スポンサーリンク

渡辺志保 The Weeknd ft. Tyler, The Creator『Here We Go… Again』を語る

渡辺志保 The Weeknd ft. Tyler, The Creator『Here We Go… Again』を語る INSIDE OUT

渡辺志保さんが2022年1月10日放送のblock.fm『INSIDE OUT』の中でThe Weeknd ft. Tyler, The Creator『Here We Go… Again』を紹介していました。

(渡辺志保)というわけで、今日最後の曲はザ・ウィークエンドのアルバムから1曲ということにしました。これもまた、どの曲にしようかな?って思ったんですけども。タイラー・ザ・クリエイターとやっている『Here We Go… Again』っていう曲にとりあえずしたっていう。でも本当にね、ジム・キャリーまで引っ張ってきてアルバム1枚完成させるのって、本当にすごいなって思ったし。

(DJ YANATAKE)ジム・キャリー、びっくりしたよね。クレジットね。

(渡辺志保)で、最初と最後がジム・キャリーで。かつ、我々block.fm『INSIDE OUT』っていうラジオ番組をやっていますけども。この『Dawn FM』もタイトルから分かる通り、アルバム1枚がラジオ番組になっているっていう。

(DJ YANATAKE)クインシー・ジョーンズとかね。

(渡辺志保)そうよ。で、ウィークエンドのインタビューとかを読むとこの暗闇、暗いトンネルの中を車で走っていて、ザ・ウィークエンドがナビゲートするラジオを聞いているみたいな作りなんですよね。で、その光へと誘導するラジオパーソナリティーがジム・キャリーということで、いろいろなことを考えさせられましたし。で、この曲ではアンジェリーナ・ジョリーのことを歌っているのかな?っていうようなラインもあれば……。

(DJ YANATAKE)そうね。デートしているやつね。

(渡辺志保)で、「俺は昔、ロフトミュージックを歌っていた」っていうラインがあって、私はそこに結構ググッと来て。たしかに彼が出てきた当初ってロフト系R&Bって私は勝手に呼んでいて。当時、ブログも書いていたんですよね。「屋根裏部屋R&B」みたいな。そういうのが流行るのかな?って当時、本当に思っていて、しかも書いていたっていうことがあって。その1行に結構グッと来たっていうのもあります。っていうのと、ウィークエンドとタイラーのコラボ曲で悪いわけがないっていうね。

(DJ YANATAKE)で、他の曲だけども。『Out Of Time』っていうのがさ、日本のシティポップ、亜蘭知子さんの『Midnight Pretenders』っていう曲をサンプリングしていて。80’sポップをサンプリングする流れから、シティポップに行くのは自然な感じだし。しかもこの曲、織田哲郎作曲のやつなんだね。

The Weeknd『Out Of Time』

(渡辺志保)織田哲郎さん! そうなんだ!

(DJ YANATAKE)織田哲郎さん、『おどるポンポコリン』ですよ? あと、ZARDの『負けないで』とかさ。TUBEとかさ。WANDSとか中山美穂さんとかさ。

(渡辺志保)90年代のビーイング系とかね。すごいですよね。

(DJ YANATAKE)織田哲郎さんが作曲したシティポップが丸々使われていて。日本のその界隈もかなりザワッとしていますよね。

(渡辺志保)うんうん。びっくりしたんじゃないでしょうかっていう感じです。というわけで、今日最後にお届けするのはそのザ・ウィークエンドの新作アルバム『Dawn FM』から『Here We Go… Again ft. Tyler, The Creator』でお別れしたいと思います。また来週、お会いしましょう。おやすみなさい!

The Weeknd ft. Tyler, The Creator『Here We Go… Again』

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました