スポンサーリンク

Creepy Nuts ラジオへの愛を語る

Creepy Nuts DJ松永 チャラいDJの選曲を語る Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Creepy Nutsのお二人んがニッポン放送『Creepy NutsのオールナイトニッポンR』の中でラジオへの愛について話していました。

(R-指定))あの我々、ヒップホップグループでありながら非モテであったり、DJ松永が童貞だったりする、そんな感じのグループなんですよ。で、かつ我々、すごいラジオが大好きでね。

(DJ松永)大好き。特に俺なんて、中学生の頃からラジオを聞く生活がずっと続いていて。毎日録音したラジオを繰り返し聞いたり、寝る時にラジオを聞きながら寝るっていうのはRも一緒だけど。

(R-指定)俺もラジオを聞きながら寝るのが日課でしたね。

スポンサーリンク

DJ松永はオードリーのオールナイトニッポンの超ヘビーリスナー

(DJ松永)特に俺は『オードリーのオールナイトニッポン』のヘビーリスナーで。まあ、よくね、「リトルトゥース」。あとは、「トゥスナー」っていうんですけど。これ、あれですよね? 今日、ミキサー(のスタッフ)は大沢さんですよね? あれですよね? チーム付け焼き刃のレジェンドメンバーの大沢さんですよね? いや、俺今日ブチ上がって。絶対に本番になってから言おうと思って。大沢さん、ラジオで聞いているよりも見た目が渋いっすね! ナイスミドルな。

(R-指定)どこに尻尾振ってんねん(笑)。

(DJ松永)ナイスミドル!

(R-指定)まあ、そんぐらいラジオ好きで。で、松永さんはオードリーさんのね。だからさっきさ、サラッとオードリーの若様が言っていたけど。

(DJ松永)すごいよ! だって、すごくないですか? 普通に、もともと俺、『オーノ……ドリーのオールナイトニッポン』は……俺、すっごい噛んでるね(笑)。恐ろしいほど噛んでるけど(笑)。

(R-指定)愛情が……

(DJ松永)愛が溢れすぎて。

(R-指定)落ち着いて。松永さん。どうどうどう。落ち着いて。

(DJ松永)ちょっと動悸があがっているよ。7年ぐらい放送しているのよ。『オードリーのオールナイトニッポン』って。もう全部、5周ぐらい聞いてるのよ。マジで。(オールナイトニッポン)Rの頃から全部聞いてるのよ。そんなやつが……別に音楽と切り離してずっと考えていたんだけど。直結して考えてなかったんですけど、こんなことになるとは! 若さんとかすみんと……

(R-指定)わかったわかった。松永さんね、すっごい目、キラキラしてるやん? 聞いている人はどうでもいい。

(DJ松永)なんで! ちょっと! えっ? トゥスナーが流れで聞いているんじゃないの?

(R-指定)聞いてるよ。もちろんでも、これ簡潔に説明しようよ。俺ら。俺もラジオ好きでね。で、俺もこれ、有楽町さんで言うことかどうかわからないですけど。俺は宇多丸さんのラジオとか、JUNKやったり……さっき若林さんにもバレてましたね。「山里さんの方をよく聞いてるんじゃないか?」と。

(DJ松永)いやー、気づくよ。あの人たちの気づき、半端じゃないんだから。こまけえこと、超気づくんだもん。

(R-指定)今日はそんなCreepy Nutsがお送りするオールナイトニッポンRでございます。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

オードリーの『Creepy Nuts オールナイトニッポンR』紹介

この放送の直前にオードリーのお二人がCreepy Nutsの番組紹介をしていました。

(若林正恭)この後はね、Creepy Nutsがラジオをやるらしいですよ。

(春日俊彰)ほうほう。はじめて?

(若林正恭)2人、向いてるんじゃないかなって。また新たな天才ラジオパーソナリティーが今夜生まれるんじゃないか?って。

(春日俊彰)ああ、そうなの?

(若林正恭)もうニッポン放送中、大変なことになっています。

(春日俊彰)ああ、すでに? 終わった後じゃなくて?

(若林正恭)すでに。俺もCreepy Nutsのライブを見たことがあるけどね、あの2人はとにかくね、曲と曲の間のMC、しゃべり、めちゃくちゃ面白いから。

(春日俊彰)ああ、そうなの?

(若林正恭)生でやってね。向いていると思うんだよ。松永くんがこのラジオの大ファンで聞いてくれているんだよ。松永くん、ずーっと。

(春日俊彰)へー。ありがたい。センスがあるね。それはね。

(若林正恭)で、R-指定くんも聞いてくれているっていう表情をいつも会うと見せてるんだけど、たぶん山ちゃんのラジオの方がファンなんだよね。

(春日俊彰)なんとなくわかる(笑)。

(若林正恭)なんとなくわかる?(笑)。みなさん、ぜひ聞いてみてくださいね。楽しいと思うので。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました