スポンサーリンク

ダースレイダーとプチ鹿島 電気グルーヴ作品回収撤回署名活動を語る

ダースレイダーとプチ鹿島 電気グルーヴ作品回収撤回署名活動を語る YBSキックス
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダースレイダーさんがYBS『キックス!』火曜日に電話出演。自身が発起人の1人になり、ソニー・ミュージックに対して電気グルーヴの作品回収を撤回するよう求める署名を提出した件について、プチ鹿島さんと話していました。

(プチ鹿島)さあ、海野さん。今週もいろいろたくさんニュースありましたけどもね。ちょっと僕、気になったニュース記事がありますので、ちょっと海野さん、よろしいですか?

(海野紀恵)いいですか? 今朝の日刊スポーツに出ていたんですけども。電気グルーヴのピエール瀧被告がコカインを使用したとして逮捕・起訴されたことを受けまして、音源・映像の出荷停止、さらに在庫の回収、配信の停止を行ったソニー・ミュージック・レーベルズに撤回を求めまして、署名活動を行った発起人らが会見を開きました。

(プチ鹿島)いいじゃないですか!

(海野紀恵)署名もかなり集まって。6万人ほど署名が集まって。まあ、発起人の方々はですね、「自粛ブームが続く日本のあり方を変える機会だ」と会見で訴えたということですね。

(プチ鹿島)これ、だから個人とか1メーカーの話じゃなくて、そういう話になるのかなと思って僕も注目していたんですが。実はその記者会見というか、発起人のメンバーの中にラッパーのダースレイダーというのがいまして。ダースさん、僕と最近、結構いろいろと番組をご一緒してますので。これはぜひ、お話を聞きたいというので。ちょっといま、お電話がつながっているんですよ。ねえ。なんですか? このJ-WAVEみたいな感じ?(笑)。

(海野紀恵)本当ですよ!

(プチ鹿島)ちょっといいですか? もしもし?

(ダースレイダー)あ、もしもーし。ダースレイダーでーす。

(プチ鹿島)どもども。どうも、津田梅子です。

(一同)フハハハハハハハハッ!

(ダースレイダー)こんにちは、荒川強啓です(笑)。

(プチ鹿島)ちょっと反転しちゃったりしてね(笑)。失礼な話だよ、あれ(笑)。

(海野紀恵)本当ですよね(笑)。

(プチ鹿島)もうその時点でニセ札じゃねえか?っていう話ですけどね。

(海野紀恵)なんで誰も止めなかったんだろう?っていう(笑)。

(プチ鹿島)まあ、そんな話もありますけども……ダースさん、昨日会見に出席されておっしゃってましたけども、改めてちょっとその経緯というか、その目的を教えていただけませんか?

(ダースレイダー)署名活動自体は発起人の永田夏来さんという社会学者の方と、音楽研究家のかがりはるきさんという人が、そもそもそのピエール瀧さんが逮捕されて、その直後に予定されていた電気グルーヴの30周年のライブっていうのが中止になったんですけども。その空き時間で「これ、どうなっていくんだろう?」ってどうしても考えてしまうと。で、ソニー・ミュージックがその作品の出荷停止を早々に発表したので、なんかできないかな?っていうことで署名活動を始めたのがきっかけで。

(プチ鹿島)はい。

(ダースレイダー)それで僕は荻上チキさんとか宮台真司さんに「参道人になってみない?」って言われて。それで永田さんからも連絡が来たので、いの一番で「やりますよ」と言って参加したんですけども。実はこの電気グルーヴに限らず、やっぱり90年代……ラルク・アン・シエルのシングルからこの風習ってスタートしていると思うんですけども。何か不祥事が起きると作品を全部引きげちゃうっていうのが90年代の終りぐらいから始まっていて。

その都度、僕は違和感は感じていて。「なんでだろうな?」っていうのは思ってたんですけど。なかなかそれを大きい形にする機会というのがなかったんですけども。今回、やっぱり電気グルーヴという存在が大きかっただけに、署名活動っていうのが割とあっという間に3万人とか集まって。気づいたら期日までに6万4600人とかかな? 集まったので。これを機会にいろいろ考える提言ができたらなと思って僕は参加をしたんですけども。

(プチ鹿島)だからまあ、たとえば1音楽メーカーとか1グループの話じゃなくて、ずっと90年代以降気になっていた、もしくはこれからも続くであろう問題なんですよね。だからこそ、声を上げたっていうことですよね。

(ダースレイダー)僕、だからJ-Walkと夏を過ごしたことがないんですけど(笑)。まあでも、J-Walkと夏を過ごした人だっているだろうし。

(プチ鹿島)うん。大切な思い出ですよね。

(ダースレイダー)そうなんですよ。で、チャゲアスの楽曲が人生の一部になっている人だっていると思うし。槇原敬之の曲で人生が変わったっていう人もいると思うので。

(プチ鹿島)いまから殴りに行けない人もいるわけですよね。

(ダースレイダー)うんうん。そうなんですよ。「ヤーヤーヤー」って言われてもね(笑)。

(プチ鹿島)もう上げた拳をどこに下ろしていいか、まさにわからないっていう。

(ダースレイダー)そういった迷える人たちが実はたくさん生まれてしまっていて。もちろんその不祥事を起こした人がその刑事責任だったり、そういった個人として向き合わなきゃいけないものっていうのはたくさんあると思うんですけども。出した作品にいろいろ影響を受けていく、すごい広範囲の人たちっていうのが、なんか全員影響を受けてしまうっていうのはどうなんだろう?って前から思っていて。

音楽作品も「1人が作った」って言っても、レコーディングしたり、それこそレコード会社でそれを販売したりするところも含めて、いろんな人が関わってるし。映画作品もそうですよね。共演者がいて、監督がいて……とか。だからそのへんの考え方って他の考え方もあるんじゃないかな?っていうのを僕は思っていたのと、ソニーさんが今回出荷停止をしたタイミングでは、やっぱりこういう不祥事が起きた時には何かアクションを起こさないとマズい。

でも、起こせるアクションってなんだっけ?」って思った時、たぶん選択肢は1個しかなくて。「ああ、こういう場合って回収するんだよね」みたいな、そういう選択肢が1個しかないから、そうなっちゃったのかなと。

(プチ鹿島)だから実は考えてもいないんじゃないか?っていうね。思考停止じゃないですけども。

スポンサーリンク

なにも考えずに作品を回収する思考停止

(ダースレイダー)うんうん。だから「実はこういう方法もありますよ」っていうのをじゃあ、僕らから提案できることがあったら提案しようっていうのと、「そもそもこれ、回収をしちゃうと実はよくないことがいっぱいありますよね?」っていう。僕が単純に思ったのは、そもそも薬物事案の場合は本人を社会復帰させるのか、社会から抹殺するのか。どっちの考え方なんだ?っていうことなんですよね。

(プチ鹿島)本当にそこ、ダースさん。大事ですよね。やっぱり犯罪は犯罪かもしれないけど、これから社会復帰していく人を、もうそれだけで「アウト!」ってなっちゃうのは、ちょっとおかしいですよね?

(ダースレイダー)でも割とみんな「復帰してほしい」とか「早く立ち直ってほしい」とかって言うのであれば、そういうならばそうなるようにしないとダメだよねっていう話だし。で、その時に作品を全部ないことにしちゃう場合、たとえば新しい作品を出すっていうハードルも上がっちゃうし。それに「いままで自分がこういう仕事をしてきたんだ」っていうものがある種、その復帰へのモチベーションにもなるっていう。

まあ、誰が考えてもわかることだと思うので。応援するファンの声とかもね、「この曲が好きなんですよ!」とかって言われるのがすごくパワーになるっていうのも当然だと思うので。まあ「復帰させるんだったら、回収はしない方がいいよね」っていうのはすごくあるのと……あとは社会的な影響みたいな話が出た時に、鹿島さんが得意なメルカリウォッチングがあると思んですけども。

やっぱり転売するCDの値段とかが上がるんですよね。「買えない」ってなってしまうと。そういったことが生まれたり、あるいはいま、違法ダウンロードが……とかっていう話をすごいしているのに。ねえ。悪いことを考えた人が(買えないのなら)アップロードしちゃおうって思う可能性も出てくると思うし。だったら、そういうことはしないでちゃんと売るべき人が売って。それでその売ったお金をどうするか?っていうのはいろいろとあると思うんですけども。

まあ「悪いことをしたのにお金を稼ぐのか!」みたいなことを言う人がいるんだったら、じゃあその瀧さんが受け取る分の印税とかを寄付しましょうとか、そういうのもありうる話だと思うし。

(プチ鹿島)うんうん。

(ダースレイダー)あと、作品と本人……要は何かしら過激な内容だったり、あるいは過激な人が作った作品っていうのがそういった影響を人に与えるっていう実証データというものは実はなくて。これは宮台真司さんが記者会見で言っていたんですけれども。60年代ぐらいジョンソン大統領の諮問委員でいろんな表現というものは規制はなるべくしない方がいい。ただし、事前告知……「こういうものが流れますよ」って。

たとえば映画に「ピエール瀧が出ますよ」っていうのでもいいし、「この中に電気グルーヴの曲が流れます」っていう事前告知はします。それとゾーニングって言って年齢とかそういったもので簡単にすぐに誰の目にも入るようにはしないっていう手段を使って作品を扱うっていう方がより効果的だというのは、いわゆる世界的な常識にいまではなっていて。でも日本ではあまりそういう考え方をしない。なんか、ねえ。作品を出荷停止してからも、テレビでじゃんじゃん瀧さんの顔を流して。保釈されたらヘリコプターで追いかけてますからね。

(プチ鹿島)そうそう。それはそれで「有名芸能人が堕ちていく様を見る」っていうことに快楽を感じているようにも見えますよね? それはそれで「麻薬」じゃねえの?って思うんですよ。

(ダースレイダー)なんか取り憑かれたように毎日報道していますもんね?

(プチ鹿島)むしろそっちも治療が必要ですよね?

(ダースレイダー)そうなんですよ(笑)。だから「社会的影響」とかって言うんだったら、それを報道しないのがいちばんいいと思いますけど?ってどうしても思っちゃうんですけども。

タイトルとURLをコピーしました