横山剣 メンバーに相談せず紅白歌合戦出場を辞退した話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

クレイジーケンバンドの横山剣さんが2013年10月にTBSラジオ『たまむすび』に出演した際の書き起こし。紅白歌合戦出場のオファーをメンバーに無断で断った話、横浜港での仕事の話をしていました。

(玉袋筋太郎)じゃあ、行っちゃおう。行っちゃおう。ねえ。これです。その5ですよ。NHK紅白歌合戦。

(小林悠)あ、私もこれ、聞きたかった!

(玉袋筋太郎)メンバーに相談せずに出場辞退。これ、剣さん、教えてください。

(横山剣)はい。これはあの、『タイガー&ドラゴン』で。お話だったんですけど。その時、メンバーも増員して。10名ぐらいだったんですけど。『タイガー&ドラゴン』っていうのは7名でレコーディングしてるんで、『これ3名、出れないな。これはやっぱり、出る出ないって絶対にバンド内がヤバいことになる』と思ったんで。残念ながら・・・っていうのと、あともう1個、BLITZ横浜のカウントダウンがスケジュール、決まっておりまして。

(玉袋筋太郎)うん。

スポンサーリンク

バンド編成とスケジュール問題

(横山剣)もうチケットも販売始まった頃かなんかだったんで。これはダメだと。

(小林悠)えっ?出る人数が決められてたんですか?NHKの方から。

(横山剣)楽曲が要するにアレンジ的に7人で成り立っちゃっている楽曲だったんですね。

(玉袋筋太郎)おおー!

(横山剣)ところがその時、大世帯になっちゃってて。そうすると、他のメンバーどうしようかな?と。よく考えたら、アレンジ変えれば・・・

(玉袋筋太郎)(笑)

(小林悠)まあ、そうですよね。

(横山剣)そのことに気づかなかったんで。もったいない、もったいない!みたいな(笑)。

(玉袋筋太郎)いやいや、まだまだですよね。これからじゃないですか。紅白も。

(横山剣)そうですね。

(小林悠)じゃあやっぱり、バンド内の融合というか、融和を考えると・・・

(横山剣)そうですね。

(小林悠)スパッと断っちゃったんですか?

(横山剣)あと、スケジュールとね。BLITZ横浜の。

(玉袋筋太郎)バンドのリーダーっつーのは大変ですね。そういったメンバーのことも考えなきゃいけないから。敏いとうの気持ちがわかるんじゃないですか?

(横山剣)あ、本当ですね(笑)。

(小林悠)あの、どちらですか?

(横山剣)ハッピー&ブルー。名曲の数々。

(玉袋筋太郎)(笑)

(小林悠)シンクロしすぎです!波長合いすぎですから!

(玉袋筋太郎)で、もちろんね、この地元横浜。横浜は来るもの拒まず、去る者追わず。

(横山剣)そう!やっぱりね、港町ですから。いろいろな理由を持った方が、いろんなところからやって来ますんで。あまり過去を深く・・・土足で踏み入っちゃいけない部分があるので。あえて、本当は寂しいんだけど。まあ、『どこに行くんだ?』って聞かないようにするとか。そういう、なんかあるんですね。

(玉袋筋太郎)かっけー!深入りしないと。ズルズルベッタリにならない。

(横山剣)ええ、ええ。

(小林悠)ずっと横浜なんですね。

(横山剣)そうですね。

(玉袋筋太郎)そういうルールが、自然と成り立っているんですかね?やっぱね。

(横山剣)そうですね。うん。

(玉袋筋太郎)その土地柄というのか。うん。

(小林悠)横浜でずーっとお仕事もなさって。

(横山剣)はい。港で。

横浜港の仕事

(小林悠)だいぶ前に港で働いてらっしゃったんですね。

(横山剣)港で働いてました。もう、港でいろんなタイプの仕事をやりましたけど。もちろんあの、コンテナにいろいろ積んだり下ろしたり。

(玉袋筋太郎)『苦役列車』的な(笑)。

(横山剣)そうそうそう。モロ、そうですね。それやったり。日雇いやったりとか。それとあと、もうちょっと検査。責任の重い仕事ですね。

(玉袋筋太郎)うんうん。やっていたんですよね。

(横山剣)輸出する貨物を、サーベイっていう仕事なんですけど。パッキングリストと品物が合っているかチェックして。ダメだと、もう1回書類を作り直しみたいな。そういうチェックを。

(小林悠)えっ?それは箱を開けてみていいんですか?

(横山剣)そうですね。だいたい100箱ぐらいあったら、そのうち抜き取りで2箱ぐらい。カートンを開けて。ほいで、『これは書類と違うじゃないか』見たいな。

(玉袋・小林)(笑)

(玉袋筋太郎)それをやりながら、でも音楽もやっているんですもんね。かっこいいなー!

(小林悠)だいぶ、いろんな責任が伴いそうな仕事ですけど。それはだいぶ、目利きになったんじゃないですか?

(横山剣)そうですね。なんか勘で。カートンとかウッドンケースっていうんですかね。木箱。なんか、赤いランプが自分の心の中で点滅してるんです。『あの箱はなんか、怪しいぞ』って。

(玉袋筋太郎)ピコーン!ピコーン!ピコーン!と(笑)。

(小林悠)感じるんですか?

(横山剣)電波が来るんです。センサー。電波が来るんですよ。で、それをキャッチして。『これ、ちょっと開けてみて』って。そうすると、サーッとこう、セラーの人が青ざめる。

(小林悠)青ざめて。震える手でこう、開けてみると・・・

(横山剣)そうですね。『やっぱり、ね』みたいな。

(玉袋・小林)(笑)

(横山剣)で、それを『ちょっとこう、ひとつこれで・・・』みたいに。『ダメダメダメ!』って。

(玉袋筋太郎)(笑)。ちょっと袖の下。

(小林悠)袖の下なんてダメよと。

(横山剣)そういうところは、責任感あるんです。

(玉袋筋太郎)うわー!

(小林悠)すごい!音楽的素養のみならず。感じ取る才能も(笑)。養ってしまったと。

(玉袋筋太郎)『考えるな、感じろ』と。

(横山剣)『考えるな、感じろ』。ブルース・リー。

(玉袋筋太郎)ブルース・リー。ブルース・リーですよ。

<書き起こしおわり>

横山剣 小学6年生でキャロルから受けた衝撃を語る
クレイジーケンバンドの横山剣さんが2013年10月にTBSラジオ『たまむすび』に出演した際の書き起こし。小学6年生の時に見たキャロルから受けた衝撃について話していました。 ...
横山剣 父の教えを語る
クレイジーケンバンドの横山剣さんが2013年10月にTBSラジオ『たまむすび』に出演した際の書き起こし。プレイボーイだったお父さんの教えについて話していました。 (玉...
横山剣 メンバーに相談せず紅白歌合戦出場を辞退した話
クレイジーケンバンドの横山剣さんが2013年10月にTBSラジオ『たまむすび』に出演した際の書き起こし。紅白歌合戦出場のオファーをメンバーに無断で断った話、横浜港での仕事の話をして...
クレイジーケンバンド横山剣 玉袋筋太郎 勝新太郎を熱く語り合う
クレイジーケンバンドの横山剣さんがTBSラジオ『たまむすび』にゲスト出演。玉袋筋太郎さんと大好きな勝新太郎さんについて、熱く語り合っていました。 (玉袋筋太郎)考える...
横山剣 円楽のプレイボーイ講座12章を語る
クレイジーケンバンドの横山剣さんが2013年10月にTBSラジオ『たまむすび』に出演した際の書き起こし。小学生の時に大きな影響を受けた名盤『円楽のプレイボーイ講座12章』について話...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする