渡辺志保 Lil Nas X『Old Town Road』カントリーチャート除外を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

渡辺志保さんがbayfm『MUSIC GARAGE:ROOM 101』の中でアトランタのラッパーLil Nas Xの『Old Town Road』がビルボードのカントリーチャートから除外された件について話していました。

(渡辺志保)そして2つ目のニュースですが、リル・ナズ・Xの楽曲『Old Town Road』がビルボードのカントリーチャートから除外されるというニュースがありました。で、なかなかね、聞き慣れない名前だと思うんですけれども。リル・ナズ・Xというアトランタ出身の若いラッパーがいるんですが。彼の『Old Town Road』という曲がTikTokで大流行しているんですね。TikTok、ご存知ですか? 私は1回も使ったことがないんですけれども。

いろんな楽曲があって、それにみんな簡単な振りとかね、なんでもない、ちょっとただ動いているようなところを楽曲に合わせて、それを映像で……何て言うんですかね? なんかうまい具合に編集してソーシャルメディア的な使い方をする。若者中心に流行っているアプリですけども。TikTok上で『Old Town Road』という曲が大ヒット。

それがですね、ちゃんとビルボードチャートにもランクインにするぐらいのヒット曲になっているんですけれども。この曲、バンジョーの音が入っていて。カウボーイの日常についてラップしている曲なんですよ。なので、Spotifyなんかではジャンルが「カントリー」という風に書かれていたんですが。ビルボード側が「これはカントリーじゃない」という風に判断しまして、16位だったかな? 最高位16位ぐらいまでランクインしていたんですけれども、カントリーのチャートからを外される。

まあ、そのかわりにラップのチャートであるとか総合チャートにはまだランクインしているんですけれども。そこでですね、アーティストの本位とは異なる判断でジャンル分けを勝手にされてしまったという話なんですけれども。これがちょっと物議を醸しておりまして。バンジョーの音も入ってて、サウンド的にはすごくカントリーっぽい感じではある。で、歌詞の内容も非常にカントリーである。ただ、それがラップで若い黒人男性が歌っていたら、それがカントリーというジャンルから外されてしまうのはちょっと差別的ではないか?っていうような声が上がっていたり。

スポンサーリンク

ジャンルはいったい誰が決めるのか?

じゃあ、そもそもジャンルっていったい誰が決めるの?っていう論争にもなったりしております。なので『Old Town Road』、まだまだこれからヒットは続くと思うんですけれども。いったいこれが何のジャンルに属する曲なのかっていうのはまだ議論が続くかなと思いますし。もういま、ジャンルの垣根なんて本当にあってないようなものですから。そういったところはね、今後どんな風に変化していくのかな?ってこのニュースをきっかけに私も再度、考えてしまいました。

というわけで、このトピックスのコーナーから1曲。そのリル・ナズ・Xの『Old Town Road』という曲を聞いていただきたいんですが。いったいこれは何のジャンルに属すべき曲なのか、ちょっとみなさんも考えながら聞いていただきたいなと思います。それでは聞いていただきましょう。リル・ナズ・Xで『Old Town Road』。

Lil Nas X『Old Town Road』

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする