スポンサーリンク

渡辺志保 No Jumper feat Tay K&Blocboy JB『Hard』を語る

渡辺志保 No Jumper feat Tay K&Blocboy JB『Hard』を語る INSIDE OUT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

渡辺志保さんがblock.fm『INSIDE OUT』の中で人気ヒップホップポッドキャストNo Jumperがテイ・Kとブロックボーイ・JBをフィーチャーした曲『Hard』を紹介していました。

Hard (feat. Tay-K and BlocBoy JB) [Explicit]

(渡辺志保)もう1曲、私からの推し曲を紹介したいと思うんですけど。みなさん、「No Jumper」っていう……私もこの間、Elle Teresaちゃんが来た時にちょろっと話した気がするんですけど、No Jumperというアメリカですごく人気のヒップホップYouTube番組兼ポッドキャストの番組がありまして。アダムさんという方がホストなんですけども。結構、アンダーグラウンドラッパーをいつもフックアップする番組なんですね。で、ローリング・ストーン誌なんかも一目おいているのがそのアダムさん。

で、結構初期にXXXテンタシオンをフックアップしたりとか、私の大好きなO3グリードをフックアップしたりとか、そういったことをしていまして。そのアダムさんがやっているポッドキャストNo Jumperがなんと、ワーナー傘下のアトランティック・レコードと共同でレーベル業を始めるという。なので、私たちがワーナーとかユニバーサルさんと組んで「INSIDE OUT」っていうレーベルを始めるみたいな感じのニュースが飛び込んできて。結構私は、いままでになかったスタイルだなと思って、新しいいい予感を感じたところなんですが。

しかもその新しくできるレーベルNo Jumperの第一弾のシングルがこれまたテイ・Kとブロックボーイ・JBという結構外さねえな!っていうメンツで来る。ブロックボーイ・JBもドレイクがフックアップした『Look Alive』がいますごい大ヒット中ですし。

テイ・Kなんかはこの番組でも昨年から『The Race』のヒットをDJ YANATAKEさんがいろいろと紹介してくれましたけども。そのいまホットな若手テイ・Kとブロックボーイ・JBをフィーチャーした『Hard』というシングルを先行で持ってきまして。今後、ビジネスモデル的にもこのNo Jumperがどういう風に広がっていくのか、私も個人的にすごく楽しみだし。いきなりこのNo Jumperの主催者のアダムさんが10年ぐらい前に付き合っていた彼女から「レイプをされました」みたいな告発をいまされているところで。なんかね、すごいこういったところも含めて有名になるというのは大変だなという風に思ったりもするんですけども。

とにもかくにも注目しているというところですので、ここで1曲聞いてください。No Jumper feat Tay K & Blocboy JB『Hard』。

スポンサーリンク

No Jumper feat Tay K & Blocboy JB『Hard』

はい。いまお届けしているのはNo Jumper feat Tay K & Blocboy JB『Hard』でした。No Jumperに関しても情報がアップデートされ次第、ここでお伝えしてまいりたいと思います。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました