スポンサーリンク

渡辺志保 2 Chainz Dabbin’Santaセーターチャリティーを語る

渡辺志保 2 Chainz Dabbin’Santaセーターチャリティーを語る INSIDE OUT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

渡辺志保さんがblock.fm『INSIDE OUT』の中でアトランタのラッパー、2 Chainzが行っているDabbin’ Santaセーターチャリティー活動について話していました。

(渡辺志保)はい。ではここで、また1曲。私の推し曲を紹介したいと思うんですけども。もうみんなのアイドル、2チェインズ(2 Chainz)がね、新年早々・・・新年早々でもないよね。もう1月も終わっちゃいましたから。こちらもフリーEP『Felt Like Cappin』というのをね、リリースしたんだけど。2チェインズってやっぱりあんまさ、日本で報じられることが少ない。もうなんかちょっと寂しいけど、少ないけど、2チェインズって昨年末、すごいいいニュースがもう全米を泣かせているような感じでございまして。

彼、去年の11月に『Dabbin’ Santaセーター』っていうクソダサい、サンタさんがDabのダンス。片手でお目々を隠しているサンタさんの絵柄が書かれたクソダサいセーターを発売したんだけど、それって実はチャリティーのプロジェクトだったんですね。で、Dabbin’ Santaセーターっていうプロジェクトを立ち上げまして。で、なんと1ヶ月もたたないうちに、約200万ドルをね、稼ぎだしたということで。それを全部、チャリティーの活動に充てたんですよ。

で、彼さ、結構リュダクリス(Ludacris)とかもそうなんだけど、向こうのラッパーって自分のそういうチャリティー団体を運営しているラッパーがすごくたくさんいるんですね。で、その彼、2チェインズの場合は『TRU Foundation』っていう名前のチャリティー団体を運営しているんだけど。そこの活動を通じてですね、退役軍人さんというか、戦地から帰ってきた軍人さんで、負傷してしまってもう働けなくなった軍人さんのお家とか、あと、シングルペアレント。シングルマザーのお家なんかに行って、そこの家賃を1年間、2チェインズが肩代わりしたりとか。新しいお家に引っ越す敷金礼金、家具一式をプレゼントしたりとか。かなりチャリティー活動を2チェインズ、がんばっていて。それがForbes誌なんかでも報道されたりなんかして。

で、結構いろんな・・・彼はアトランタ出身だから、アトランタ出身の有名人がそのDabbin’ Santaのセーターを着て、それをInstagramに上げて、『#Dabbin’ Santa』っていうハッシュタグを付けるっていうのを、元エクスケイプ(Xscape)のキャンディ(Kandi)なんかも、そういうInstagramの写真を上げていて。

まあ、キャンディいまじゃリアリティー・ショーの大スターになっていますけども。彼女も去年出産して、めでたいなっていう感じなんですけども。なので、2チェインズって本当、カニエと仲がいいラッパーみたいな感じかもしれないけど、実はこういう風にすごくね、昨年末から今年に入ってもそうなんですけども、チャリティー活動に奔走していたと。で、彼さ、Dabbin’ Santaが大当たりしちゃったもんだからさ、Dabbin’ SantaのゲームアプリもiTunes Appストアで発売しておりまして。

いま、バックで流れている『Watch Out』。これ、去年の夏ぐらいにリリースされた曲なんだけど。それがずっとゲームのバックグラウンドでかかっていて。

まあ本当に、死ぬほど暇な人はそのゲームをダウンロードして、ぜひぜひ。もうクリスマスはとっくに過ぎちゃいましたけど、2016年のクリスマスに備えて、Dabbin’ Santaゲームをやってみてはいかがでしょうか?

というわけで、2チェインズの最新EP『Felt Like Cappin』から、リル・ウェイン(Lil Wayne)をフィーチャーしたこの曲を聞いてください。『Back On The Bullshit』。

スポンサーリンク

2 Chainz『Back On The Bullshit ft. Lil Wayne』

はい。いまお届けしましたのはチャリティー活動ですごくね、ザ・善人みたいな感じで全米で・・・もう、『全米が泣いた!』っていう感じの報道がなされております2チェインズ feat.リル・ウェインで『Back On The Bullshit』でした。これ、いちばん最後にアウトロでね、『2 chainz and tunechi』っていうところがあって。『tunechi』ってリル・ウェインのあだ名なんですけど。そこがね、すごいかわいくてハマるので。そういうのが好きな方はぜひぜひ聞いてみてください。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました