スポンサーリンク

ジェーン・スー TBSを退社する小林悠アナにエールを送る

ジェーン・スー TBSを退社する小林悠アナにエールを送る ジェーン・スー 相談は踊る
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジェーン・スーさんがTBSラジオ『相談は踊る』の中で、TBSラジオを退社する小林悠アナウンサーについてトーク。『ザ・トップ5』や『相談は踊る』で数多く共演したパートナーにエールを送っていました。

(ジェーン・スー)まあ、ラジオ界ではね、もうひとつ・・・『ラジオ界では』っていうとあれですけど、ニュースもありましたけども。『ザ・トップ5』で、あれは一期目ですね。私と一緒に楽しい番組を繰り広げ、そして『ナタリー』という名前もあそこで生まれたと言っても過言ではないでしょう。『過言ではない』っていうか、そうなんですけど。小林悠アナウンサーが退職されたというニュースを聞きまして。私も寝耳に水。青天の霹靂だったんですよ。

で、もちろん私なんか出入り業者みたいなもんですから。詳しい事情は全くわからないし。彼女ともまだ連絡も取っていないんですけど。もう、リスナーさんはみんなそういう気持ちにはなってらっしゃるとは思うんですが、私も同じように、彼女が決めたことだし、彼女の人生だから。そこは、ちゃんとうなずくというか。私、よくその、『決める時に正解も不正解もない。自分が選んだ方を後々正解にしていくしかないんだ』っていう話をよく番組でもしてるんですけど。

ナタリーはそれができる人だと思っているし。いまは、彼女を待つというか。なんか、こっちから何かをするとかいうことでもなく、なんとなく思いが届けばいいなと思いながら、すこし待ってようかなと思っています。リスナーのみなさんでも、本当にたくさん・・・びっくりしてね。胸が潰れるような思いをしたと思います。私もほぼ同じタイミングでその話を聞いて、本当に持っていたものを落としそうになるっていうのはこういうことか!っていうような経験をしましたが。ねえ。待ちましょう。みんなで。待っていきましょう。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました