スポンサーリンク

DJ HAZIME 2016年夏のレゲエブームを語る

渡辺志保とDJ HAZIME アメリカ・ストリップクラブ事情を語る INSIDE OUT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

DJ HAZIMEさんがblock.fm『INSIDE OUT』の中で2016年夏にブームの兆しを見せているレゲエと、フロアで盛り上がっている曲について話していました。

(渡辺志保)イエーイ! お届けしたのはDJ HAZIME INSIDE OUTスペシャルMIXでした! ありがとうございます!

(DJ HAZIME)ありがとうございます。

(渡辺志保)というわけで、先ほどに引き続いてDJ HAZIMEさんをお迎えしてお届けしております。なかなかホットなMIXでございましたが。ありがとうございます。

(DJ HAZIME)最後はちょっと夏意識ね。あちーし。

(渡辺志保)夏意識(笑)。あちーし。蒸し暑いから。でも、昨今の流行りのトロピカルなレゲエなヴァイブスと上手いことつないでいただきまして。どうですか? でもHAZIMEさんは常日頃からずっとね、レゲトンとかレゲエシーンとか、あとはジャマイカのシーンなんかを追いかけてらっしゃると思うんですけど。

(DJ HAZIME)レゲエ? 流行ってるよね。どうする?っていう話?

(渡辺志保)そうそうそう。

(DJ HAZIME)ええー、長くなるよ。この話。

(渡辺志保)ああ、そうか(笑)。

(DJ HAZIME)いや、いいんだけど。とりあえず、要はもう1回レゲエがドカンと来るには、当時バブッたようなショーン・ポール(Sean Paul)とかみたいな、アメリカでもすげー売れたよね!っていうインターナショナルなアーティストが出てこないと、レゲエ大爆発もう1回はちょっとないかな?っていうことだけは言っておこうかな。

(渡辺志保)なるほど。まあMIXの最後にかけていただいたドレイク(Drake)の『Controlla』もドレイクのアルバムに入っているのはポップコーン(Popcaan)が参加してないバージョン。

(DJ HAZIME)いないバージョンなんだよね。

(渡辺志保)そう。かけていただいたのは、ポップコーンいるバージョン。

(DJ HAZIME)いるバージョン。で、レゲエ現場ではもうポップコーンいるこのバージョンがすっげー盛り上がるみたいね。

(渡辺志保)ああ、やっぱりそうなんだね。なので、いま若者からもプロップスが集まっている若手期待レゲエアーティストと言えば、もうポップコーン。

(DJ HAZIME)ポップコーン。ぶっちぎり。

スポンサーリンク

ポップコーンがぶっちぎり

(渡辺志保)ぶっちぎり。じゃあ、ヒップホップリスナーもね、ポップコーンの名前だけは覚えて今日帰ってください!っていうようなね、感じがしますけども。ちなみにいまかけていただいたMIXの中で、これをかけるともうフロア爆発しちゃうんだよねっていう推しチューンがあれば、教えてください。

(DJ HAZIME)まあ、今日はリミックスかけたけど、『Cut It』はすげーウケるね。

(渡辺志保)おっ、マジっすか? OT・ジェナシス(O.T. Genasis)の。

(DJ HAZIME)結構サビで(音を)抜いて大合唱っていう感じだもんな。

(渡辺志保)おおーっ、そうなんだ。じゃあ大合唱するレベルでみなさん。

(DJ HAZIME)そうね。あとはファット・ジョー(Fat Joe)の『All The Way Up』は盛り上がるね。

(渡辺志保)こちらもね、三連発ぐらいリミックスをね。

(DJ HAZIME)すげー好きなんだよ、これ(笑)。

(渡辺志保)(笑)。はにかみながら、「すげー好き」とね、教えていただきましたけども。

<書き起こしおわり>
https://miyearnzzlabo.com/archives/37092

タイトルとURLをコピーしました