スポンサーリンク
スポンサーリンク

DJ CHARI&DJ TATSUKI『ビッチと会う』製作を語る

DJ CHARI&DJ TATSUKI『ビッチと会う』製作を語る INSIDE OUT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ファーストアルバム『ザ・ファースト』をリリースしたDJ CHARIさんとDJ TATSUKIさんがblock.fm『INSIDE OUT』にゲスト出演。大ヒットした楽曲『ビッチと会う』やアルバムの製作について渡辺志保さんと話していました。

(渡辺志保)もうすごいメンツ。たくさんね、KANDYTOWNクルーもいたりで。それも、お二人のプロップスもそうだし、現場感があるっていうか。本当に彼らがCHARIくんとかTATSUKIくんがDJをしているような現場に遊びに行っているような姿も容易に想像できるし。なのですごくオーガニックな感じでできたアルバムなのかなとも思うんですけども。どうっすか? ゲストを誰にするのか?っていうのも2人で話し合いながら決めていったんですか?

(TASHUKI・CHARI)そうですね。

(DJ TATSUKI)もう、サイゼリヤで。

(渡辺志保)サイゼリヤで(笑)。ミラノ風ドリアを食べながら。

(DJ TATSUKI)ポトフ食ってたかな?

(DJ CHARI)食べてました(笑)。

(渡辺志保)でも、2人の意見の衝突とかもあるんですか?

(DJ TATSUKI)ええと、ちょっとはあるんですけど。やっぱりCHARIがすごくいろいろと若い子を発掘して……とかもあるんで。でも、基本的にはないかな?

(DJ CHARI)そうですね。大きい衝突はないですね。

(渡辺志保)そうか。だってたとえばさ、『ビッチと会う』。みなさんもご存知だと思いますけども。これもWeny Dacillo、Pablo Blasta、そしてJP THE WAVYという3人が入っているじゃないですか。どうやって決めていくんですか? どうやってこう、「こいつはここに……」って。人事部みたいな感じの……。

『ビッチと会う』の人選

(DJ CHARI)まず、この『ビッチと会う』に関しては去年の頭から自分、Weny Dacilloの『1000%』とかがめちゃくちゃ好きで。

(渡辺志保)はい。

(DJ CHARI)もう曲、とりあえずWenyとやりたいっていうことをTATSUKIに話して。そしたらTATSUKIも「かっこいいね!」っていうことになって。ビートを4つぐらい選んで、それをまずWenyに投げて。で、Wenyにフックも……自分、最初にWenyにフックも作ってほしいなって思って。フックを作る人をまず最初に決めるんですけど。それでWenyに曲を選んでもらって、「どんなメンツでやりたい?」って言ったら、「若いフレッシュな感じで……」って。あれ? それは自分で言ったのかな?

(渡辺志保)アハハハハハッ! そうなんだ。まあでも、CHARIくんが決めることもあるし、実際に演者さんが決めることもあるっていうことですか?

(DJ CHARI)そうですね。「誰とやりたい」とかっていうのは。

(DJ TATSUKI)メインの「この人とやりたい、この曲を作りたい」っていうのに、「じゃあこの人も足したらかっこいいかも」とか。そういう感じですね。

印象的な組み合わせ

(渡辺志保)なんかそういう組み合わせがいちばんハマッた……まあ、「いちばん」って決めづらいと思いますけども。印象的な組み合わせの曲とか、それぞれあったりします?

(DJ TATSUKI)僕、もう配信しているんですけども。『Right Now』はKEIJUくんとYZERRくんでやってもらって。やっぱりKANDYTOWNとBAD HOPを。これはもう「やったな!」みたいな。

(DJ CHARI)やりましたね(笑)。

(渡辺志保)アハハハハハッ! そうなんだ。CHARIくんはどうですか?

(DJ CHARI)そうですね。意外とこのJin DoggとOODMOODGOKUって、たぶん一緒にやったことがなかったんですけども。本人たち、お互いに「いや、好きです」っていう感じで。なんかやった後にも「やれてよかった」って言ってくれているんで。めちゃくちゃよかったなっていう。アーティストが「やってよかった」って言ってもらえたらいいなっていう。

(渡辺志保)そうね。冥利に尽きるっていう感じがしますよね。で、いまお話に出たようなすごい若手とか、去年ぐらいからシーンを沸かせているようなラッパーの方もいれば、ZORNさんとかT2KくんとかZeusさんとかも参加しているという。

(TATSUKI・CHARI)はい。

(渡辺志保)ZORNさんは同年代ぐらい?

(DJ TATSUKI)ZORNが同い年でT2Kくん、Zeusくん、あとRYKEYくんとかがひとつ先輩になるんですけど。

(DJ CHARI)そうかそうか。でも、ど先輩は入っていないっていうのは、ちょっとあるんですか? 「俺らの世代でやっていくぜ」みたいなのは?

(DJ TATSUKI)ちょっとはありますね。自分たちより年下とか同い年ぐらいまででなんとなく作りたいかなっていうのはありました。

(DJ CHARI)今回、最初にそんな感じにしようっていってましたね。

(渡辺志保)そうか。でもこれを1枚持っていれば、本当にいまストリートで熱いやつは誰なのか?っていうのもわかる気もしますし、いま言ったような豪華ゲストの方がたくさん参加しているということで。

ザ・ファースト
Posted at 2018.4.26
DJ CHARI & DJ TATSUKI
Pヴァイン・レコード

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
INSIDE OUT
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました