スポンサーリンク

星野源 ORIGINAL LOVE&吾妻光良『ジャンピン・ジャック・ジャイヴ』を語る

星野源 ORIGINAL LOVE&吾妻光良『ジャンピン・ジャック・ジャイヴ』を語る 星野源のオールナイトニッポン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

三浦大知さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』にゲスト出演。それぞれが持ち寄った音源を聞きながら2時間に渡って音楽談義をする中、星野さんが選曲したORIGINAL LOVE&吾妻光良『ジャンピン・ジャック・ジャイヴ』を聞きながらあれこれと話していました。

(星野源)いいですねー。なんか、すぐ曲をかけないとダメみたいなので。

(三浦大知)どんどん話が深くなっていっちゃうということで。かけましょう。かけましょう。

(星野源)じゃあ、僕のを最後にかけたいと思います。ORIGINAL LOVEで『セッション』っていうアルバムがあって。いろんな人とセッションしているんですけど。

セッション
Posted at 2018.4.18
ORIGINAL LOVE, アルチュール・H, クレモンティーヌ, 吾妻光良
EMIミュージック・ジャパン

で、僕は吾妻光良さんっていうギタリストの方がいて。The Swinging Boppersっていうバンドを組まれているんですけど。音響会社の社長さんなんですよ、たしか。

星野源選曲 吾妻光良&The Swinging Boppers『最後まで楽しもう』を語る
星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中で吾妻光良&The Swinging Boppers『最後まで楽しもう』を紹介していました。

(三浦大知)ああ、そうなんですね。

(星野源)で、ビートたけしさんから「落ち武者」っていうあだ名をつけられたという話をどこかで聞いたことがあるんですけども。なんだけど、音楽家としても活動をしていてCDも出されていてっていう方で。で、その方、日本一大好きなギタリストっていうぐらい。三本の指に入るぐらい大好きなギタリストの方と一緒にセッションをしていて。日本人でもこの感じを出せるんだっていうので、僕はすごい好きなんでこれを聞きたいと思います。ORIGINAL LOVE、そして吾妻光良で『ジャンピン・ジャック・ジャイヴ』。

スポンサーリンク

ORIGINAL LOVE『ジャンピン・ジャック・ジャイヴ』

(星野源)お送りしたのはORIGINAL LOVE、吾妻光良で『ジャンピン・ジャック・ジャイヴ』でした。

(三浦大知)かっこいい!

(星野源)いいですねー。

(三浦大知)素敵です。

(中略)

(星野源)じゃあちょっと、これをかけさせていただきます。(カチッ)。

(星野源)さっき、いただきまして。三浦大知『BEST』のアナログ盤! 出るんだね。

(三浦大知)アナログ盤。そうなんです。これ、今日サンプルが上がってきたばっかりで。

BEST [Analog] 3LP
Posted at 2018.4.18
HMV Record Shop

(星野源)ねえ。僕、さっき「ああ、ありがとう!」って言って開けたら、「はじめてです。こんななっているんだ」って(笑)。

(三浦大知)僕もデザインはもちろん見ていたんですけども、そうなんですよ。

(星野源)ありがとうございます。ぜひね。新曲の『DIVE!』をお送りしておりますが。いやー、エンディングのお時間でございます。

(三浦大知)いやー、早い!

(星野源)ありがとうございました。どうでしたか?

(三浦大知)いや、すっごい楽しかったですし、すっごい贅沢だったんですけど……やっぱりなんか足りないですね。もっといろいろと。

(星野源)2時間じゃ全然足りないんだなっていうね。

(三浦大知)またちょこちょこ他にも……『仮面ライダーV3』の主題歌とか……(笑)。

(星野源)アハハハハハッ! ヤバい、これ聞きたかった!

(三浦大知)アハハハハハッ! これ、中古で買って1回も聞いてないっていう(笑)。

(星野源)あるよねー(笑)。赤いレコードね。いいねえ。

(三浦大知)本当はちょっとどこか隙間でかけたかったんですけど。結構おしゃれでソウルな方向に選曲が行ったんで。かけるところがなくて。

(星野源)ルーツとかそういう方向に、いい感じに行ってしまったんで。

(三浦大知)ちょっとだからリベンジがもしあれば。

(星野源)またやろう。これはちょっと本当に楽しかったんで。

(三浦大知)いや、すっごい楽しかったです。またいろいろと掘って。

(星野源)ねえ。またいつでも来てください。そして、企画をさせていただきますので。

(三浦大知)ぜひぜひお願いします。

(星野源)(メールを読む)「今日、かけられている曲を聞いていると、いまの源さんと大知さんの音楽につながっているのが感じられます。音楽は時を越えて続いていくのですね。より音楽が好きになりました」ということで。ありがとうございます。(メールを読む)「お二人がただただ好きな音楽をかけあい、語り合う2時間。2時間では足りないです。次回があれば、途中でご飯を食べながら8時間ぐらいやってください」という。いいね。8時間。

(三浦大知)アハハハハハッ! 許していただけるなら、もう。こちらはいつだってやりたいです。

(星野源)フフフ(笑)。2週に渡って、とかね。そういうのもいいよね。ぜひ、よろしくお願いします。

<書き起こしおわり>
https://miyearnzzlabo.com/archives/49640

タイトルとURLをコピーしました