スポンサーリンク

渡辺志保 Rapsody『Sojourner feat. J.Cole』を語る

渡辺志保 Rapsody『Sojourner feat. J.Cole』を語る INSIDE OUT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

渡辺志保さんがblock.fm『INSIDE OUT』の中でRapsody『Sojourner feat. J.Cole』を紹介していました。

Sojourner (feat. J. Cole) [Explicit]

(渡辺志保)ここでまたもう1曲、私の推し曲を発表したいと思いますが。みんな、もう聞いたかな? ラプソディーが新曲を発表したよ!っていうことで、私の大好きなフィメールラッパーのラプソディーが新曲『Sojourner feat. J.Cole』を発表しました。これは彼女も所属しているレーベル、Jamla Recordsっていうのがあるんですけど。その『Jamla Is the Squad II』というレーベルアルバム、クルーアルバムを準備中ということで。そのアルバムの前哨戦シングルとして発売されました。楽しみですね。で、そのJamla Recordsっていうのは名プロデューサーの9th Wonderが率いるレーベルなんですけど。

ロックネイションの傘下にあるんですね。なので、ラプソディーは去年出た『Laila’s Wisdom』っていうアルバムの中でも結構そのジェイ・Zへのシャウトアウト……まあ、ロックネイションのオーナーであるジェイ・Zへのシャウトアウト。あとそしてビヨンセを非常にポジティブな意味でロールモデルにしているようなリリックも見られまして。で、今年私はフィラデルフィアでこのラプソディーのライブをはじめて生で見たんだけど、もう結構最初の方から涙が出るぐらい感動しちゃって。

で、「この人のラップを聞くとなんだか安心するな」っていうラッパーが皆さんにも、ヒップホップ好きであれば日本人であれ何人であれ、何人かいらっしゃると思うんですが。私はもうこのラプソディーのラップを聞くと安心するんだよね。ちょっと自分の道しるべというか、そういう存在です。このラプソディーは。その時、ライブを見に行った時に自分からちょっと声をかけて、ラプソディーに一言話して写真を撮る機会もあって。それはもう2018年の自分のハイライトっていう感じなんですけども。

まあ、そのラプソディーが待望の新曲を出しました。しかもフィーチャリングがJ・コールっていうね。それで『Sojourner』っていう単語は「そこに留まる、滞留する」っていう意味なんですけども。J・コールがコーラス、フックを歌っているんだけど「何マイルも泳いできたけど、結局流れが自分に逆らっているということしかわからなかったから、いまはもう漂っているだけなんだ。たまには手放すことも学ばなくちゃね(Oh, I swam for miles, only to realize the current. Is fightin’ against me and I’m so tired, I’m floatin’ now. Oh, from here on out, I’ve got to realize the power. Of learnin’ to let go, and just let God. Enjoy the ride)」という内容になっていまして。

結構TLCの『Waterfalls』っていう曲のフックと似たようなメッセージだなというのを感じましたし。

ラプソディーのバースの中にはバードマンへのちょっとチクリとしてるような感じの言及があったり。ミーク・ミルの名前を出したり。あとは「朝、起きたらアリーヤみたいな気持ちなの!(I woke up feelin’ like Aaliyah, yeah, a million and one bucks)」っていう。『One In A Million』っていうアリーヤの代表曲がありますけども。それをちょっと引用しているようなバースもありまして。非常に前向きな気持ちになる新曲になっておりますので、是非ここで聞いてください。ラプソディーで『Sojourner feat. J.Cole』。

スポンサーリンク

Rapsody『Sojourner feat. J.Cole』

<書き起こしおわり>
https://miyearnzzlabo.com/archives/47627

タイトルとURLをコピーしました