スポンサーリンク

町山智浩 映画『全員死刑』を絶賛する

町山智浩 映画『全員死刑』を絶賛する たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で小林勇貴監督の映画『全員死刑』についてトーク。「2017年の町山智浩大賞!」と絶賛していました。

全員死刑【DVD】

(町山智浩)だからまあ、そういうことをやってきて。あ、時間がなくなってきた! で、僕はね、実は「町山大賞」っていうのを毎年やっているんですけど。って、去年やっただけですが。今年、町山大賞が決まったんで、急に言います。『全員死刑』!

(山里亮太)これ、間宮祥太朗くんが出てる。

スポンサーリンク

大牟田4人殺害事件の実録映画

(町山智浩)そう! これは福岡であった一家4人全員殺害事件(大牟田4人殺害事件)というのをやった一家4人を描いた実録犯罪残酷映画なんですけども。僕、「見ろ! 見ろ!」って周りの人に言われていて。で、僕は嫌だったんですよ。怖いから。で、これ監督の小林勇貴さんっていう人は27才なんですけど、いままで撮ってきた映画が本物の不良とかヤンキーを出演させた、ヤンキー暴力映画ばっかり撮っているっていう。もうその時点で怖くてしょうがない! 俺、そういうの……だって俺、カツアゲとかされていた人だから。

宇多丸 映画『孤高の遠吠』を絶賛する
ライムスター宇多丸さんがTBSラジオ『ウィークエンドシャッフル』の中で、カナザワ映画祭で見た小林勇貴監督の映画『孤高の遠吠』を絶賛していました。

(海保知里)フフフフフ。

(町山智浩)本当にもう、おしっこを漏らしそうになるから。

(山里亮太)つい最近、モヒカンにして闘技場で戦っていたじゃないですか!

(町山智浩)だってそれは引退した波平みたいな気のいいおじさんたちが「ちょっとマッドマックスしてみました」っていう世界ですから。ねえ。盆栽の代わりにマッドマックスしていた人たちなんだから。ねえ。

(山里亮太)それとは違うと?

(町山智浩)違うんだ。本物のそういう怖い人たちで映画撮っている監督の小林勇貴さんの映画だっていうから、もう怖くて怖くてしょうがなくて。で、写真を見るとまた小林勇貴っていう人は本当にコンビニの前でウンコ座りしているような人なんですよ。写真を見ると。

(山里亮太)典型的なヤンキースタイル。

(町山智浩)そう。だからこんな映画、死んでも見たくねえ!って思っていたら、製作をしたスタッフとかお金を出した人とか宣伝をしている人が全部僕の友達なんですよ。それも、20年ぐらい友達なの。みんな。で、「見ろ、見ろ、見ろ!」ってあらゆる圧力がかかって仕方なく見たら……めっちゃくちゃ面白かったです!

(海保・山里)へー!

(町山智浩)もう怖いから……だって、一家4人を殺害するんですよ。まあ、お金を貸していた人をヤクザの一家4人が家族でお父さん・お母さんとその息子たち2人を殺すんですけど……まあ怖いから、顔をこうやって隠しながら、指の間から見ていたんですよ。「怖いよ、怖いよ」っていう感じで。そしたらね、笑っちゃうんですよ。

(海保知里)えっ?

(町山智浩)びっくりしましたよ。

(海保知里)笑う?

(町山智浩)大爆笑なんですよ。

(海保知里)え、えっ!?

(町山智浩)これ、このポスター……この「お前ら全員ぶっ殺らう(ぶっさらう)!」とか「全員死刑」とか、このポスターからは全く想像がつかないんですけど、大爆笑映画だった。爆笑と同時に非常に残酷で怖いんですけど、でも笑わざるをえなくて。もう、それこそめちゃくちゃリンチされながら、リンチしているやつが間抜けなことばっかりするんで、リンチされている人が笑っちゃうっていう世界なんですよ。

(海保知里)えええーっ?

(町山智浩)「うわっ、やめて、やめて!」って言いながら、「プッ」って吹いちゃうんですよ。この、ものすごい恐怖と残酷と爆笑が同時に来るっていう感覚を人類はまだ味わったことがないんじゃないですか?

(山里亮太)ないです、ないです。

スポンサーリンク

恐怖と残酷と爆笑が同時に来る

(町山智浩)もう本当に、「やめてくれ、もう!」っていう感じなんだけど、「ブハハハハッ!」って笑っちゃうんですよ。「バカでーっ!」っていう世界なんですよ。「バカでーっ! バッカじゃねえの?」っていうことが連続して続くんですよ。で、この主人公の間宮祥太朗くんの立場っていうのは『仁義なき戦い』における菅原文太さんなんですね。それで、いちばん悪い山守親分。文太さんに悪いことばっかりさせる山守親分はお母さんなんですよ。

(海保知里)へー!

(町山智浩)で、お母さんがその自分の末っ子の息子に「タカノリちゃん、お願いね。これはね、家族のためだから。パパも本当に困っているからね。あの人、殺して」って言うんですよ。で、殺すじゃないですか? すると、そのお母ちゃんが「よっしゃ~!」って言うんですよ。「よっしゃ~!」って。めちゃくちゃ悪いお母さんなんですよ、これ。地獄ママなんですよ。

(山里亮太)すごいな。実録っていうのが。

(町山智浩)それですごいのが、ギャグがあまりにも連続して。もう切れ間なくギャグ、ギャグ、ギャグ……っていうのが殺人と同時に描かれるんで、俺、これはないだろうって思ったんですよ。これはいくらなんでも作りすぎだろう。おかしすぎだろう。笑かそうとしてるのかと思って、さんざん笑って映画を見終わった後、調べたんですよ。本当のその大牟田4人殺害事件っていうのがいったいどうだったか?……中で描かれるギャグ、全部本当だったんです。

(海保知里)えええーっ?

(町山智浩)そう。もう言えないですけど。お笑いって難しいですね。ギャグっていうのは説明できないんですよね。見る前には。「これはねえだろう。これは絶対にギャグで入れているだろう」って思ったの、全部本当だったんです。

(山里亮太)へー!

(町山智浩)だってコントにしか見えないんだもん。

(山里亮太)それぐらいぶっ飛んだ……。

(町山智浩)全部本当だったの。これね、鈴木智彦さんっていう人がこの事件を起こした、死刑が確定した末っ子から話を聞いて。あと、裁判の供述とか記録をもとにした本を出しているんですね。『我が一家全員死刑』っていう本を。それによると、もう全て裁判で事実として認められたことがコントとして描かれているんです。

(山里亮太)へー!

(町山智浩)コントにしか見えないけど、本当にあったことなんです。これね、殺された一家もね、殺されながら笑っただろうっていうぐらいの内容なんですよ。で、この体験はほとんどしたことがない。もうだから、たけしさんの映画における暴力シーンのおかしさとか、スピルバーグとかスコセッシの映画におけるマフィアとかがものすごく人を暴力で叩きつける、いじめる時のギャグをかますっていうのはあるんですけど、これだけ連続でやられるっていうのはないし。しかも全て事実っていうのが……(笑)。

(海保知里)ええーっ?

(町山智浩)とんでもない映画でしたね。これね。恐ろしいですけど、でも笑う。で、いま小林勇貴さんの映画は渋谷アップリンクで11月10日まで、この『全員死刑』の前の映画が連続上映されていますので、ぜひご覧になっていただきたいと思うんですけど。『孤高の遠吠え』とか『逆徒』っていう映画で。で、どれもリンチとか不良とか田舎の悪いやつらが人を殺したりする暴力映画なんですけども。でも、この『全員死刑』っていう映画は、たしかにそれはすっごい残酷でひどいんだけども、絶対に笑うんです。

(山里亮太)へー!

(町山智浩)これだけ怖がりの俺が「ひえーっ!」って言いながら、こうやって見ている俺が笑うんですよ。

(海保知里)ちょっとなんかまだ……見ないとピンと来ないですよね。これはね。

(町山智浩)引きつったような感じですよ。という、とんでもない映画で。『全員死刑』っていうのはすごかったです。これ、11月18日からヒューマントラストシネマ渋谷、テアトル新宿その他でロードショーですが、15才以下の人は見れるわけないですね!

(海保知里)そうですね。はい。これも話題になりそうな作品。

(町山智浩)これは地獄のサザエさんです。地獄の磯野家でした。いちばん悪いのはフネさんでしたね。はい。

(山里亮太)カツオが実行犯なんですね!

(町山智浩)カツオが実行犯で、カツオは結構苦しむんですよ。いろいろと困って。

(山里亮太)中島、助けてやれよ……。

(町山智浩)そう。中島、助けてやれよ!って映画でしたね。

(海保知里)町山さん、このままエンディングまでお付き合いください。お願いします。

<書き起こしおわり>

全員死刑【DVD】
Posted at 2018.4.13
アルバトロス

タイトルとURLをコピーしました