スポンサーリンク

掟ポルシェと杉作J太郎 メロン記念日を語る

掟ポルシェと杉作J太郎 メロン記念日を語る 痛快!杉作J太郎のどっきりナイトナイトナイト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

掟ポルシェさんが南海放送『MOTTO!! 痛快!杉作J太郎のどっきりナイトナイトナイト』に電話出演。杉作J太郎さんとメロン記念日について話していました。

This is 運命

(杉作J太郎)えー、いま聞いていただいております曲(アンジュルム『君だけじゃないさ…friends』)を絞るのは非常に胸を締め付けられるようなね……。本当は絞りたくないんですよ。和田彩花さんも卒業だということを聞きましてね。

これで本当、いちばん最初のスマイレージのメンバーは全員いなくなってしまって。いちばん最初の小川さん、前田憂佳さん。そのあたりが辞めた時もね、僕は非常に……前田憂佳さんが好きなチーズ牛丼をね、土屋(大樹)くんと一緒に1ヶ月ぐらい、毎日食べたのかな? あれは。毎日毎日。よく食べたなと思ってね。あの、いたでしょう? 毎日ハンバーガーを食べたアメリカの映画監督が。それで病気になる、ならないみたいなことを言っていましたけどね。

スーパーサイズ・ミー [DVD]
Posted at 2018.4.22
TCエンタテインメント

あれはあの監督に愛がないからだと思いますよ。僕は愛があってチーズ牛丼を毎日食べたら病気になりませんでしたから。あんなね、どうせ絶対に病気になることが前提なんですよ。ああいうのは。僕はもう全く、マイケルなんとかとかああいうのは映画監督とは呼べませんね。もう本当に僕は許せません。結論がもう出ているんですよ。あれはもうやる前から。全く僕はね、ああいうのを見て喜んでいる人とか、ああいうのを配給した映画会社はちょっと、1からやり直せ!っていうことを言いたい。まあ、そんなこと……すいません。全然、そんな怒ってないんですよ。そうじゃなくて、電話の向こうで待っている人がいるので。早くそっちにつながなきゃいけない(笑)。掟さーん!

(掟ポルシェ)電話、待っています。掟ポルシェです。

(杉作J太郎)フフフ(笑)。すいませんでした(笑)。

(掟ポルシェ)はい、どうも(笑)。

(杉作J太郎)いやー、掟さん、いま成田に着いたところなんですよね?

(掟ポルシェ)そうですね。空港の中からお電話しております。完全に不審者です(笑)。

(杉作J太郎)いやー、すいませんでした。もう手短に済ませますけども。あの、何時に九州で飛行機に乗ったんでしたっけ?

(掟ポルシェ)いや、まあそんなことはいいじゃないですか、別に(笑)。ハロプロの話、するんでしょう?

(杉作J太郎)そうですよ(笑)。どうですか? ハロプロ20周年。改めて……っていうことはないんですけども。

(掟ポルシェ)そうですね。いちばん最初、結構1997年にモーニング娘。が始まって。その当時はあんまりファンじゃなかったんですよ。なんでかっていうと、チェキッ娘っていうのがいまして。フジテレビの『DAIBAッテキ!!』っていう番組をやっていまして。それが結構勢いがある頃で。自分はチェキッ娘のファンだったんですよ。

(杉作J太郎)誰がいたんでしたっけ?

(掟ポルシェ)藤岡麻美さんとか、あとは熊切あさ美さんとかが結構テレビ的に言うと有名どころじゃないですかね。で、そっちのファンだったんで。で、チェキッ娘が2000年にになくなっちゃうんですね。それで行き場を失っているぐらいのところにハロプロの良さみたいなものにだんだん気づいてきて。で、某誌でモーニング娘。の『ピンチランナー』についての原稿を書かなきゃいけないことがあって。そこからいろいろと、プロモーションビデオとかを見ているうちに好きになってくるんですけど。

(杉作J太郎)うんうん。

(掟ポルシェ)いちばん最初は本当はモーニング娘。じゃなくてメロン記念日が好きだったんですよ。

(杉作J太郎)ああ、最初から?

(掟ポルシェ)最初から。で、メロン記念日が好きで。当時まだアルバイトをしていまして。ビルの窓拭き。で、ビルの窓拭きの中にハロプロのファンクラブに入っているやつが1人だけいたんですよ。で、メロン記念日好きなんだけど、ファンクラブに入らないと情報がないと。当時は。インターネットとかもあんまりそんなに発達していない時代ですから。それで「どうすればいいの? 入ったら会報とかにメロン記念日の情報、載ってるの?」って言ったら「載ってます」って言うんですけど、24ページある情報の中で1/2ページしかないっていう。「たったそれしかないのか!」っていう。

(杉作J太郎)はいはい(笑)。

(掟ポルシェ)で、いちばん最初に『甘いあなたの味』っていうファーストシングルの曲を聞いて、「これはヤバいな。見に行かないといけないな」と思って。で、いちばん最初に行けたイベントがセカンドシングルの『告白記念日』なんですよ。それで池袋のサンシャインの噴水広場あるじゃないですか。あそこでイベントをやったんですけど、当時はまだ150ぐらいとかじゃないですかね。お客さんの数が。

(杉作J太郎)来ていた人がね。

(掟ポルシェ)だからハロプロでもそんなにまだ、モーニング娘。以外はそんなに勢いがある頃ではないという。

(杉作J太郎)2000何年ですか? それが。

(掟ポルシェ)ちょうど2000年じゃないですかね。で、それで見に行ったんですけどちょうど『告白記念日』の衣装が猫耳なんですよね。

告白記念日
Posted at 2018.4.22
メロン記念日
ZETIMA

(杉作J太郎)ふーん。

(掟ポルシェ)結構、ハロプロが意図的に避けてきた秋葉原的な意匠が施されているという。ピンクの猫耳っていうすごい衣装を着てメロン記念日が歌い踊っていたんですけども。まあ、なにしろ曲がいいんですよ。「ああ、こんないい曲を歌っているのに150人ぐらいしかまだお客さん、いないんだ!」って思って。「これは自分たちがなんとかしなきゃいけない!」って思って毎回イベントに通うようになって。で、そこからメロン記念日についていちいち喧伝していったわけですね。

(杉作J太郎)よく掟さんからレコードをもらいましたよ。その頃。

(掟ポルシェ)ああ、そうですか(笑)。ありがとうございます。いやいや、配った甲斐がありました。なんか、やっぱりアイドルのファンになると、買ったCDを……イベントの時に複数買いますから。その時に人にあげたりなんかもしていましたよね。そういう文化はいまだに根強くあると思いますけども。

(杉作J太郎)でも本当にそうやって無償の行為でみんなが一生懸命やっていましたね。当時ね。

(掟ポルシェ)そうですね。あの、4番目のシングルの『This is 運命』っていうのが……さっき「電話待っています」って言ったんですけども、それがサードシングルのタイトルなんですよ。

(杉作J太郎)はいはい。ああーっ! 掟さん、構成が細かいですね!(笑)。

(掟ポルシェ)フフフ(笑)。ありがとうございます。いや、たまたまですけどね。そこで売上が下がって、もうこれは背水の陣でメロン記念日に新堂敦士さんっていうつんくさんの大阪の城天時代からの盟友が編曲という形で提供をして……みたいな。それで、背水の陣で書いた曲が『This is 運命』っていう曲で。それが爆発的にヒットしたことによってメロン記念日の良さがようやく伝わっていったという。当時、タワーレコードの嶺脇社長なんかもタワーレコードの会議で「メロンを売れ!」って言ったっていう有名な逸話がありますけども。

スポンサーリンク

『This is 運命』

(杉作J太郎)この『This is 運命』に関しては、僕はもうメロン記念日が歌っているところよりも掟さんがやっているところの方がよく見ていますね(笑)。

(掟ポルシェ)フフフ、そうですよね(笑)。

(杉作J太郎)ほぼ掟さんも「共作」って言ってもいいぐらいだと思いますよ(笑)。

(掟ポルシェ)当時、なんでかっていうと、メロン記念日はまだコンサートをできていないんですよ。『This is 運命』を出している頃って。販売記念イベントしかできていなくて、ファーストコンサートが催されるのはもうちょっと後なんですね。だから、まあ爆音娘。っていうハロプロの曲だけをかけるイベントをやって、そこの中でかけてみんなでモッシュするっていうのが……実際のコンサートにも取り入れられそうになってモッシュ禁止令が出たっていう、そんな過去もあります。

(杉作J太郎)そんなハードな曲の後に、その次が『香水』とかなんですか?

(掟ポルシェ)その次が『夏の夜はデインジャー!』とか。ちょっとしっとりした路線になっていって、若干もうちょっと大人な感じになっていって『香水』。『香水』は結構大人っぽい感じで。

(杉作J太郎)まあ、振り幅の大きなグループだったんですね。

(掟ポルシェ)そうですね。まあ、売れた『This is 運命』に関しても結構、「浮気したら許さないよ!」って彼氏に言う女の子の歌ですし。結構アイドルアイドルした感じの作風はセカンドシングルの『告白記念日』ぐらいでピークっていうか。それだけに『告白記念日』は自分の中でも思い出深い曲になっていますね。

(杉作J太郎)『告白記念日』。昔、石野真子さんが『失恋記念日』ってありましたけど、アンサーなんですかね?

(掟ポルシェ)ありましたよね、『失恋記念日』。もう石野真子さんも大好きだったので。『失恋記念日』、振り付けもできますよ。小指を親指と一緒に合わせていくやつですよね。

(杉作J太郎)そうそう。穂口雄右。

(掟ポルシェ)そうです、そうです。最高でした。

(杉作J太郎)これ、アンサーなんですかね?

(掟ポルシェ)いやいや、アンサーソングってわけじゃないとは思いますけどね(笑)。グループ名に「記念日」ってついてますからね(笑)。

(杉作J太郎)掟さん、この先の旅の急ぎもあると思いますしね。ありがとうございます。

(掟ポルシェ)ああ、そうです。この後、早くバスに乗って新宿まで行かないと。

(杉作J太郎)ありがとうございます。じゃあ掟さん、曲紹介をお願いします。

(掟ポルシェ)行ってみましょう。最高な曲です。メロン記念日で『告白記念日』!

スポンサーリンク

メロン記念日『告白記念日』

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました