スポンサーリンク
スポンサーリンク

渡辺志保とDJ YANATAKE 2018年注目の若手・新人ラッパーたちを語る

渡辺志保とDJ YANATAKE 2018年注目の若手・新人ラッパーたちを語る INSIDE OUT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

渡辺志保さんとDJ YANATAKEさんがblock.fm『INSIDE OUT』の中で「2018年Freshman List」と題し、2018年要注目の若手・新人ラッパーたちを10人、紹介していました。

(渡辺志保)ここからはひたすら私とヤナタケさんがお互いのフレッシュマンリストをベリッ! ベリベリッ!っと発表していくという企画をお届けしたいと思いますが。たくさんいるからどんどん紹介していくスタイルで行きたいと思います。まず、私は注目している2018年にシーンを席巻しそうなフレッシュマンは、Killy!

(DJ YANATAKE)みんな「?」(笑)。「んん?」って(笑)。まず、最初にちょっと説明するとXXLマガジンのフレッシュマンリストもすごくヒップホップの世界的に重要なリストになっているけど。1年に1回、ああいうものを発表するのってなかなか、時代がもっとすごいスピードで動いているから。「もう知っとるわ!」みたいな人がすごい多いと思うし。でも、それをまたちゃんと発表することも、実は大事だったりすると思うんですけど。下手したらね、来年のフレッシュマン(笑)。

(渡辺志保)2019年にブレイクしているかも、みたいな。まあ、たしかにそうよ。

(DJ YANATAKE)どこに視点を置くのかがすごく難しかったんだけど。

(渡辺志保)だって、いま流したリル・ディッキーも2016年のフレッシュマンだったんですけど、その年に選ばれたのが21サヴェージとかコダック・ブラックとかで。まさにいま、スターラッパーになっているみたいな感じのメンツだったりしますから。

XXL [US] Sum 2016 (単号)

(DJ YANATAKE)まあ、なんであえてちょっと突っ込んだところだったり。でも、やっぱりみんな知っているかもしれないけど、ちゃんと紹介しておきたいな、みたいなラインで選ばせていただきましたという感じですかね。

(渡辺志保)なので、すごく悩んだんですよ。カーディ・Bとかを紹介しようかとか悩んだんだけど……でももうさ、カーディ・Bは私、この1年ぐらいありがたいけどすっごいいろんなところでカーディ・Bを紹介する機会にあずかりまして。とかっていうのがあるから、ここはもう『INSIDE OUT』らしく。だって、私たち誰からもスポンサーとか受けていないじゃないですか。ペイオラとかないじゃないですか。だから我々らしくお届けしようかと思っております。

(DJ YANATAKE)というわけで、志保が選んだ1人目が……。

(渡辺志保)1人目。キリー(Killy)というラッパーなんですけども。彼はまだハタチ。しかもトロント出身なんです。トロント出身のラッパーって本当にドレイクを筆頭にたくさんいて。トーリー・レインズとかもそうですけど。すごく、アメリカに次いでカナダのトロントはすごくいま、ラップシティとして名を馳せているような状況だと思うんですけど。そこからデビューした新人がこのキリーという若干ハタチの少年です。で、驚くべきことに、彼は自分のはじめてのミュージックビデオ『Killamonjaro』っていう曲が最初にヴァイラルヒットになったんですけども。

(渡辺志保)私もこの『Killamonjaro』っていう曲をSpotifyのRapCaviarかなんかのプレイリストで知って。「なんか面白いフロウだな」って彼のことをウォッチするようになったんですが。なんか2017年、去年の2月に『Killamonjaro』っていうミュージックビデオをリリースして。で、もう結構世界中から注目をされている。ちなみに『Killamonjaro』はもうYouTubeで1500万回再生だったかな? 結構な数字を叩き出してまして。ついこの間、3月6日にデビューアルバム『Surrender Your Soul』をリリースしたばかり。で、この『Surrender Your Soul』っていうのもすごくいいアルバムで。彼自身、すごくトラビス・スコットに大きな影響を受けたとも言っています。

Surrender Your Soul [Explicit]
Posted with Amakuri at 2018.3.22
Killy
Secret Sound Club

(渡辺志保)なので、もういま世代的にトラビスに影響を受けた若者がどんどんアップカミングなアーティストとして出てきている状況ということで。すごくエキサイティングだなと思いますので、ここで1曲聞いてください。キリー『Pray For Me』。

Killy『Pray For Me』

(渡辺志保)はい。いま聞いていただきましたのが私が注目するフレッシュマン、キリーで『Pray For Me』でした。

(DJ YANATAKE)結構ね、タイムライン上でも知っている人、いたのかな? すごいな。よく知ってるな。さすが『INSIDE OUT』リスナーっていう感じですが。

(渡辺志保)本当にそうっすね!

(DJ YANATAKE)それでは、ヤナタケの方から日本人アーティストの方も発表したいと思うんですけども、『INSIDE OUT』が選ぶフレッシュマン2018、Taeyoung Boy!

(渡辺志保)おおっ、キターッ!

(DJ YANATAKE)Taeyoung Boyくんは1994年生まれ、東京出身ということなんですけども。結構最初は遊びで作ったラップをSoundCloudにアップしたところ、いきなり注目されちゃったということで。

(渡辺志保)ねえ。すごいいろんなところで名前を見ますよね。

(DJ YANATAKE)最近、ニートTOKYOの方でインタビューが出て。それで知った人も結構いたんじゃないでしょうか。

(渡辺志保)うん。

(DJ YANATAKE)で、東京なんだけど、Pablo BlastaとかがニートTOKYOの人たちに紹介したりして。で、バズったような感じみたいですね。で、結構いろんなおしゃれっぽいトラックだったりもするんですけど、彼はルックスもいいし。いいじゃないですか。若くてルックスもよくてラップもできて。もう売れるしかない!っていうね。

(渡辺志保)売れるしかない。

(DJ YANATAKE)っていうわけなんですけども。コラボアルバムが間もなくリリースかな。というところで、かなり注目を集めているアーティストだと思いますが。Taeyoung Boyくん、そのコラボアルバムの先行曲を行ってみたいと思います。Taeyoung Boy『Fault』。聞いてください。

Taeyoungboy & Droittte『Fault』

(DJ YANATAKE)はい。Taeyoung Boy『Fault』をお届けしました。この曲はRyo Takahashiさんという、318じゃないですけども。chelmicoとかのトラックを手がけている人がミックスしたりしていて、結構サウンド的にもしっかりしているっていうことなのかな。

(渡辺志保)こなれている感じがヤバいっすね。

(DJ YANATAKE)結構でも、SNSでバズっているんで注目している人も多いと思うんですが、ひょっとしたら知らなかったという人。Taeyoung Boy(テヤンボーイ)っていうキャッチーな感じなんで。「テヤンくん」とか言うのかな? そういう感じで覚えてもらえればと思います。Droittteとのコラボアルバムが出るということで、それからの先行曲がYouTubeにUPされているのでみなさん、チェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
INSIDE OUT
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました