スポンサーリンク

赤江珠緒『ワイドナショー』初出演を語る

カンニング竹山 週刊現代 赤江珠緒密着記事を語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤江珠緒さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で、フジテレビ『ワイドナショー』に初出演した際の話をしていました。

(カンニング竹山)それより赤江さん、なんか、『ワイドナショー』に出たって?

(赤江珠緒)あ、私はね。そうそうそう。この週末に。そうです。

(カンニング竹山)昨日。いいですね。これ、なかなかいい傾向に来ましたね。

(赤江珠緒)(笑)

(カンニング竹山)そこんところは僕はちょっと力不足でプロデュースしてないけど。それ、いいですね。

(赤江珠緒)赤江プロデュースの。力を入れてくださっている。個人的にプロデュースしてくれている。T山社長が。

(カンニング竹山)ちょっとメールが来てますんで。リスナーの方から。(メールを読む)『赤江さん、竹山さん、こんにちは。赤江さん、見ましたよ。「ワイドナショー」。特にSMAPのソフトランディングコメントは、「そうだよね。みんな譲り合って仲良くやればいいのにね」と感心するばかりでした。ところどころで竹山さんの話なども挟んで、「たまむすび」愛がにじみ出た出演でした。他の出演者に負けない存在感で赤江ビッグウェーブが来ているのをヒシヒシと感じました。次の目標はNHK出演ですね。目指せ、紅白司会者。応援してますよ。竹山社長、お願いします。あ、そういえば先週、「真田丸を見ています」発言をしてましたけど、その時間って・・・』ってなってますけど。これ、どういうことかな?

(赤江珠緒)あ、そうだ。私、自分の番組が裏に・・・(笑)。

(カンニング竹山)あれ?7時じゃないの?8時なの?

(赤江珠緒)ええとね、2時間になる時もあるんですよね。

(カンニング竹山)ああ、スペシャルね。まあまあ、録画で見ているっていうことでね(笑)。

(赤江珠緒)まあまあまあ。そうそう。ちゃんと見てますから。はい。

(カンニング竹山)そうですね。自分の番組はね、意外とみなさん、こういう疑問を言いますけど。いや、本当はいちばん見た方がいいのかもしれないけど、自分の番組は要は我々みたいなこういう仕事をすると、収録でわかるじゃないですか。

(赤江珠緒)そう。もう収録で見ちゃっているから。そのVTRもね。しっかり。

(カンニング竹山)そうです。で、ここを切って、あそこをつなげて・・・みたいな。ここは活かしだなってわかるから。まあまあ、それはね(笑)。

(赤江珠緒)(笑)。そうですね。いや、『ワイドナショー』さんもね、何回か『出ないか?』ってことを言ってくださっていたので。で、ちょうど『お正月のいちばん最初の放送枠でどうでしょう?』みたいに言ってくださって。『あ、それだったらお正月明けで楽しい感じでいいかな?』と思って。『じゃあ、出させていただきます』なんて言ったところ、今年、もうびっくりな芸能ニュースが次から次にあったもんですから。なんかね、よりによってものすごくハードな回になっちゃって(笑)。ええっ!?みたいな(笑)。

スポンサーリンク

ハードな回に出演

(カンニング竹山)ああー、重い回だ。我々、『アッコにおまかせ!』出演者が言うところの、『はあー・・・今週、行きたくねえな』っていう回(笑)。

(赤江珠緒)そうそうそう(笑)。いろんな・・・すごいニュースが重なっちゃってっていうことでしたけど。

(カンニング竹山)これはね、赤江さんね、いいよ。これ、『ワイドナショー』に呼ばれたっていうことはね、これ、上手く行ってますわ。流れが。

(赤江珠緒)(笑)

(カンニング竹山)本当に。『ワイドナショー』は誰が出てたの?横並び、誰なの?

(赤江珠緒)ピーコさんと古市さん。

(カンニング竹山)ああ、古市くんね。これ、いいね。いいチャンスだね。

(赤江珠緒)(笑)

(カンニング竹山)これ、『ワイドナショー』はなかなか出れないわけですよ。

(赤江珠緒)ああ、そうですか。

(カンニング竹山)我々も『出たい』と思っても、やっぱり『お前ごときが』ってなるわけですよ。で、やっぱり選ばれし人。社会的にちゃんとポジションもあって、視聴者がこの人は何を言うかを聞きたいという。そういう人しか一応選ばれないんですよ。で、枠も2枠、3枠しかないでしょ?

(赤江珠緒)ああ、そうですね。

(カンニング竹山)そこに芸人ばっかり並べるわけにもいきませんし。この人の発言に注目したいって世の中が思っている人を向こうがキャスティングして呼ばれるわけです。まあ、その第一人者は松本さんじゃないですか。『松本さん、なんて言うんだろう?』って常に思うじゃない?

(赤江珠緒)たしかに。はい。

(カンニング竹山)だからその並びできているところに赤江さんが呼ばれるということは・・・

(赤江珠緒)いや、でもちょっとね、『賢い枠で』みたいな感じで言われたんで。なんかドキドキしましたね。『ええー?それに対してちゃんと応えられるかな?えっ?賢い枠って言われても、困るかな?』みたいな(笑)。

(カンニング竹山)でも、賢い枠は必要ですよ。『たまむすび』のキャラばっかりやっていると、ちょっとやっぱり紅白は遠いですから。

(赤江珠緒)ああ、そうですね(笑)。さすが、冷静ですな(笑)。

(カンニング竹山)赤江さんはね、俺、前から言ってるけど。だから関東の上沼恵美子さんみたいになってほしいって言ってますけど。上沼さんとの違いはまず、アナウンサーであること。もしくは、5年後は『あったこと』になるかもしれないけれど。アナウンサーであるという利点はこれ、基本ベースがキチッとできるわけですよ。

(赤江珠緒)なるほど。

(カンニング竹山)ニュース原稿が読めるという信頼性があるわけです。だからそこは保っておかなければダメなんです。

(赤江珠緒)なるほど。それはちゃんと保たなければ行けない。

(カンニング竹山)そうです。上沼さんはニュース原稿読めないじゃないですか。いやいや、読もうと思ったら読めるけど、そこじゃないところ、あるじゃないですか。

(赤江珠緒)そうですね。

(カンニング竹山)だからその違いがあって。それで、その信頼性ですよね。

(赤江珠緒)わかりました。じゃあT山社長、この方向で行けば、いまのところ。

(カンニング竹山)これでいいですね。

(赤江珠緒)わかりました。

(カンニング竹山)『ワイドナショー』、もうちょっと呼んでいただいて。あと、何がいいかな?

(赤江珠緒)(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました