スポンサーリンク

町山智浩 マッドマックス祭り・Wasteland Weekendを語る

町山智浩 マッドマックス祭り・Wasteland Weekendを語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中でアメリカ・カリフォルニア州の砂漠の中で毎年開催されるマッドマックス祭り、Wasteland Weekend2017に参加した際の模様を紹介していました。

(山里亮太)いや、ただ町山さん。気になることがいっぱいなんですよ。前回、お話していただいていた「いやー、骨折しちゃいました」って。「どうしたんですか?」って言ったら、「言えないんですよ」って。

(町山智浩)そうなんですよ。もういえます。はい。やっと解禁になりました。ニコニコ動画の番組の取材に行っていたんですよ。そこで、まあケガをしまして。いま僕、レントゲンを持っているんですよ、これ。

(山里亮太)うわっ、いまありますよ。写真が。

(町山智浩)そうそうそう。これなんです。いま、こういう状態なんですけど。ラジオで「こういう状態」って言ってもしょうがないですけど。

(山里亮太)えっ、これ手にボルトが入っているじゃないですか!

(町山智浩)そうなんですよ。

(山里亮太)3本!? 指のところに思いっきり、ボルトが3本入っています。

(町山智浩)手の中ですね。手中骨っていうやつですね。薬指の手中骨にボルトが3本入っている状態で。

(山里亮太)いま、私の横に町山さんが座ってらっしゃって。右手を見ますと生生しいこの手術の痕が。

(町山智浩)これがね、切開をして割れた骨をボルトでつなぎとめるという。で、このボルトが入っているレントゲン写真をお医者さんがくれたんですね。で、「なんで?」って言ったら、「(ボルトが)金属探知機に引っかかるから」って(笑)。

(山里亮太)そうか! 飛行機に乗る時に。ああーっ!

(町山智浩)そう。ずっとこれは持ち歩いてなきゃダメだって言われたんですよ。で、いつも持ち歩いてるんです。

(山里亮太)やっぱり実際に鳴りました? キンコーンって。

(町山智浩)入る時に、金属探知機じゃない方だったから鳴らなかったですけど。金属探知機のある方だったら、鳴ったでしょうね。

(山里亮太)でしょうね。まあ、金属が入っているわけですから。

(町山智浩)ねえ。ジャッキー・チェンとか体中にプレートが入っているっていうんで。あの人はいつもレントゲン、持ち歩いているんですかね?

(山里亮太)もうそしたら、(レントゲン写真が)アルバムぐらいになっちゃう(笑)。

(町山智浩)そうそうそう(笑)。「これとこれとこれ……」って(笑)。「チェック、チェック、チェック」って言いながら、それではじめて抜けられるんじゃないかと。

(山里亮太)時間、かかりますねー!

(町山智浩)時間、めちゃめちゃかかるでしょうけどね。

(山里亮太)ほぼ全作で骨折してるんじゃないか?っていう気がしますからね。

(町山智浩)ジャッキー・チェン、知っててもやっぱり、ねえ。一応調べざるをえないでしょうけどね。

(山里亮太)ただ、いま写真を見ただけでも結構大怪我だなというその怪我の理由ですよ。

(町山智浩)それがね、間抜けなんですけど。まず、その僕が参加したイベントについて話しますと、これは『Wasteland Weekend』というイベントなんですね。「Wasteland」っていうのは「荒野」ですね。だから「荒野の週末」っていう名前なんですけど、これはいわゆるマッドマックスファンのお祭りなんですよ。マッドマックスシリーズっていう1979年から4本作られている映画がありまして。『マッドマックス2』、『マッドマックス/サンダードーム』。それと『マッドマックス 怒りのデス・ロード』っていう最近作られた映画。それに憧れる人たちが3000人集まりまして。

(海保知里)すごい人数(笑)。

スポンサーリンク

砂漠にマッドマックスファン3000人が集結

(町山智浩)そう。カリフォルニアの砂漠のど真ん中に……本当に何もないモハーヴェ砂漠のど真ん中なんですけど。そこにマッドマックスの世界のように改造した車。ノコギリがついている車とか、マシンガンがついている車、いろんなものがついている車を全員自分で作って持ってきて。それで、みんなそういう格好をして。だから『マッドマックス2』に出てくるアイスホッケーのマスクをかぶった筋肉モリモリのヒューマンガスさんとか、『怒りのデス・ロード』に出てくるイモータン・ジョーっていう。あと、イモータン・ジョーの奥さんたちとか。あと、イモータン・ジョーを尊敬するウォーボーイズっていう白塗りの彼とか。ああいうのの格好をした人たちがみんな集まって。あと、自分で好きな格好でもいいんですけど、とにかく核戦争の後、文明が消滅した後の地球の人たちの格好をするっていうことが条件なんですよ。

(海保知里)うんうん。

(町山智浩)で、そういう格好をしていないと、入れないんです。門があります。

(山里亮太)ドレスコードだ。

(町山智浩)ドレスコードがあるんです。で、そのWastelandの門をくぐり抜けるためには、完全に核戦争後の状況にならなきゃならないんですよ。で、もちろん持っていない人もいますよね。僕なんかも持っていなかったんですけど、入り口のところに、門に入る前に市場があるんですよ。それはバータータウン(Bartertown)っていう交換市場っていうものなんですけど。『サンダードーム』っていう映画の中で出てくるんですが。あれで、なんでも交換できることになって……物々交換の世界でしょう。核戦争後の社会だからもうなにもなくて。

(山里亮太)「毛皮3つとこれを交換してくれよ」みたいな?

(町山智浩)そうそうそう! お金がない世界だから。そこに行って、サラリーマンの人とかはスーツを着ていくと、そこでスーツと交換でマッドマックス的な革ジャンとか戦闘服とかブーツとかに交換してもらえるんですよ。

(山里亮太)へー! じゃあ、帰る時にはまた交換できるんですか?

(町山智浩)まあ、交換してもらえればね、また元に戻りますけども。でも、交換できないのは髪型ですよね。七三分けの人とかもいるわけじゃないですか。そういう人はちゃんとそこで床屋さんがいて、モヒカンにしてくれます。

(山里亮太)それでつながった。町山さん今日ね、サイドが完全に刈り上げられてルンですよね。

(海保知里)そうそう。どうしたのかな?って。

(町山智浩)これ、なんかあれでしょ? BIGBANGの人みたいでしょ?

(海保知里)アハハハッ!

(町山智浩)K-POPの人みたいな感じでしょ? コッチ側が刈り上げで……でも、実は両方刈り上げなんです。

(海保知里)あっ、両方? じゃあ、モヒカン?

(町山智浩)モヒカンなんですよ。これ、モヒカンを横に寝かしているだけなんですよ。いま、僕。

(海保知里)へー!

(山里亮太)じゃあ、マッドマックスの世界観ですね。モヒカンで。

スポンサーリンク

モヒカン町山智浩

(町山智浩)そこで髪型もシャバっ気のある感じの人はモヒカンにしてくれて立ててくれるんですよ。で、メイクもしてくれて、ウォーボーイズであるとか、ドクロとか、傷のメイクとか。で、服なんかも変にピカピカの革ジャンを着ていく人とかいるわけじゃないですか。ピカピカのTシャツとかGパンとか。それを全部ね、カッターとかで切ってズタズタにして。汚れも油とかをつけてドロドロにしてくれるんですよ(笑)。核戦争後みたいな感じにしてくれるんですよ。

(山里亮太)マッドマックス感で。

(町山智浩)マッドマックス感。そうすると、はじめてその門をくぐれるんですよ。そういう世界なんですよ。で、そこにまあ、4日間。木、金、土、日とそこで暮らすんですね。砂漠の中で。で、お金は4日間いても180ドルだから2万円ぐらい。

(海保知里)スポンサーとかも付いているってことですか?

(町山智浩)いないんです。

(海保知里)えっ、ノースポンサー?

(町山智浩)ノースポンサーです。これね、6年ぐらい前からやっているんですけど、とにかくみんなで作るお祭りなんで。で、まあ1人180ドルを集めて、毎年3000人ぐらい来ているわけですから。それでその砂漠は買ったんです。

(海保知里)砂漠、買えるんだ。

(町山智浩)砂漠なんかタダみたいなものだから(笑)。タダですよ、砂漠だから。
ほとんど。で、街の人から許可をもらって買って、それでそこにキャンプ場と核戦争後の世界を作ったんですね。で、それ以外に食べ物とかは全員、自分で持ち寄り。ただ、どうしても食べ物がなければ買えるんですけど、食べれるのはドッグフード。

(山里亮太)なるほど!

(町山智浩)『マッドマックス2』の中でマックスがドッグフードをたのむじゃないですか。メル・ギブソンが。

(山里亮太)水もより一層美味しく感じますもんね。

(町山智浩)そう。「水は持って来い」って言われた。

(海保知里)あ、水もそうなんですね。

(町山智浩)砂漠だから、水だけはとにかく持って来いと。

(海保知里)でも4日間だったら結構な量が必要じゃありませんか?

(町山智浩)もうだから、すごいタンクで持ってこないとダメですね。はい。でね、街があるんですけど、街までは片道1時間ぐらい、全く道路がない砂漠を通らないといけないんですよ。もうひとつは、そこに入るためには交通機関がないんですよ。だから、車で来なきゃならないんですけど、レンタカーを借りるにしても、いわゆる普通の車だと入れないんですよ。普通の車で日本人の男の子たちが4人ぐらい入ろうとして、スタックしちゃって。砂漠でね、砂がものすごく細かくて粉みたいなの。で、普通のタイヤじゃ走れないんで、ランクルとかの四駆じゃないと入れないんですよ。

(海保知里)ふーん!

(町山智浩)で、砂漠を1時間ぐらい、何もないところを走ってやっとそこに入れるんですよ。で、入る時にサインして。その時に「この中でケガとかいろいろしても、絶対に訴えない。全部自己責任」っていうのにサインして入るんですよ。ただまあ、そこにいる人たちはいきなり顔中がピアスしてたり、モヒカンだったり、筋肉モリモリで。で、みんな武器を持っているんですよ。ハンマーとか(笑)。

(海保知里)フフフフフ……。

(町山智浩)チェーンソーとかをみんな持って歩いてるんです。あ、武器も買えるんですよ。そのバータータウンで。

(海保知里)武器もですか?

(町山智浩)武器も買えます。入り口のところで。鎧とか武器もちゃんと売っていて。業者が出てますから。

(山里亮太)それは持って置きたいですよね。

(町山智浩)そうそう。それをガチガチッて体中に鎧をつけて、中に入っていくんですよ。で、Wastelandの中に入ると、今度はもう完全にあの世界だから。闘技場がいくつかあるわけですよ。

(海保知里)戦えるんですか?(笑)。

(町山智浩)闘技場があって、戦えるですよ。いくつかの闘技場があって。で、ひとつは『マッドマックス/サンダードーム』に出てくるサンダードームという、金網で作ったドームの中で、紐で吊られた2人がぶつかりあって戦うという競技。

スポンサーリンク

サンダードーム

あと、もうひとつ『サルート・オブ・ザ・ジャガー』っていうその頃に作られた映画がありまして。その中で出てくるというスポーツがあるんですね。それもあらゆる武器を使って戦う核戦争後のスポーツなんですけど、それもあって。

あとはまあ、お酒はタダでしたね。

(海保知里)へー! お酒はタダ?

(町山智浩)お酒、タダでした。お酒はね、アトミック・カフェっていうところがあって、いくらでも飲めるんですよ。お酒はタダなんだけど、水は価値が高いという(笑)。

(海保知里)フフフ……。

(山里亮太)それは、そうあって欲しいですもんね。マッドマックスではね。

(町山智浩)そういう世界なんでね。で、まあみんなもうすごい改造をしてですね。マッドマックスの世界みたいに車をめちゃくちゃに改造したので来て、それでレースをやったりするんですけど。すげー楽しかったですね!

(山里亮太)でしょうね!

(海保知里)そりゃ楽しい!

(町山智浩)だって、すげー車が来るじゃないですか。もうめちゃくちゃ、ゴテゴテの。どういう風に改造したんだ?って車が来るんですけど、「乗せて!」っていうと「いいよ!」って。どれでも好きなのに乗れる。みんな、乗せてくれます。

(山里亮太)じゃあもうマッドマックスの世界に入った感じなりますね!

(町山智浩)もう完全にマッドマックスの世界。あれで砂漠を走るんですよ! 中指を立てて。「ウオオォォォォォーッ!」みたいな感じですよ(笑)。みんなもう、「イエーッ!」ってやっているんですけど……結構みんな歳なの(笑)。

(海保知里)フハハハッ! そんな若くないんだ(笑)。

(町山智浩)若くない。だって『マッドマックス』って79年の映画ですから。それを見て憧れた人たちってみんな俺ぐらい、50ぐらいで。で、「なにやってんの?」って聞くと、「ずっとサラリーマンやっていたけど、引退して。もう息子も就職したし……」みたいな人が多かったですね。で、これから余生だから、好きなことをやろう。好きなことをして生きようと思った時に浮かんだのが、マッドマックスだったんですよ。

(山里亮太)フハハハッ! だいぶ弾けましたね。

(町山智浩)そう。なんか盆栽とかをいじりながらね、庭でお茶をすすって生きるなんてことを彼らは考えなかったね。もう息子も一人前になって稼いで暮らしている。残りの人生を生きるだけのお金はある。なにをしようか?って思った時に、「マッドマックス!」だったんですね。彼は。「車、改造するぜっ!」ってもうブリブリに改造してるんですよ(笑)。

(海保知里)アメリカって車の改造は大丈夫なんですか?

(町山智浩)できるんです。車検がないですから。

(海保知里)そうだ! 車検だ! そうだ。日本みたいなのってないですもんね。

スポンサーリンク

車検がないから車を改造し放題

(町山智浩)ないんです。あのね、厳しいのはカリフォルニアがね、排ガス規制ができるんです。で、排ガス規制が規定の量を満たしていれば、あとは安全な装備がちゃんとついていてば全然ライセンスナンバーが取れるんですよ。で、とんでもない車がゾロゾロ来るんですけど、みんなそれ結構ライセンスプレートがついていて。モンタナとかそういうところから来るんですよ。「これ、モンタナから来たの?」って言うと、「おう、来たよ」って。で、すごいのは『マッドマックス2』に出てくるスクールバスの前に除雪車の除雪器。雪よけがついているとんでもない戦車みたいなバスがあるんですけど、あれがいるんですよ。

(海保・山里)へー!

(町山智浩)で、「こんなの、どうしたの?」って言うと、「いや、モンタナから来たよ」とか言うんですよ。それでナンバーがついていて。「普段から乗っているから」って。乗ってんのかよ!っていう(笑)。「乗ってんのかよ? これ、人殺せんじゃん!」っていう(笑)。で、「モンタナは別にいいんだよ」って。「日本はこんなの乗れなくて、改造したら全部元に戻さなきゃいけないんだよ」って言ったら、「くっだらねえ国だな!」って言われました(笑)。

(山里亮太)フハハハッ!

(町山智浩)「好きな車に乗れねえのかよ? 自分で好きな車を作って、乗れねえのかよ? そんな国、ねえな!」って言ってましたね。

(山里亮太)もう感覚も完全にマッドマックスの。

(町山智浩)そう。「自由はどこにあるんだよ?」って。核戦争後で食べ物もなにもないんですけど、好きな車に乗る自由だけはあるんですよ。そこには。

(海保知里)そんな自由な世界で……気になっていたんですけど、骨折の……?

(町山智浩)骨折はね、やっぱりね、サンダードームに出場したんですよ。

(山里亮太)ああ、闘技場!

(町山智浩)闘技場に。やっぱりね、サンダードームに出るしかないでしょう!

(山里亮太)それはもうね、『サンダードーム』を見ていたら。で、あれが目の前にあったら、それはやりたくなりますよ。

(町山智浩)ねえ!

(山里亮太)じゃあ、ロープを付けて?

(町山智浩)ロープを付けて。

(海保知里)結構な高さで吊るされて?

(町山智浩)吊るされて。結構高いところに吊るされるんですよ。それでもうスイングしてぶつけられるんですけど。互いに。で、戦っているうちに、気がついたら薬指が外側っていうかこっち側に曲がってブラブラしてて。反対の方に曲がって。で、ブラブラしている状態で。まあ、根本のところが割れていたんですけど。で、ちゃんと救護所があるんですよ。救護所に行ったら、プロの看護師さんがいて。マッドマックスが好きな看護師さんなんで、ちゃんとコスプレしてるんですけど(笑)。

(海保知里)フフフフフ……。

(町山智浩)「これは完全に折れてるからERに行った方がいいよ」って言われて。で、「はい」って言ったら、「ERは砂漠をここから2時間だから」って。

(山里亮太)うわーっ、折れたまんま!

(町山智浩)折れたまんま! でも最初はね、あまりにも痛くて、しびれていて全く痛くなかったんですけど、車で1時間ぐらい走っていたらだんだん痛くなってきて、結構地獄でしたけど(笑)。

(山里亮太)デス・ロード(笑)。

(町山智浩)デス・ロード(笑)。地獄のデス・ロード。ものすごい痛いんですよ。指が反対側に曲がっているし。折れているし。で、言ったら「まず、カルテを書かなきゃいけないから」って。お医者さんが。で、「なにがあったか、言え」って言われて、ものすごく恥ずかしかったですよ(笑)。だって俺、その時モヒカンですよ!

(海保知里)フハハハッ!

(町山智浩)モヒカンでマッドマックスの格好をしていて、指が折れていて。「どうして折ったのかな?」って言うんですよ。で、話すわけですけど、もうバカみたいでしょう? 50いくつで。「えっ、年齢は?」とか聞かれて、「すいません……(サザエさんの)波平と同じです」みたいな。「OK! ナミヘイトオナジネ!」みたいな。で、モヒカンでこんな髪の毛を立てて。まあ波平もあれ、一本だけですけど、あれはモヒカンのつもりですから! ただ一本しかないからモヒカンに見えないんですけど、あの人はモヒカンですから」っつって。

(山里亮太)それどころの騒ぎじゃないでしょう?

(町山智浩)で、これが折れていて。結局そこでは手術はできないっていうことで。「これは手の専門の医者のところにいかなきゃダメだ」って言われて。で、手の専門のお医者さんのところに行ったら、なんか体を動かしたらアバラが痛いんですよ。で、「アバラにもヒビが入っているね」って女の人に言われて。で、「こっちもなんとかならないんですか?」って言ったら、「私は手の手術しかしないので」っていう。なんか『ドクターX』みたいなことを言われて。

(海保知里)フハハハッ!

(町山智浩)すげー痛いんですよ。いまもアバラにヒビが入っているんですけど。

(山里亮太)アバラは外部から治せないんでね。

(町山智浩)治せないんですよ。アバラは我慢するしかないんですよ。なにもできないんですよ。アバラってそうなんですよ。でもアバラってすごく折れやすいんですよ。このへんは鍛えられないから、ボクサーとかもこうやって、かならずガードしなきゃいけないんですよ。ブルース・リーとかはこのアバラにスッと手を入れて掌底で折ったりするような凶悪なことをする人もいますけどね。

(山里亮太)映画の中で、ですよ。

(町山智浩)そう。映画の中でですね。ジークンドーっていうのは凶悪なスポーツなんです。だからまあ、そういうことをやってきて。あ、時間がなくなってきた! で、僕はね、実は「町山大賞」っていうのを毎年やっているんですけど。って、去年やっただけですが。今年、町山大賞が決まったんで、急に言います。『全員死刑』!

町山智浩 映画『全員死刑』を絶賛する
町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で小林勇貴監督の映画『全員死刑』についてトーク。「2017年の町山智浩大賞!」と絶賛していました。

(中略)

(町山智浩)すいません、僕ね、さっきの僕が出場したマッドマックス祭り、サンダードームの放送を言うのを忘れたんですが。11月10日の18時からニコニコ動画でなんと12時間一挙放送。ノーカット(笑)。

(海保知里)ええーっ!

(山里亮太)町山さんがそのケガを負うところも、じゃあ?

(町山智浩)そうですね。はい。ということで、12時間……どんなやつが見るんだよ!って思いますけども。ということで、ニコニコ動画です。11月10日です。はい。

(山里亮太)要チェックでございます。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました