スポンサーリンク

ナイツと松村邦洋 大好きな野球を語り合う

ナイツと松村邦洋 大好きな野球を語り合う ナイツのちゃきちゃき大放送
スポンサーリンク
スポンサーリンク

松村邦洋さんがTBSラジオ『ナイツのちゃきちゃき大放送』に出演。ナイツのお二人と一緒に、大好きな野球について語り合っていました。

(土屋伸之)さあ、それではさっそくゲストをご紹介しましょう。松村邦洋さんです。

(松村邦洋)はい、よろしくお願いします!お世話になります!ありがとうございます!

(土屋・塙)よろしくお願いします!

(出水麻衣)うわー、声に張りがあって。元気いっぱいですね。

(松村邦洋)うれしいですよ。挨拶にスランプないですからね!

(土屋・塙)(笑)

(出水麻衣)素敵!

(松村邦洋)挨拶にスランプがあっちゃいけないですから。

(土屋伸之)スポーツの名言みたいになっている(笑)。

スポンサーリンク

挨拶にスランプはない

(松村邦洋)仕事の出来・不出来はしょうがない。もう、これはしょうがない。2割6分で帰る時もあるんだね。助っ人外人だったら、帰らされる時もありますよ。

(土屋伸之)エンジン全開(笑)。

(塙宣之)野球にたとえるの、早いよ(笑)。

(松村邦洋)比喩は全部、野球だから。

(塙宣之)いま、素の松村さんですよね?

(松村邦洋)そうそう。僕、普通ですね。

(塙宣之)野球が大好きだから。松村さんは。本当に詳しいですからね。だって僕でさえ・・・僕もかなり自分では詳しいと思ってますけども、到底知らない情報が・・・

(土屋伸之)そうそう。もうプロ野球だけじゃないですもんね。大学野球、高校野球。

(松村邦洋)そうそう。見に行ってるから。ナイツのライブの前は神宮球場で創価大学と明治大学の試合を見てから・・

(土屋伸之)そうそうそう(笑)。ちょっと時間が空くとね、観戦しますもんね。

(松村邦洋)そうですね。

(塙宣之)創価大学のね、監督が岸監督っていって。息子が日ハムの監督付やっているね、岸七百樹くんっていうね。で、お父さん岸監督っていうね、すごい名物監督で。これ、寮に住んでいるわけですよ。大学のね。

(土屋伸之)まあ創価大学のね。いま、プロ野球選手、多いですから。

(松村邦洋)で、なんかもうそこに行って。松村さん、もう友達みたいになっているんですよ。

(土屋伸之)出身じゃないのにね。

(松村邦洋)あのね、ご出身がね、うちの田舎町と一緒なんですよ。

(塙宣之)山口県なんですよね。

(松村邦洋)そうなんですよ。はい。

(土屋伸之)なるほどね。そういう縁で。

(塙宣之)田中正義というね、今年のドラフトの目玉が創価大学、いますから。

(松村邦洋)これ、もう本当すごいピッチャーで、155、6キロ投げてますね。

(土屋伸之)もう、マー君ぐらいじゃないか?って言われているわけでしょ?期待されているわけでしょ?ドラフト何球団かかるか?って言われる。

(塙宣之)12球団競合してもいいんじゃないか?っていうぐらいになっているぐらいのピッチャーがいますね。

(松村邦洋)阪神のキャンプも行きましたし。もう。一軍は1日と2日に行ったんですけど、二軍のキャンプに。

(土屋伸之)二軍、行ったんすか!?(笑)。

スポンサーリンク

阪神二軍キャンプと掛布監督

(松村邦洋)二軍は高知県の安芸市にあるんですけど。掛布二軍監督がいまして。

(土屋伸之)ああー!

(松村邦洋)さすがにね、22日、23日に来たら掛布さんも、(モノマネで)『松ちゃん、遅いよー!どこまで待たすの?』って言われましたよ。

(土屋・塙)(笑)

(松村邦洋)(モノマネで)『いまごろ来たの?』って言われましたよ。丁寧に

(塙宣之)絶対に行かなきゃいけないんだ(笑)。

(松村邦洋)(モノマネで)『松ちゃん、いまごろ来るとは思わなかったよ』って。

(出水麻衣)(笑)

(塙宣之)どうなんですかね?二軍にいい選手。

(松村邦洋)あのね、高山。

(塙宣之)ドラフト一位のね。

(松村邦洋)22、23まではずっとファームにいましたけど。バットコントロールがすごいいいです!もう一打席一打席、この間、高知ファイティングドッグスっていう駒田さんが監督のチームと対戦したんですけど。まあ、レフトに1本打って、次ライトにきれいな。1球見逃した後、同じ球を打って。で、センターに。3本打ってるんですよ。するともう掛布監督が打つたびに、(モノマネで)『だろ?松ちゃん!だろ?いいもん持ってるんだよ、松ちゃん!高山、モノが違うだろ?もう一軍の金本監督に早く言っておかないといけないから。たぶん明日あたりはもう宜野座に行くんじゃないかな?』って言ってました。

(出水麻衣)へー!

(土屋伸之)各球団のキャンプレポート、やっていただきたいですもんね。監督のコメント、そのまま伝えられますから。

(出水麻衣)モノマネでね。

(塙宣之)どこの球団にもいるでしょうね。そういうできる人がね。

(土屋伸之)松村さんがモノマネできる人ね(笑)。1球団にかならず1人はいるでしょうね。コートとかに(笑)。

(松村邦洋)そうなんですよね。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました