プチ鹿島 大谷翔平のすごさにスポーツ紙の見出しが追いつかない問題を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

プチ鹿島さんがTBSラジオ『東京ポッド許可局』の中で2016年シーズンに大活躍した日本ハムファイターズの大谷翔平選手についてトーク。大谷がすごすぎて、スポーツ新聞の見出しが追いついていない問題を話していました。



(サンキュータツオ)そういえば、今シーズン。大谷翔平すごかったですけども。鹿島さん、なんか思うところありませんか?

(プチ鹿島)なんか、僕ね、スポーツ新聞をよく読むんですけども。大谷翔平がすごすぎて、見出しが追いつかないんですよね。いままでだと、たとえばリーグ優勝をした時ってね、大谷翔平がほら、最後自分で打って、投げて、優勝しちゃったわけですから。

(サンキュータツオ)すごかったねー。

(プチ鹿島)だから、「漫画だと怒られる」みたいな見出しがあって。もう、ついていけないんですよ。

(マキタスポーツ)なんだって?

(サンキュータツオ)「漫画だったら怒られる展開をやってのけた」っていう。

(マキタスポーツ)ああー、そうか! 荒唐無稽すぎると。

(プチ鹿島)「こんなの、漫画だったらあり得ない」とか、そういう見出ししかないんですよ。

(サンキュータツオ)オヤジの知っている物語に当てはまらないから。

(プチ鹿島)で、スポーツ新聞ってどちらかと言うと人間的なところをフィーチャーするじゃないですか。で、大仰に言うじゃないですか。で、大谷ってそれと実は相性がよくないんですよ。なぜなら、もう飛び抜けてアスリートとしてすごいから。活字に合わないんです。

活字と合わない大谷翔平

(サンキュータツオ)オヤジジャーナルと相性が悪いよね。

(プチ鹿島)だって、僕が子供の頃から見てきた80年代ぐらいの野球って――これはラブを込めて言ってるんですけど――野球選手って僕、アスリートじゃないと思っていて。野球選手は「野球選手」っていうカテゴリーの人だと思ったんですよ。

(サンキュータツオ)「お相撲さん」みたいな。

(プチ鹿島)そうそうそう。で、もちろんそれはものすごい能力があってって認めてですよ。たとえばだって、清原が新人で入ってきた時に、NHKが密着してね。阪急の山田久志投手にインタビューをしていたんですよ。そしたら、山田久志はどういうシチュエーションだったか?っていうと、ホテルで暗い感じで、ガウンを着てタバコ吸いながら、「いや、彼はいい新人だね」っていうのをNHKで普通に……

(サンキュータツオ)(笑)

(プチ鹿島)だからこういうの、アスリートじゃないですよ。

(マキタスポーツ)代々木忠みてーな(笑)。

(プチ鹿島)だから、野球選手なんです。

(サンキュータツオ)犯罪の現場を見た人みたいな。証言者みたいな。

(プチ鹿島)そう。でも、それがイチローが出てきて、もはや大谷翔平。

(サンキュータツオ)そうだよ。イチローがやっぱりアスリートだったんだよ。

(プチ鹿島)だから、アスリートになっちゃったの。で、アスリートっていうのはスポーツ新聞的には合わないんです。

(サンキュータツオ)オヤジの常識を超えるからね。

(プチ鹿島)ただ見るだけの存在。だから、最終的に大谷が165キロ出して優勝を決めたクライマックスシリーズ、あるでしょう? さすがにもう見出しが「大谷、165キロ」っていう、そのまんま。即物的な見出しにしかならないの。


(サンキュータツオ)ああー。ドラマに当てはめられない。

(プチ鹿島)ドラマに、人間臭い……だから「中畑」とかさ。「キヨシ」とかさ。ああいうのがいちばんスポーツ新聞は合うんだけど、大谷はもうただ、活字には合わないの。想像力とかじゃなくて、ただただ見させてもらうっていう。あと、現実の方がすごくてたとえられない。ニューヨークの9.11の時に、「まるで映画を見ているようだ」っていう表現がすごくありふれたじゃないですか。で、それはわかるんだけど……でもじゃあ、たとえるなよっていう感じなんですよ。もう現実がすごすぎて。それと同じような延長線上にいるんだと。

(サンキュータツオ)そうだよね。

(マキタスポーツ)たとえて咀嚼したいんだな。

(プチ鹿島)で、どうしても活字で楽しみたいっていう文化、あるじゃないですか。大谷は、活字では楽しめない。ただ、それだったら見ておけ!っていう。オリンピック選手を見るような感じですよね。

(サンキュータツオ)マー君以来じゃないですか?

(プチ鹿島)いや、マー君はまだ、スポーツ新聞ジャーナルの中にいましたけど、大谷はもう……

(マキタスポーツ)それじゃあやっぱり、そういう指摘もありましたけど。大谷の嫁候補って言っていたじゃないですか。

(サンキュータツオ)マー君ってやっぱり里田まいと結婚するっていう、ある意味……

(プチ鹿島)まだまだね、スポーツ新聞ジャーナリズムの範疇にいた人です。

(マキタスポーツ)だから、大谷翔平さんが本当に女子アナと結婚するようなことがあったら、オヤジジャーナルは喜ぶよ。

大谷の嫁問題

(プチ鹿島)「しめた! ああ、俺たちのまだ手に負える人物だ」と。だから、そこは超えてくるんじゃないかな? で、女子アナとかグラドルとかは近づけないようにしてほしい。

(サンキュータツオ)(笑)

(マキタスポーツ)大谷がさ、アメリカに行ってさ、トランプの嫁みてーなのと結婚したらさ、どうなるの?

(サンキュータツオ)トランプの嫁みたいな変なのじゃなくて……

(マキタスポーツ)いや、ああいうもうプレイメイトみてーなのと結婚したら、どうするの?

(プチ鹿島)ああー、いいじゃないですか。

(マキタスポーツ)そしたら、オヤジたち喜ぶか。

(サンキュータツオ)俺、もう向こうのアーティストみたいな……

(マキタスポーツ)向こうのオノ・ヨーコみたいなのを(笑)。

(サンキュータツオ)オノ・ヨーコは向こうのじゃないよ!

(プチ鹿島)それか、もうこっちの日本の女優のトップクラスですよね。

(サンキュータツオ)広瀬すず的な。

(プチ鹿島)広瀬すずでも長澤まさみでも、誰でもいいですよ。僕らが「なんだよ?」っていうのは、僕らの中では野球選手でトップクラスだと思ったのに、なんでそこなんだよ?っていう。不釣り合いが……

(マキタスポーツ)たとえば、綾瀬はるかさんとかがもし結婚したら、なんか俺、モヤモヤするな。やっぱりそれこそ、できすぎちゃっているっていうか。でも、姉さん女房だから……

(サンキュータツオ)貴乃花と宮沢りえの時はどう思ったよ?

(プチ鹿島)あれはだから本当にびっくりしたよね。

(マキタ・タツオ)(笑)

(プチ鹿島)だから本当に、「漫画みたい」って思わず言っちゃいそうになりましたよね。

(マキタスポーツ)うん。そうだね。たしかにね。

(プチ鹿島)だからそういう……

(サンキュータツオ)女子アナじゃないよね。大谷ね。もう。アスリートかな? 逆に。

(プチ鹿島)まあ一周して、紗栄子っていうパターンもありますよね。

(サンキュータツオ)(笑)

(マキタスポーツ)ああーっ!

(サンキュータツオ)面白すぎるね、それ!

(プチ鹿島)「また、そこ行くのかよ!」っていう。で、偉大なる先輩を超えていくっていう感じのね。

(マキタスポーツ)紗栄子は何なの? じゃあ。つまり、怪物級の野球選手にとって、紗栄子は何なんだよ?

(サンキュータツオ)名キャッチャー(笑)。

(マキタスポーツ)名キャッチャーなの?

(サンキュータツオ)女房役。

(マキタスポーツ)女房”役”なんだ。

(プチ鹿島)それか、本当に落合夫人みたいな。

(サンキュータツオ)やり手実業マンみたいな。

(マキタスポーツ)小料理屋の女将みたいな? 一周してそこに?

(プチ鹿島)「ああ、この人がいいんだろうな」っていう。

(マキタスポーツ)森三中の黒澤と結婚したらどうなる?

(プチ鹿島)だから、オヤジが喜びそうじゃない人と。ねえ。

(サンキュータツオ)アスリートでしょう。やっぱ。

(プチ鹿島)予想を超えてくる人とね。

(マキタスポーツ)アスリート?

(サンキュータツオ)木村沙織みたいな人と結婚してほしい。バレーボールのさ。そしたらもう、どういう物語にするかよくわからないじゃん。もう、オヤジジャーナルは。それか、本当向こうのアスリート。アメリカの。オリンピックのメダリストみたいな人とか、そういうフィジカルエリート。

(マキタスポーツ)でも、それはそれでオヤジジャーナルはたとえるんじゃないの? すごい、ブリーダーとして。ブリーダー的な観点で。喜ぶじゃん。

(プチ鹿島)競走馬みたいな感じで書くよ。

(マキタスポーツ)経済動物扱いで。

(プチ鹿島)いや、でも本当に大谷を、いま電車に乗って見に行けるのはいまだけですからね。もうこの数年ですからね。あとはもう、飛行機に乗って何時間もしないと見に行けないですよ。

<書き起こしおわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事