スポンサーリンク

松尾潔 Crystal Kay『Lovin’ You』を語る

松尾潔 Crystal Kay『Lovin’ You』を語る 松尾潔のメロウな夜
スポンサーリンク
スポンサーリンク

松尾潔さんがNHK FM『松尾潔のメロウな夜』の中でCrystal Kay『Lovin’ You』を紹介していました。

(松尾潔)大変滋味深い2曲を続けてご紹介しました。まずはグレッグ・D・ムーア feat. ケニヤ & ジョニー・アドキソン(Gregg D. Moore feat. Kenya & Johnny Adkison)で『Twosome』でした。

スポンサーリンク

Gregg D. Moore feat. Kenya & Johnny Adkison『Twosome』

これはね、グレッグ・D・ムーア名義のアルバムで先ごろリリースされたんですけども。楽曲自体は1年前……2年ぐらい前からネット上で聞くことができましたね。で、もう聞いておわかりのように90’s R&Bムードがバリバリでございます。よくよく聞いてみますと、音響的なところではちゃんと21世紀の音作りが。そういった音の意匠が施されていますけども。まあ曲の作りというのは不変のものですね。これは90年代に完成していたスロウジャムの形を忠実に継承して、それがいま新鮮に聞こえるという。本当に技ありの1曲でございました。

せっかくですからでは、じゃあ90年代にさかのぼって1曲と思ってご紹介しましたのが、1998年にリリースされました。当時、まさに先ほどのプリシラ・レネイじゃないですけども。女性ソングライターとして大活躍しておりましたアンドレア・マーティン(Andrea Martin)のリーダーアルバム『The Best of Me』の中から『Steppin’』という曲をご紹介いたしました。

スポンサーリンク

Andrea Martin『Steppin’』

アンドレア・マーティンもね、当時、たとえばモニカ(Monica)に『Before You Walk Out Of My Life』みたいなヒット曲をもたらしながらも、本人はいまひとつ成功につながらなかったんですけどね。

けど、いいアルバムでしたよ。これにはリクエストをいただいておりました。香川県にお住まいの33才の女性の方。「15年前、高校生の時にラジオから聞こえてきた時に、『ずっと聞いていたい不思議な声』と思いました。アルバムは学生時代によく聞いていましたが、またあの頃のようにラジオから彼女の声が聞こえてくるのを楽しみに待っています」と。今日、聞いてくださったのかな? たしかに、こういう音楽に慣れていない、ましてやJ-POPのあの響きに慣れた耳なんかには不思議な声かもしれませんね。こういう声帯の人と普段話したことがないよっていう、そんな素敵な発声ですよね。アンドレア・マーティン『Steppin’』という、僕も本当に久しぶりに思い出しました。この曲、懐かしく聞かせていただきました。

さて、続いてのナンバーはこちら。今週リリースされる新曲です。この番組ではたびたびご紹介してまいりました。Crystal Kayさんの新曲を最後に聞いていただきたいと思います。もちろん、プロデュースは僕が手がけています。『Lovin’ You』。

スポンサーリンク

Crystal Kay『Lovin’ You』


アンドレア・マーティンを聞いた後にCrystal Kayの『Lovin’ You』。僕の中ではつながっている曲ですね。Crystal Kayの『Lovin’ You』の作曲者であります坂詰美紗子さん。彼女自身もなかなかに優れた作品を出しているシンガーでもあります。坂詰美紗子さん作曲。作詞は僕、松尾潔。Crystal Kay『Lovin’ You』でした。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました