スポンサーリンク

松尾潔 Chris Brown『Back To Sleep Remix feat.Usher&Zayn』を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

松尾潔さんがNHK FM『松尾潔のメロウな夜』の中でクリス・ブラウンがアッシャー・ゼインと共演した『Back To Sleep Remix』を紹介していました。

スポンサーリンク

Chris Brown『Back To Sleep REMIX (Audio) ft. Usher, ZAYN』



続いてご紹介しましたのは、今週のクリス・ブラウン(Chris Brown)。出た!という感じですけども(笑)。クリス・ブラウン feat. アッシャー(Usher)&ゼイン(Zayn)で『Back To Sleep Remix』でした。これはね、クリス・ブラウン。この番組でもずっとお届けしていますけども。ニューアルバムの『Royality』の中でも目立っていた曲ですね。マーヴィン・ゲイ(Marvin Gaye)スタイルということは、とりわけ『Sexual Healing』ですけども。それはもう本当、この番組のリスナーの方には説明不要かと思います。

で、アッシャーをフィーチャーしていること。これもクリス・ブラウンにとっては馴染みと言いますか。『New Flame』という2人の代表的なヒット曲もございますし。目新しいことではないのですが。



今回、このリミックスにゼインという、もしかしたら聞き慣れない名前が加わっております。このゼインというのは誰か?と言いますと、あのイギリスをというか、いま世界を代表するボーイズバンド。世界のボーイズバンドの頂点に立っていると言っても差し支えないでしょう。ワン・ダイレクション(One Direction)。1D。あそこから脱退したゼイン・マリク(Zayn Malik)のことなんですね。

そうなんですよ。まさかね、メロ夜でワン・ダイレクションのメンバーの話をする。そんな日が来るなんて思いもしませんでしたね。本当に、縁がないかと思っていましたが、なんとね、ソロではR&B路線を追求するみたいですね。ええ。これはね、かつてスパイス・ガールズ(Spice Girls)からメンバーがソロアルバムをどんどん出した時に、メラニー・B(Melanie B)がずいぶん振り切ったR&B路線を邁進したことを思わせますね。

ゼインの場合はもうソロ活動っていうか、独立してますからね。なるほど。ちょっとこう、いまいるところが嫌でやめたというよりも、やりたいことがあったんだなって思わせてくれるような。なかなか堂々とした所作を見せてくれますね。なにしろクリス・ブラウンとアッシャーと一緒にいても引けをとらないこの感じっていうのはね、彼は並の新人ではないという証かと思います。『Back To Sleep Remix』。クリス・ブラウン feat. アッシャー&ゼインでした。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事