思っているんでしょうけど。まあ、難しいでしょうね。

(吉田豪)前田さんが謎の配信番組とかを始めた時もハラハラしたんですよ。全然聞いたことがない女装モノマネ芸人の人と2人の番組で。「前田さん、なにやってんすか!」っていう(笑)。

(菊地成孔)ハラハラしますよ(笑)。僕、前田さんとKAMINOGEかなんかのストリーミングに出るっつって。で、僕は前に仕事があって。いわゆるパーティー営業みたいな仕事でちょっとシャンパンを飲まなくちゃいけないっていうことで。1、2杯シャンパンを飲んで、ちょっと顔が赤くなっちゃって。で、しかも30分ぐらい遅れていったんですよ。これはもう前田さんにボコられるなと思って。もう土下座覚悟。顔は赤いわ、遅れてくるわで。もう最低最悪じゃないですか。で、「ああ、ヤバいな。気が重いな……」って行って「どうもすいません。仕事でちょっと飲まなくちゃいけなくて……」って。いろいろと頭の中で反芻していたんですけど。それで言おうと思ったら、開口一番「なに、自分? 海、行ったんか? 焼けてるやん?」って(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ!

スポンサーリンク

いい人・前田日明

(菊地成孔)「なんていい人だ!」って思って。「やっぱりいい人だ!」って(笑)。

(吉田豪)平和な誤解をしてくれて。

(菊地成孔)「ああー、海か。行きたいわ」って(笑)。隣に高山善廣選手がいてね。まあ、がんばっていただきたいんですけども。まだお元気な頃で。いきなり高山選手の腹をバーンバーン!って叩いて。「高山っ!」っつって。高山選手もなんつっていたのか……「ああ、前田さん。どうも」って(笑)。

KAMINOGE [かみのげ] vol.6
KAMINOGE [かみのげ] vol.6

posted with amazlet at 19.10.17
東邦出版
売り上げランキング: 934,599

(吉田豪)フフフ、会うといい人なんですよ。

(菊地成孔)本当に。うん。大男しかいない国さえあればね……(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ! そういうルールの?(笑)。

(菊地成孔)そう。そしたらもう前田さんだって普通の方ですからね。やっぱりこう、規定外にデカい方っていうのはね、どうしてもいろんな方がね、必要以上に怯えちゃったりね。逆に崇拝しちゃったりするから。

(吉田豪)3年ぐらい前にトークイベントをやったんですけども。控室で最初に会うなりずっとなんか「吉田くんはね、芸能事務所にちゃんと入った方がいいよ」って。

(菊地成孔)フハハハハハハッ!

(吉田豪)ずっと僕の今後の身の振り方のアドバイスをしてくれて。

(菊地成孔)めちゃくちゃいい人じゃないですか!

(吉田豪)ねえ。なんでそんな親身になって相談に乗ってくれるのか……僕が相談をしたわけでもないのに(笑)。「あそこの事務所がいいんやないか?」とかずっと(笑)。「いい人だなー」っていう。

(菊地成孔)いや、いい人ですよ。

(吉田豪)イベントが始まったらもう8割がチンコの話ですよ。あの年齢であんなにチンコの話を楽しそうにする人もいないじゃないですか。

(菊地成孔)そうですね。もう還暦も超えられて。

(吉田豪)子育てしている人がね、そんなに無邪気に……。

(菊地成孔)いや、無邪気ですよ。「エエな。海か」ってね。無邪気ですよ。本当に(笑)。

スポンサーリンク

道場でのドッキリ

(吉田豪)僕がその時に聞いた話で好きなのが、前田さん、当時の昭和プロレスとかでよく聞く……いまだったら完全にアウトですけども。人間性クイズみたいな。いわゆるホモドッキリみたいなのが流行っていたっていうのがあるじゃないですか。新日本は猪木さんが実は坂口さんとできていて……みたいな。ずっと、何日もかけて。みんなでメシを食う時にはずっと太ももを触っていたりとか。そういうことをやり続けていて。ある日、突然「藤原組長が呼んでいる」っていうので行ったら、組長とドン荒川が裸で抱き合っていて。それで「お前は誰を選ぶ?」って言われるみたいなことをずっと代々やっていて。高田に仕掛けて……みたいな感じでずっとやり続けて。前田さんもやられて。その時にはじめて聞いたのが「UWFに入ってから、それを宮戸(優光)にやったんだよ」っていうね(笑)。

(菊地成孔)フハハハハハハッ!

(吉田豪)「完全に初耳ですよ、それ!」っていう(笑)。

(菊地成孔)なんとも言えない……もういい話かどうかもギリギリの線上にある話ですけどね(笑)。

(吉田豪)フフフ(笑)。「Uになってからもそんなことをやっていたんすか!」っていう(笑)。

(菊地成孔)いやー、宮戸選手にね。

(吉田豪)「『やめてください!』って宮戸が泣いていたんだ」っていう。

(中略)

(吉田豪)(コメントを読む)「リングスも途中までは……」。リングスもややこしいですよね。説明がものすごいしづらい。

(菊地成孔)しづらい。ちゃんとできる人、いないんじゃないかな? 吉田さんが……ねえ。

(吉田豪)格闘技好きの人……特に格闘家側は雑に解釈していたりするじゃないですか。「最初はプロレスだったのが、途中からガチになったんでしょ?」みたいな。そういう単純な話でもなくて。

(菊地成孔)ないですよね。大槻ケンヂさんに一瞬だけど、アウトサイダーを勧めて。「横浜文体のヴォルク・ハン引退興行っていうのを行ってきましたよ」って言われて。で、あんまり話が噛み合わないまま大槻さんと疎遠になっちゃったんですけども。結構ガチでプロレスが好きな人かガチで格闘技の人はリングスのことを上手く語れないんですよ。

(吉田豪)そうですね。うん。

(菊地成孔)リングスは本当に、なんというか難しい団体ですよね。まあKAMINOGEの井上くんはいま、前田さん付きみたいになっていますけども。それか吉田さんじゃないと正確にね……それだって言語化するのは難しいですよね。

スポンサーリンク

魅力を言語化するのが難しい団体・リングス

(吉田豪)言語化するのが難しいし、他の……選手とかから聞いた話をしても前田さんが怒る可能性があるっていう。そこらへんのややこしさがすごいあるんで(笑)。

(菊地成孔)そうね(笑)。

(吉田豪)すごいそこも難しい団体なんですけど、ただ夢のある話しかない団体だと思っていて。

(菊地成孔)逆に夢のね……。

(吉田豪)本当に「いつガチになるかわからない団体」って聞くだけでワクワクしますもんね。

(菊地成孔)本当に。

(吉田豪)単純なプロレス、単純な格闘技よりも怖いですよ。当日、突然「ガチな」みたいな(笑)。「怖っ!」みたいなね。

(菊地成孔)あれはすごいですよね。

(吉田豪)(コメントを読む)「日明兄さん、いい話」。

(菊地成孔)うん。半分ぐらい言っていることわからない(笑)。

(吉田豪)フフフ(笑)。(コメントを読む)「『劇画・オバQ』の説明、できたのかな?」。ああ、詳しいですね。1回、前田さんが激怒して夜中に電話をしてきたことがあって。僕が「前田さんが本当に変わらない。子供ができても変わらない感じが『劇画・オバQ』を思わせる」みたいな感じで書いたことがあって。

(菊地成孔)藤子不二雄のダークサイドの名作ですよね。

(吉田豪)そうです。劇画タッチでオバQを描いて。おばけの国に行ったQちゃんが戻ってきたら、Qちゃんは相変わらずなんだけども周りはみんな大人になっていてズレが出てくるみたいな。

(菊地成孔)飲んでいる間にね、みんな顔がマンガの方に戻ってきて。「明日、公園で会おう!」っつって。

(吉田豪)ところが……っていう。「みんなで国を作るぞ!」ぐらい盛り上がっていたのに。みたいな話が……「前田日明は変わっていないのに周りが大人になっちゃったから、そういうズレができているんだろうな」みたいなことを書いたら、前田日明さんは『劇画・オバQ』を絶対に読んでいないんですよ。

(菊地成孔)まあ、読んでないでしょうね。

スポンサーリンク

『劇画・オバQ』で激怒事件

(吉田豪)「お前、なんだ? 人のことをオバQとか言って?」っていう。「えええーっ? 違うんですよ。『劇画・オバQ』っていう名作がありまして……」みたいな。そんな風に言っても全然伝わらなくて。「お前、人のことオバQ呼ばわりは失礼やろ?」みたいな感じで。「違うんですよ!」っていう。

(菊地成孔)キレちゃうでしょうね。オバQ呼ばわりだと思われちゃったら、しばらくは収まらないでしょうね。

(吉田豪)たしかに。『劇画・オバQ』を知らないと、たしかに怒るかもしれないと思いましたよ。「大飯食らいで何もできないやつっていうことか?」みたいな(笑)。「違うんですよ!」っていう。

(菊地成孔)「着てるもんがいつも一緒」とかね(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ! 「あれは実際には着替えてはいるんだけども……」っていう(笑)。

(菊地成孔)そうそう。いっぱい同じのを吊ってますからね。Qちゃんは。

(吉田豪)(コメントを読む)「本当、前田さんって必要以上に人の心配をするよね」。そうなんですよ。

(菊地成孔)(コメントを読む)「宮戸はシャレにならない」(笑)。

(吉田豪)フフフ(笑)。

(中略)

(吉田豪)(コメントを読む)「リングスはファンタジー」。

(菊地成孔)そうですね。

(吉田豪)でも選手から話を聞いても面白いのはやっぱりリングスとかなんですよね。リングスとかUインターとか……最近、UWFの本が多いのも本当にわかるんですよ。なんか、一言でいえない感じの面白さっていうか。謎がちゃんとあり続けるっていう。

(菊地成孔)そうですね。ちゃんとパンドラの箱なんで。まあ、どうしても暴露系は簡単だから。簡単で手軽に儲かるから、暴露系に行っちゃうじゃないですか。でもそれが構造上できないっていうのがいいですよね。

(吉田豪)(コメントを読む)「FINAL SPANK HAPPYの新譜もよいですが、小沢健二さんの新曲はどうですか?」。

(菊地成孔)いやー、ごめんなさい。聞いてないですね。あの、小沢健二さんじゃないですけど、『POP VIRUS』は優れていると思いますよ。これは言っちゃっていいと思う。昨日の星野源さんの生番組(『おげんさんといっしょ』)も僕、見ていましたけども。すごい素敵な。PUNPEEさんも大変に素晴らしくてね。

(吉田豪)(コメントを読む)「オランダ勢はアクシデントしかない」。本当にね。

(菊地成孔)いや、本当にね。オランダってそういう国ですよ。

スポンサーリンク

リングス・オランダ勢の恐ろしさ

(吉田豪)完全にヤバい人たちが来日して、なにをするかわからない中で試合をやらなきゃいけない怖さって他の普通のプロレスや普通の格闘技よりも怖いと思っていて。

(菊地成孔)怖いと思いますよ。プロレスよりも怖いですからね。結局ね。

(吉田豪)で、いつどうなるかわからない。いつ向こうが仕掛けてくるかもわからない。

(菊地成孔)っていうか、本人たちもなにをしていいのかわからないまま来ている。どのくらいなのか、わからないまま。

(吉田豪)で、クリス・ドールマンっていうボスが来日しないとより暴走しやすくなったり。恐ろしいシステム。

(菊地成孔)あの、なんて言ったらいいんですかね? ひとひらの理性があるのはドールマンだけですからね(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ! ちゃんとビジネスをわかっている人はね(笑)。

(菊地成孔)そうそうそう。ドールマンだけですからね。

(吉田豪)いやー、恐ろしい団体だと思いますよ。幻想がある。

(菊地成孔)本当に。(コメントを読む)「前田日明、最高」。

(吉田豪)うん。最高ですよ。人として本当に面白いと思います。

(菊地成孔)本当、そうですよね。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました