スポンサーリンク

渡辺志保 YG『Do Not Disturb feat. Kamaiyah, G-Eazy』を語る

渡辺志保 YG『Do Not Disturb feat. Kamaiyah, G-Eazy』を語る INSIDE OUT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

渡辺志保さんがblock.fm『INSIDE OUT』の中でYGのアルバム『4REAL 4REAL』から『Do Not Disturb feat. Kamaiyah, G-Eazy』を紹介していました。

(渡辺志保)今日のオープニングチューンは彼のアルバムから1曲という風に決めておりました。YGが新作アルバム『4REAL 4REAL』をリリースしたというわけで、おめでとうございます! で、ジャケット、アルバムのアートワーク。いわゆる表1といわれる部分にも「”In Loving Memory of Nipsey Hussle.(ニプシー・ハッスルの美しい思い出によせて)」ということで、本当に全編ニプシー……まあ全曲でニプシーへの追悼の意を発しているわけではないんですけど、ニプシー・ハッスルに捧げたアルバムとなっております。

4REAL 4REAL [Explicit]
4REAL 4REAL [Explicit]

posted with amazlet at 19.06.01
Def Jam Recordings (2019-05-24)
売り上げランキング: 883

で、1曲目に『Hard Bottoms & White Socks』という曲がありますけども。そのフックでも「We gon’ do this one for hip-hop(ヒップホップのために俺らはこの曲をやるぜ)」っていうのをがっちりとラップしていて。なかなかいままでのYGの曲にはそういうテイストの曲もなかったと思いますのでいいなと思って。

で、その曲の中にも2パック、ドクター・ドレー、スヌープ、ザ・ゲーム、ケンドリック・ラマーの名前を出して。そして「西、ザ・ウエストと言えば俺とニプシー・ハッスル。そしてレッドとブルーだろ?」っていうことで。そのレッドとブルーという異なるカラーの違いというのもいちばん最後にニプシー・ハッスルの告別式でYGが捧げたスピーチがそのまま最後に収録されているんですけども。そこでもね、「You feel me, my brother from the other color(他の色から生まれた兄弟、ニプシー)」っていうね、本当に涙なしでは聞けないというアルバムになっておりますが。

本当にね、これからの季節にバンギンバンギンしたいビッグチューン目白押しのアルバムです。今日はこの『4REAL 4REAL』からカマイヤちゃんをフィーチャーした曲がまたいい仕上がりなのよ!

(DJ YANATAKE)カマイヤ、またここに来てすごい客演だよね?

(渡辺志保)そう。だからカマイヤ、ずーっと自分のちゃんとしたデビュープロジェクトが出ていないままなんですけど、このYGのアルバムで勢いをつけて、ぜひ近いうちに彼女のデビュー・アルバムを聞いてみたいなと思いますし。いまからかける曲『Do Not Disturb』。「邪魔するな」っていう意味なんですね。で、ホテルの部屋のドアのところにも「お掃除しないで結構です」っていう時には「Do Not Disturb」の札をさげたりしますけども。

で、「前の彼女に戻るのがいちばんダセえやり方」とか「私がいままでホー(ヤリマン)たちにソフトに接してきたけど、これからはハードに接するわよ!」みたいな。で、カマイヤちゃんもバイセクシャルっていうことを公言してたりもしますので。なかなかスカッとするリリックになっておりますので、ぜひちょっと聞いていただきたく思います。YGで『Do Not Disturb feat. Kamaiyah, G-Eazy』。

スポンサーリンク

YG『Do Not Disturb feat. Kamaiyah, G-Eazy』

(渡辺志保)いまお届けしておりますのYGの新しいアルバム『4REAL 4REAL』からカマイヤとG・イージーをフィーチャーした『Do Not Disturb』をお届けしました。いかがでしたでしょうか?

(DJ YANATAKE)キャレドのアルバムのニプシーの曲もそうだったけどさ。YGのアルバムの売上も一部、ニプシーの遺族に……。

(渡辺志保)そう。子供たちに。で、この後、向こう何年間かは忘れちゃったけど。5年だか10年だかのYGの作品における売上はニプシーの子供たちに寄付するということで。

(DJ YANATAKE)で、YGとニプシーのコラボアルバムが実は完成していたとかね、匂わせて。

(渡辺志保)ねえ。そういう話もあるということで。というわけで、本当にレガシーを受け継いでいく。やっぱりその底意地みたいなものを非常に私は今回の『4REAL 4REAL』から感じましたのでぜひぜひみなさんもチェックしてみてください。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました